×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

お知らせ

LINEで送る
Pocket

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

年明け2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。
金融資産から国内外の不動産、そしてアンティークコイン、現代アートなどといった実物資産まで、幅広い投資先を網羅的に比較検討できる日本で唯一の無料イベントです。
16の専門企業からなるブース会場では、興味のある投資先について専門家に直接相談することが可能です。

ブース会場にどのような企業が集まるのか。1社ごと記事でご紹介いたします。
第4回目は不動産小口の専門企業として出展する「株式会社インテリックス」です。

同社の魅力についてライター「ひだまり」がお届けします。
どうぞお楽しみください。

①株式会社インテリックスについて

インテリックスは、2015年より、一棟の不動産を一口100万円単位に小口化し、共有持分 (所有権)を販売する不動産小口化商品(アセットシェアリング)を提供している企業です。
アセットシェアリングとは、資産の「相続」「贈与」「資産運用」をお考えの方向けの商品です。
同社はグループ全体で、仕入・設計・施工・販売・保証といったサービスを一貫して提供できることを強みとしています。

②得意な投資分野

インテリックスが得意な投資分野は、ずばり、「アセットシェアリング」です。

アセットシェアリングは「良質な実物不動産を小口で取得可能」にし、「安定的な収益と手間のかからない運営管理」を実現します。まさに、「贈与・相続資産として活用可能な長期資産運用」といえます。投資家は実物不動産に対し、共同所有という形で出資します。

不動産金融商品「REIT」と違い個別物件に対して投資しますので、価格相場の短期的な変動は小さくなります。
長く続く賃貸収益をシェアしながら、リスクもシェアをすることで1人1人のリスクが小さくなるのです。
また、一般的な「実物不動産」と違い、1口100万円を5口から購入可能ため、初期投資が比較的小さく始めることができます。
さらに、マンションの管理運営はインテリックスが行うため、オーナーの負担になりません。それぞれのメリットをいいとこどりしている商品です。

実物不動産は「相続・贈与」・「資産運用」・「資産組替え」にメリットが多いため、各種対策の手段の一つとしてお考えの方も多いと思います。一方で、不動産には「高額な初期投資」や「管理運営の煩雑さ」、「空き室リスク」「分割しにくく、相続に不向き」という不安要素もあるため、敬遠してきた方もいらっしゃると思います。「アセットシェアリング」は、実物不動産の良さはそのままに、「小口化」することによって、実物不動産をより一層扱い易く、身近にした商品です。

具体的には、実物不動産を所有したインテリックスが、アセットシェアリング参加者に対し、共有持分を小口化して販売します。
もちろん、「現物の不動産」だからこそ、アセットシェアリング参加者の持ち分は不動産登記されます。
アセットシェアリング参加者の所有が明確になり実際の「不動産」を所有しているという安心とともに、少額から予算にあわせて良質な資産を保有することにこだわっています。
アセットシェアリング参加者は、その共有持分を現物出資して任意組合を組成し、不動産に関わる管理を一括して、建物管理会社・運営会社に委託します。入居者やテナントからの賃料収益は、アセットシェアリング参加者に分配します。

また、アセットシェアリングの魅力は、贈与相続資産として、優れています。
遺産分割において、小口でわけることが出来るため、生前からの贈与により、平等にわけることができるのです。

③強み

アセットシェアリング事業は、金融商品ではなく、国土交通省の管轄の不動産事業です。
アセットシェアリングは、「不動産特定共同事業法」という不動産取引で得た利益を投資家に分配する事業を行うにあたって、事業者の健全性や透明性を確保するために制定された法律に基づいた商品です。
この不動産特定共同事業の許可を取得するには、資本金が1億円以上、事務所ごとに業務管理者の設置の他、企業の財務状況の審査など多くの要件を満たす必要があります。
これらの厳しい基準を満たしているアセットシェアリングは、投資家の方にご安心いただける商品です。

また、インテリックスのアセットシェアリングは、「資産性」にもこだわっています。
対象とする物件へは、求められる機能や性能を、竣工時以上に引き上げる「リノベーション(大幅なリニューアル)」や「コンバージョン(用途の変更)」を実施して、資産の新しい価値を引き出します。その後、「建物管理」をしっかり行い、建物の美観や機能を維持し、比較的規模の大きい改修工事を定期的に行うことで資産価値の維持を実現しています。

④ライターひだまりからのひと言

2018年2月3日に開催される「第7回 世界の資産運用フェア」では今回ご紹介したインテリックスも出展しています。
前回フェア時にご紹介いただいていた、「アセットシェアリング渋谷青山 第二期」は、2017/11にすべて完売したそうです。
この記事では、ご紹介しきれないアセットシェアリングの魅力と資産運用ニーズに合わせた活用方法や物件情報のご相談を無料で受け付けています。
実物不動産は、投資額の大きさや、管理運営の煩わしさ、流動性に不安を持たれ、敷居が高いと二の足を踏んでいらした方は、ぜひ、フェアでインテリックスにご相談ください。きっと良い解決策がみつかることでしょう。

button

bnr_7th_fair-640x311

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

ニュース

ビットコインにやってきた機関投資家。変わる仮想通貨の世界

不動産、株式、債権など様々な投資商品が流通する中、新星のように現れたのが仮想通貨 ...

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

ニュース

震源地は常に中国、ビットコインを制したければ、中国を見よ

このところ、ビットコインにまつわるニュースが出ない日は一日たりともない。それだけ ...

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

お知らせ

[PR]安定利回りと手間いらずの不動産投資、インテリックスの魅力

年明け2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動 ...

中国ICO規制で下落したビットコインはすでに立ち直っている

ニュース

中国ICO規制で下落したビットコインはすでに立ち直っている

先日、暴騰するビットコイン価格に「待った」がかかり、20%の下落を記録した。その ...

> 人気記事をもっと見る

タグ