×

ログイン

会員登録はこちら

[PR]コインランドリー投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせタグ:  

LINEで送る
Pocket

[PR]コインランドリー投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。

金融資産から国内外の不動産、そしてアンティークコイン、現代アートなどといった実物資産まで、幅広い投資先を網羅的に比較検討できる日本で唯一の無料イベントです。
20の専門企業からなるブース会場では、興味のある投資先について専門家に直接相談することが可能です。
さらに、当日10セッションを予定しているパネルディスカッションでは、株式会社資産デザイン研究所の内藤忍がモデレータを務め、各投資先について丁寧に説明いたします。

当記事では、パネルディスカッション「Session6 アンティークコインからコインランドリー、現代アートまで 投資の最新トレンドをご紹介」(14:45~15:15の予定)でも登場する「コインランドリー投資の魅力」についてライターひだまりがお届けします。
どうぞお楽しみください。

コインランドリー投資の魅力

不動産投資はインカムゲイン投資の代表格ですが、近年、物件が高騰しています。さらに、将来的な人口減少による空室リスクが大きな脅威といわれるようになってきました。
その受け皿として、注目を集めているオーナー業投資に「コインランドリービジネス」があります。
「コインランドリービジネス」は1棟もののマンションやアパートより低コストで始めることができます。立地条件等によりますが、高い利回りを期待できます。コインランドリーは、日常使いや季節ごとの洗濯需要があるため、安定した収益を見込むことができます。

2016年11月に上場したコインランドリー業界唯一の上場企業「WASHハウス」の児玉代表取締役社長は、コインランドリービジネスの魅力を、日本の人口に対して、コインランドリーを利用していない人の比率が高いという点を挙げていました。
具体的には、コインランドリーの利用率というのは当時3%しかなかったため、利用率を伸ばすことができれば、人口減少が進んだとしても十分な伸びしろがあると考えたそうです。
明るく、誰でも使えるようなお店、清潔感のあるコインランドリーを提供することで利用率を伸ばすことができます。
実際、最近では利用率が少しづつ伸びてきています。共働き世帯が増え続けるなか今後も利用率の上昇が見込めることでしょう。

日本ランドリーエステート株式会社について

成長の可能性を秘めている「コインランドリービジネス」ですが、ここ数年、コインランドリーブームも加熱しています。「コインランドリービジネス」はフランチャイズビジネスが主流であるため、仲介業者に甘い見通しを提示されて始めた結果、毎月赤字で厳しい状況に陥っている投資家の体験談も目にします。
「安易な出店では上手くいかない」という警鐘が度々ニュースサイトに掲載されています。

玉石混合ともいえるコインランドリービジネス市場ですが、今回フェアにブース出展する日本ランドリーエステート株式会社は、一定の信用基準を満たした全国の有力・優良企業情報を収録した帝国データバンクが発行している「会社年鑑」に掲載されている信頼できる企業です。

同社は、コインランドリービジネスは「立地ビジネスだ」と言っています。
「洗う」「乾かす」といった基本的なサービスが同じである以上、出店する場所をこだわり抜かない限り、供給が過剰状態のビジネスになることは火を見るよりも明らか”という信念から、スーパーやホームセンター等の敷地内という立地にこだわっています。
また、集金、クレーム対応、通常の店舗管理は、すべて委託できる仕組みがあります。投資家の手間がかからない運営スキームが用意されています。
とはいえ、どのようなビジネスも100%成功するわけではありません。
同社のスキームは、撤退リスクに対しても考慮されています。独自の移設可能な店舗を新規に開発しているため、万一の場合も移設・売却が可能とのことです。

内藤忍がパネルディスカッションでコインランドリー投資についてわかりやすくご説明します!

フェア当日、14:45からのパネルディスカッション「Session.6 アンティークコインからコインランドリー、現代アートまで 投資の最新トレンドをご紹介」では、モデレータの内藤忍が、日本ランドリーエステート株式会社のランドリー運営スキームついてわかりやすく取り上げる予定です。

同社が自信を持ってお届けする「一般事業・不動産運用を上回る、進化を極めたランドリーエステートスキーム」。
なぜ、このスキームが優れているのか、オーナー利益を最大化していく姿勢や撤退リスクを最小限にしている工夫についてのお話もあるでしょう。完全運営委託の自動経営かつ、平均利回り15%~25%が見込める投資手法をご確認ください。
(注)パネルディスカッションのタイムスケジュールは予告なく変更になる場合がございます。当日会場にてご確認ください。

ライターひだまりからのひと言

パネルディスカション「Session.1お金持ちに学ぶ!年収1億円を超える人がやっていること」にゲスト登壇される早川周作氏も、コインランドリービジネスをまだまだこれから伸びる市場と判断なさり、2017年12月にコインランドリーをオープンなさったそうです。

コインランドリー投資は、片手間にできる空室リスクの低い「新たな土地活用術」ではありません。
不動産投資と同様に、立地が重要であり、収益の明暗を分けるといっても過言ではないでしょう。機械の故障や様々な人的トラブルにみまわれることもあります。信頼できるプロとの出会いがとても大切です。

フェア当日、日本ランドリーエステート株式会社は、コインランドリー投資を考えている人のために、役立つ情報をたくさん提供してくださることでしょう。
また、コインランドリー投資は節税という観点からも、投資資金を減価償却資産として扱うことができます。利益が出ている法人さまであれば、更なる節税スキームについても有益な情報が入手できると思います。
ぜひ、同社の出展ブースに足を運んでみてください。

ひだまり

img_special

↓↓↓事前お申し込みはこちらから↓↓↓
button

bnr_8th_fair-640x311

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

ニュース

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

2018年7月12日の建美家投資ニュースによると、総務省は「自治体戦略2040構 ...

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

ニュース

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になりました。GMOは仮想通貨業界の ...

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

ニュース

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

このところの不動産投資環境の動向は、個人投資家にとっても目が離せない。最近の新聞 ...

> 人気記事をもっと見る