×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

資産運用ってなぜするの?はじめる前に考える大切なポイント

ニュースタグ:    

LINEで送る
Pocket

資産運用ってなぜするの?はじめる前に考える大切なポイント

リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所が、働き方改革によって広がった多様な働き方について、働く女性を対象にアンケート調査を実施した。人生100年時代の長期的な働き方などを聞き取った調査である。この調査から見えてくる今後の働き方と資産運用との向き合い方について考えてみた。

「経験・知識・好きなことを生かしてイキイキ働きたい」

会社勤めをしている方の場合、定年が60歳とか65歳であることが多い。そして、定年を迎えた後は給与を下げた形で継続雇用をするという制度を設けている会社が多い。
この制度を利用したいかどうかという質問に対して40歳以下の女性は、「思う」「思わない」「分からない」が3分の1ずつになったとのことである。検討したいと考えている人の理由としては「年金不安」「健康維持」「やりがいや社会との接点を持っていたい」ということである。体が動く内は、社会との接点を持ち心身ともに健康でいるためにも働き続けることは良いことだと私も思う。
働くと言っても、「お金のために」というよりは、「自分の好きなこと、得意なことを生かして働く」というスタイルが素敵だと感じるという話しであり、この気持ちが働き続ける一番の理由であると感じた。女性に限らず男性のみなさまもうなづけることではないかと私は思う。

「ねんきん定期便を利用して老後の収入を把握しよう!」

65歳以上で素敵に働いている方という質問で好きなことを生かしてイキイキ働いているという声があったが、これは何も年配の方に限った話しではない。現役世代でも働くことは楽しくイキイキと健康でいるためにということもあるが、第一義的には、やはり必要なお金を稼いで生活し、将来に備えることである。
年金不安という声もあがっているが、それはなぜだろうか?私は、受け取れる年金額の目安が分からないからだと思う。これは資産運用にもあてはまる話しで、将来の年金が不安だからと言っても、自分が受け取れる年金額の目安が分からなければ、いくら確保すべきかが分からず目標が定まらない。
ねんきん定期便も年に1度は届き、ねんきんネットを利用すれば、現在の制度が続いたとした場合の前提にはなるが、受け取る年金額の試算も行える。老後の毎月の生活費として確保したい金額と受け取れる年金額の差額を把握して、その差を不動産投資のように毎月定期的な収入が得られる方法などを利用して埋めていくのである。
この目標さえ定まれば、現時点から将来に向けて自分がどう準備していけば良いのかが分かり、漠然とした年金に対しての不安も薄まり、働くことも資産運用も、より目的意識をもって楽しく取り組める近道ではないかと私は考える。

参考:
PR TIMES サンケイリビング新聞社
「働く女性に聞きました 継続雇用制度や無期転換ルール、利用したい? ~働き方の選択肢が増え、「長く素敵に働く」を模索中~」2018年3月5日
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000230.000005157.html

第8回 世界の資産運用フェア

第7回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

取引所を預金口座として扱ってはいけない

仮想通貨

取引所を預金口座として扱ってはいけない

1月26日、コインチェックから約580億円分のNEM(ネム)が不正送金されました ...

[PR]フェア初登場!宝石の王様、ダイヤモンドを資産に

ダイヤモンド

[PR]フェア初登場!宝石の王様、ダイヤモンドを資産に

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

[PR]シェアハウス運営で不動産の有効活用を強力サポート、シンボリックシティー

お知らせ

[PR]シェアハウス運営で不動産の有効活用を強力サポート、シンボリックシティー

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

[PR]フェア初出展!湘南エリアに特化してシェアハウスを展開、湘南レーベル

不動産投資

[PR]フェア初出展!湘南エリアに特化してシェアハウスを展開、湘南レーベル

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

> 人気記事をもっと見る