×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

マレーシア首都圏 コンドミニアム市場は2017年まで低迷

マレーシア

LINEで送る
Pocket

マレーシア首都圏 コンドミニアム市場は2017年まで低迷

マレーシア首都圏のクランバレー地区では、2016~17年にかけて大型物件の完成が相次ぐことにより、コンドミニアム市場の軟調が予想されています。

不動産仲介大手「ヘンリー・ブッチャー・リアル・エステート」(HBRE)は、大型物件の供給過剰に加え、不動産ローンの引き締めが主要因となり、高層住宅市場は戸建住宅よりも低迷が見込まれると指摘しています。

他にも、CHウィリアムズ・タルハー&ウォン(WTW)の「不動産市場レポート2016」でも首都圏のコンドミニアム市場は今後2年間にわたり低迷すると予測されています。
更にMRTや高速道路などのインフラ事業が首都圏のコンドミニアム開発を触発するが、物件の供給増加で賃貸相場が借り手市場となることを考慮すべきと指摘しています。

一方で、HBREは、不動産価格は軟調が見込まれるものの、大幅に下落することはないとも指摘し、2016年内の市場見通しについては、上半期(1~6月)は厳しいが、下半期(7~12月)から回復すると予想してします。
また、長期的には2018年8月までに実施される総選挙に向け、与党が景気刺激策を打ち出すとみられることから、来年2017下半期以降は不動産市況の大幅な改善が見込めるとの見方を示しています。

参考:The Star Online ビジネスニュース(2016年2月2日)
http://www.thestar.com.my/business/business-news/2016/02/02/tough-market-for-condos-in-klang-valley/

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

ニュース

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

不動産、株式、債権など様々な投資商品が流通する中、新星のように現れたのが仮想通貨 ...

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

ニュース

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

このところ、ビットコインにまつわるニュースが出ない日は一日たりともない。それだけ ...

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

お知らせ

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

年明け2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ