×

ログイン

会員登録はこちら

取引所を預金口座として扱ってはいけない

仮想通貨

LINEで送る
Pocket

取引所を預金口座として扱ってはいけない

1月26日、コインチェックから約580億円分のNEM(ネム)が不正送金されました。新しく仮想通貨に参入した個人投資家も多いと思いますので、これを機会に仮想通貨のリスクについて再確認できればいいと思います。

コインチェックのセキュリティが甘かった

コインチェックのNEMの保管は以下のような状況でした。

・ホットウォレット(オンライン)に保管
・マルチシグ(秘密鍵を分散)に非対応

つまり、ハッキングリスクに晒され、かつ容易に不正送金される状態だったと考えられます。

また、NEM以外のコインは不正送金されていないとのことです。

コインチェックは使いやすく、初心者向け

コインチェックは使いやすいデザインで、初心者向けと言われていました。
最近では出川哲朗さんを起用し、積極的にCMを展開。仮想通貨を身近してきた取引所でもあります。

口座開設も便利で作りやすいので、新しく参入した方はコインチェックから仮想通貨をスタートすることが多いと思います。

そんな中、コインチェックはNEMを不正送金されてしまったのです。

不正送金されたNEMは?コインチェックの対応は「返金」

この事態に対して、NEM財団は迅速に対応しました。不正送金されたNEMウォレット全てにマーキングを実装し、売却ができない状態にしたのです。

NEMはどうなるのか、ハッキングした犯人が特定されるのか、まだ明らかになっていません。

そして、コインチェックの対応は日本円で返金という発表がありました。時期や手続きについては検討中のようですので、投資家としてはコインチェックの対応を待つということになります。

取引所を預金口座として扱ってはいけない

まず、責めるべきは不正送金した犯人です。返金対応の予定はあるとはいえ、コインチェックの保管体制も問題がありました。

しかし、投資家としては、「取引所を銀行の預金口座として扱ってはいけない」ということを再認識すべきかなと思います。

ホールド分の仮想通貨は取引所に保管するのではなく、ウォレットに保管するという注意喚起は多くのブログやSNSにアップされています。それを、徹底するかしないかで明暗が分かれてしまうのです。

ウォレットには種類があって、ローカルウォレット、ハードウォレット、コールドウォレットがあります。秘密鍵を自己管理しないと紛失してしまうので注意ですが、ひと手間かけてウォレットに保管していれば、外部からのリスクには安心なのです。ちなみに、今回のNEMはオフィシャルのNANO Walletで保管できます。

今回の事件を教訓に、業界全体が成熟するキッカケとなり仮想通貨が健全に普及していったら良いと思っています。

2/3フェアのミニセミナー「コインチェック不正アクセス事件から学ぶ!仮想通貨のセキュリティ対策」でさらに詳しくご説明します!!!

コインチェック不正アクセス事件に伴い、当初12:20〜12:50に予定していた同社のミニセミナーは諸事情により中止とさせていただきます。
代わりに、同時間帯は「コインチェック不正アクセス事件から学ぶ!仮想通貨のセキュリティ対策」を開催いたします。

講師は私が担当いたします。どうぞお楽しみに!

【講師プロフィール】
湯浅 悦範(ゆあさ えつのり)
2013年にRipple(XRP)を知り、仮想通貨に少しずつ投資している会社員。
トレードよりもホールドが基本スタイル。

button

bnr_7th_fair-640x311

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

6月24日に開催した「第8回 世界の資産運用フェア」。今回も多彩なゲストを迎え、 ...

> 人気記事をもっと見る