×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

投資先分散していますか?日本株式一本買いという危険な道

ニュースタグ:        

LINEで送る
Pocket

投資先分散していますか?日本株式一本買いという危険な道

「現在の日銀は中央銀行としての役割を逸脱している」という指摘がエコノミストやシンクタンクから相次ぐ中、日銀の取っている金融緩和策の「日本株暴落」という出口が現実味を帯びてきた。

ITバブルから2015年までの15年間、遠かった日経平均2万円台に到達した「つかの間の春」、アベノミクスや失業率の低下と好景気に浮かれる声が聞こえてくる。しかし、日経平均2万円の内、その10%を日銀が上場投資信託(ETF)の購入による「作られた相場」であることを心底理解し、有事に備えている個人投資家はどのくらいいるだろうか?

日銀のETF買いで債券化する日本株

日銀が日本株を大量に買うことで、日経平均2万円の内、10%にあたる2,000円が底上げされていると言われる。それによって発生する問題は「市場メカニズムの阻害」だ。株式は本来、国内外の政治・経済動向や投資家の需要と共有で作られるものだ。日銀が値下げの度にETFの買い増しを行うことで、変動幅が極端に小さくなっている。

それは相場価格に如実に現れている。7月の日経平均株価の変動幅は270円にすぎず、変動率1.3%は、36年8カ月ぶりの低さで、これは第2次石油危機後の1980年11月以来とされる水準だ。つまり、本来は市場メカニズムが働くことで、より大きな変動幅となるべき局面で、日銀が「金融緩和策」という名目で買い増しをしているのだ。

これにより、リスクが人為的に低下、日本株が債券化しているような状況が続いている。

ETF売却という出口戦略の先にある日本株式暴落のシナリオ

この日銀のETF買いを問題視しているのが北海道新聞の記事だ。

膨張するETF保有比率を減らすためには、「金融緩和策」として株式市場で購入したETFを、同じく株式市場で売却しなければいけない。ETF売却という出口戦略を取る際に株式市場が暴落する恐れがあると警鐘を鳴らす。

“ユニクロで知られるファーストリテイリング株の保有割合は15%を超え、いまのペースなら3年後に24%に達する。”

とある通り、日銀の出口を問題視するエコノミストの主張は尤もだ。

投資で一番重要な考え方は「アセット・アロケーション」

筆者自身も投資家なのだが、投資をする上で一番重要な考えを述べるとすればこれ以外思いつかない。それは「アセット・アロケーション」だ。つまり、投資先を一つに限定しないことの重要性である。

「投資=国内株式投資」という考えを持っている人は少なくない。勤務先の会社から「副業は禁止ですが、資産を増やしたいなら持株会に加入してください」と勧められ、老後を考えて毎月定額購入の持株会に加入している人も多いだろう。「アベノミクスで日経平均2万円超!」という耳障りのいいキーワードだけを聞いて、「投資をするなら、景気のいい国内株式一本買い!」と考えて銘柄選びを楽しんでいるのは、今の状況を考えると「危険」と言わざるをえない。

日銀のETF買いで人為的に“底上げ”された株価が出口を抜ける時の“底下げ”で、狼狽売りをすることになってしまえばあなたの大事な資産を失うことになりかねない。投資家はいかなる状況でも、どんな局面でも「アセット・アロケーション」という考えを忘れてはいけない。

引用元:https://www.hokkaido-np.co.jp/article/127251/

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

ニュース

ホリエモン ビットコイン対談で注目するべき4つのポイント

Money Voiceの記事に仮想通貨投資をやっている人にとても興味深い対談が紹 ...

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第6回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

言論プラットフォーム「アゴラ」とのコラボが実現したパネルディスカッション。Ses ...

Session9.ビットコインはこれからどうなる!?~専門家に聞く、仮想通貨との賢い付き合い方

世界の資産運用フェア

Session9.ビットコインはこれからどうなる!?~専門家に聞く、仮想通貨との賢い付き合い方

「第6回 世界の資産運用フェア」 パネルディスカッションレポートSession9 ...

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

ニュース

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

このところ、ビットコインにまつわるニュースが出ない日は一日たりともない。それだけ ...

> 人気記事をもっと見る

タグ