×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

ベトナム1人当りGDPの水準は、アジア諸国と比べ数十年の遅れ

ベトナムタグ:      

LINEで送る
Pocket

ベトナム1人当りGDPの水準は、アジア諸国と比べ数十年の遅れ

ベトナム統計総局のデータによると、1990~2014年におけるベトナムの国内総生産(GDP)は年平均6.9%増のペースで成長しているものの、2014年のGDPは1860億USD(約22兆5060億円)と、東南アジア諸国に比べると低い水準に留まっています。
ベトナムと比べて、インドネシアのGDPが4.8倍、タイが2倍、マレーシアが1.8倍、シンガポールが1.7倍、フィリピンが1.5倍となっています。

ベトナムは2008年に、1人当たりGDPが1145USD(約13万8545円)に達し中所得国となりました。
そして2014年には、1人当たりGDPは2052USD(約24万8292円)へと拡大しましたが、この数字は韓国の1982年、マレーシアの1988年、タイの1993年、インドネシアの2008年、フィリピンの2010年における水準に相当します。

中央経済管理研究所(CIEM)は、ベトナム経済の危機が高まっているとし、経済成長の質を向上させるべく、マクロ経済の安定化のみならず経済体制改革が急務との見解を示しています。

参考:VETOJO ベトナムニュース(2015年9月3日)
http://www.viet-jo.com/news/economy/150831085038-pic1.html

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

ニュース

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

不動産、株式、債権など様々な投資商品が流通する中、新星のように現れたのが仮想通貨 ...

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

ニュース

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

このところ、ビットコインにまつわるニュースが出ない日は一日たりともない。それだけ ...

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

お知らせ

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

年明け2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動 ...

> 人気記事をもっと見る

タグ