×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2015年7月三大都市圏地価動向 87%が上昇

日本タグ:        

LINEで送る
Pocket

2015年7月三大都市圏地価動向 87%が上昇

国土交通省が四半期毎に実施している「主要都市の高度利用地地価動向報告(平成27年第2四半期)」によると、2015年4月1日時点の前回調査より3地点増え、主要都市・高度利用地100地区のうち地価上昇地区が87地区となりました。

東京圏では調査地区43地区のうち9割にあたる41地区(前回39地区)で地価が上昇しており、地価が横ばいだったのは千葉県内の2地区(前回4地区)のみでした。
中央区銀座中央地区が、前回調査から引き続き「3%以上6%未満」の上昇となり、今回の調査では千代田区番町と渋谷区表参道が「3%以上6%未満」の上昇となりました。

また、大阪圏でも前回調査から引き続き、調査地区25地区のうち9割近い22地区で地価が上昇しており、京都市内の3地区のみが横ばいでしたが、他の地区は全て「0%以上3%未満」の上昇となりました。

名古屋圏では、今回の調査から調査地区9地区の全てで、9回連続で上昇となりました。

同調査では、「上昇地区の割合が高水準を維持しているのは、金融緩和等を背景とした不動産投資意欲が引き続き強いことや、生活利便性が高い地区におけるマンション需要が堅調であること等により、商業系地区・住宅系地区ともに多くの地区で上昇が続いていることによる」と報告されています。

東京圏地価動向プロット図 2015-09-09 6.01.32
東京都区部の地価動向2015-09-09 6.04.04

参考:国土交通省「主要都市の高度利用地地価動向報告~平成27年第2四半期~」
http://tochi.mlit.go.jp/?post_type=generalpage&p=12277

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

ニュース

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

不動産、株式、債権など様々な投資商品が流通する中、新星のように現れたのが仮想通貨 ...

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

ニュース

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

このところ、ビットコインにまつわるニュースが出ない日は一日たりともない。それだけ ...

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

お知らせ

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

年明け2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ