×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

不動産投資で忘れずに!物件選びより大切にしたいポイント

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

不動産投資で忘れずに!物件選びより大切にしたいポイント

iYell株式会社は“信頼できる不動産仲介会社とユーザーを繋げる”不動産仲介会社の口コミサイト「いえーる コンシェル」において、不動産投資に特化した「いえーる コンシェル 不動産投資版」をリリースした。ユーザーの不動産投資に関する知識や自己資金の額などを元に、最適な不動産投資会社を紹介するサービスとのこと。なぜこのようなサービスが生まれてきたのかを考えてみた。

不動産投資初心者が一歩を踏み出せない1つの原因

このサービスは対応力や専門性を独自に調査し、100社以上の中から厳選した優良企業を紹介するので安心できるということである。またサービスの生まれた背景には、一部の不動産投資会社による不誠実な説明や強引な営業が原因で不動産投資に不信感を抱いている方が多く存在することをあげている。

たとえをあげると、最近でこそ減りつつあると感じるが、私自身電話で不誠実な営業を受けたことがある。こちらの話も聞かず、一方的に不安をあおり立てるような内容だった。また話し方自体が横柄な人も見受けられた。私の場合は区分ワンルームの営業だったが、こういう経験をしたことがあるとワンルーム、ひいては不動産会社に対してのマイナス感情が沸いてしまうだろう。不動産に不慣れな一般消費者にとっては、不動産投資のスタートへの敷居がますます高くなる悪循環である。

会社よりも「人」選びを大切に!!

このコンシェルサービスは経営者への聞き取りとユーザーからのアンケートをもとにしているという意味で安心感がある。不動産会社選びが分からない初心者にとってはスタートの敷居を下げることにつながる良いサービスだ。

ただ、みなさんにお伝えしたいことは会社・経営者が素晴らしい考えを持っていても担当についてくれる人までは選べないということだ。良い担当者にあたる確率は高いと思うが、それぞれに個性があるように自分に本当にあう担当者かどうかまでは実際に会ってみるまで分からないのである。

会社として素晴らしくても、直接会ってアドバイスを受けたり契約などの対応をしてくれる担当者が素晴らしいとは限らないのである。不動産取引は個別性も強く、いい意味で人間味が残るアナログな世界だと感じている。

だからこそ不動産投資をするにあたっては会社選びも大切であるが「誰から買うか」という人選びにも気を配り、相性の良い担当者に会えるまで粘り強く動いて欲しいと考えている。そうすれば不動産投資の素敵なスタートラインに立つことができ、その時には不動産投資への不信感も消えているからである。

参考:
2017年9月29日付 iYell「独自の評価基準によりに厳選した信頼できる不動産投資会社が選べる 「いえーる コンシェル 不動産投資版」をリリース」
https://iyell.co.jp/toushiban/

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

ニュース

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

不動産、株式、債権など様々な投資商品が流通する中、新星のように現れたのが仮想通貨 ...

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

ニュース

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

このところ、ビットコインにまつわるニュースが出ない日は一日たりともない。それだけ ...

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

お知らせ

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

年明け2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動 ...

中国ICO規制で下落したビットコインはすでに立ち直っている

ニュース

中国ICO規制で下落したビットコインはすでに立ち直っている

先日、暴騰するビットコイン価格に「待った」がかかり、20%の下落を記録した。その ...

> 人気記事をもっと見る

タグ