×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

[PR]資産が1億円を超えたらプライベートコンサルをつけなさい

お知らせ

LINEで送る
Pocket

[PR]資産が1億円を超えたらプライベートコンサルをつけなさい

年明け2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。
金融資産から国内外の不動産、そしてアンティークコイン、現代アートなどといった実物資産まで、幅広い投資先を網羅的に比較検討できる日本で唯一の無料イベントです。
16の専門企業からなるブース会場では、興味のある投資先について専門家に直接相談することが可能です。

ブース会場にどのような企業が集まるのか。1社ごと記事でご紹介いたします。
第3回目は資産運用のコンサルティングサービスを提供している「株式会社資産デザイン・ソリューションズ」です。
それではどうぞお楽しみください。

①株式会社資産デザイン・ソリューションズについて

資産デザイン・ソリューションズは2017年8月に誕生したばかりの新しい会社です。
しかし、実績や経験が全く0の駆け出し企業というわけではありません。
代表取締役会長は株式会社資産デザイン研究所代表の内藤忍氏、そして代表取締役社長の世古口氏はクレディスイス・プライベートバンキング本部で、共に金融資産10億円以上の顧客を対象に、アドバイス業務を行ってきたポートフォリオ運用のプロフェッショナルです。

富裕層向けのパーソナルコンサルティングを更に進化させ、既存のサービスが提供していない新たな価値提供をする会社、それが資産デザイン・ソリューションズです。
資産が大きくなるほど、アセットアロケーションの自由度が広がり、収益規模も大きくなります。しかし、資産を1億円以上持っている人の資産運用の実情を見ると「株式投資だけ」「不動産投資だけ」という具合に、各々が昔からやって慣れている投資を続けているケースが多く見られます。資産が1億円以上持っているからこそ、これから先が不透明な時代に、資産規模を活かした運用方法をするべきなのです。
そのためにはプロの資産運用のアドバイザリーをつけて資産を増やし、守る運用が実現することが重要です。

②資産デザイン・ソリューションズの得意分野

「資産運用アドバイザリーサービス」と一口に言っても、アドバイザーの得意とする投資分野や顧客の資産規模は様々です。
アドバイスするのは株式投資のみ、FXのみ、不動産のみといった具合に各社得意とする分野が異なるため、これまでは「自分はどんな投資分野でどのように資産運用をすればよいのか?」という悩みを解消するワンストップのサービスがありませんでした。

資産デザイン・ソリューションズでは資産一億円以上の顧客に限定し、会員のアセットアロケーション、セミナーやイベント、会計士、M&Aアドバイザーなど専門家紹介サービスを提供しています。

投資商品は「実物資産」と「金融資産」に大別することが出来ますが、資産デザインソリューションズでは実物資産を資産デザイン研究所が、金融資産を世古口氏が代表を務めるウェルスパートナーがアドバイスすることで、その人のリスク許容度や資産規模に応じた大局的なアセットアロケーション戦略や資産運用プランをアドバイスしてくれます。

③資産デザイン・ソリューションズ強み

資産1億円以上の会員に限定し、実物資産と金融資産を組み合わせたアセットアロケーションによるプライベートバンクサービスを提供している会社は、現段階では他にはありません。

銀行や証券会社、外資系プライベートバンク、そして独立系FP会社では主に金融資産を運用資産の対象としており、担当者も転勤や退職で変わってしまう可能性があります。また、自己資本範囲内でのアドバイザリーとなるのが普通です。

そこへいくと同社のサービスはかなり違ったものです。

投資対象に実物資産を組み入れ、代表の世古口氏が直接アドバイス(*)をします。
(*)プラチナ会員の場合

したがって、転勤や国内事業撤退の心配がなく長期間に渡って人生の資産運用のアドバイスを提供してもらう事ができます。
そして専門家のネットワークにより借入や相続、資産管理会社設立といった会員の帳簿に現れない信用力を最大限活用します。

このようにその人の信用力や環境、資産規模など国内唯一トータルサポートし、資産運用アドバイザリーサービスを提供するのが資産デザイン・ソリューションズなのです。

④ライター黒坂岳央からのひと言

資産デザイン・ソリューションズでは不定期に説明会や懇親会を開催している他、2018年2月3日に開催される「第7回 世界の資産運用フェア」に出展します。文面だけでは伝えきれない細かいサービスや、コンサルティングを行ってくれるアドバイザリーと直接話をする絶好の機会となります。

「資産規模が大きくなったらが、自分はどう運用をしていけばいいのか?」とお悩みの方にこそ、フェアに足を運んで相談されることをオススメします。

button

bnr_7th_fair-640x311

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

ニュース

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

不動産、株式、債権など様々な投資商品が流通する中、新星のように現れたのが仮想通貨 ...

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

ニュース

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

このところ、ビットコインにまつわるニュースが出ない日は一日たりともない。それだけ ...

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

お知らせ

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

年明け2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動 ...

中国ICO規制で下落したビットコインはすでに立ち直っている

ニュース

中国ICO規制で下落したビットコインはすでに立ち直っている

先日、暴騰するビットコイン価格に「待った」がかかり、20%の下落を記録した。その ...

> 人気記事をもっと見る

タグ