×

ログイン

会員登録はこちら

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせタグ:    

LINEで送る
Pocket

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。

金融資産から国内外の不動産、そしてアンティークコイン、現代アートなどといった実物資産まで、幅広い投資先を網羅的に比較検討できる日本で唯一の無料イベントです。
20の専門企業からなるブース会場では、興味のある投資先について専門家に直接相談することが可能です。
さらに、当日10セッションを予定しているパネルディスカッションでは、株式会社資産デザイン研究所の内藤忍がモデレータを務め、各投資先について丁寧に説明いたします。

当記事では、パネルディスカッションの「Session1 お金持ちに学ぶ!年収1億円を超える人がやっていること」(10:00~10:30の予定)についてライター月波がお届けします。
どうぞお楽しみください。

「年収1億円」を目指すには発想の転換が必要

会社員にとって「年収1,000万円」はひとつの目標。しかし「年収1億円」となると、どうすれば実現できるのか皆目見当がつきません。
フェア主催者の内藤忍は、ブログで「年収1億円を超えるような人たちを見ていると、普通に会社で仕事をしている人たちとは思考法が異なる」と指摘します。人間の能力や時間には限界があり、年収1,000万円の人が懸命に働いて今の収入を得ていることを考えると、単に10倍努力すれば実現できるものではありません。サラリーマンを辞めて起業するとか、ワークライフバランスという考え方をしないとか、思い切った発想の転換が必要なのです。

そのための一つの方法として内藤は「既に実現している人の近くにいるようにすること」を挙げています。実際に年収1億円を得ている方の習慣を学び、人との付き合い方を知ることで、成功者に共通する「何か」に気付く時がくるといいます。

とはいえ年収1億円のお金持ちを見つける機会など、そう多くはありません。
しかし「第8回 世界の資産運用フェア」では、なんとゲストに2人もの「お金持ち」をお招きし、年収1億円を超える人の習慣や考え方について語られる場が用意されています。

ゲストの紹介

今回「お金持ち」として登壇くださるのは、SHGホールディングス株式会社の代表取締役ほか複数の事業を兼務される早川周作氏と、歌舞伎町No.1ホストでありビジネス書作家でもある信長氏です。

早川氏は「第7回 世界の資産運用フェア」でも登壇し、立ち見が出るほどの人気セッションになりました。
その人生はまさに波瀾万丈です。大学受験直前に家業が倒産、父親が蒸発し家財をすべて失い無理心中寸前まで追い込まれますが、前向きな上昇志向で大学進学を目指して上京。朝の新聞配達から深夜の皿洗いまでアルバイトをして学費を作り明治大学法学部に進学しました。
在学中は学生起業家として数多くの会社の経営に参画。その後、元首相の秘書として約2年間勉強し、28歳で国政選挙に出馬するなど、経営から政治まで幅広い経験を積まれました。経営者に戻ってからは「日本のベンチャーを育てる」という意志の下、日本最大級の経営者交流会を全国で主催されています。

一方、信長氏はフェア初登場。
学生時代からホストの道に入ったという信長氏。当初は体重90kg 以上で女性とまともにコミュニケーションができず、指名もゼロが続いたそうですが、入店4ヶ月目で初めての指名を取ると一気にNo.1 になり、現在まで通算28 回No.1 を獲得したとのこと。
しかしその立場に満足することなく、「歌舞伎町トップホストが教える シャンパンタワー交渉術」(講談社)をはじめビジネス書の執筆にも精を出し、これまで計10冊の書籍を出版されています。
最新の著作は「99%の努力はいらない」(SBクリエイティブ)ということで、はたしてどのような「1%の努力」をされているのか、注目です。

パネルディスカッション「お金持ちに学ぶ!年収1億円を超える人がやっていること」への期待

お二人の経歴を拝見して、たとえば裕福なご家庭に生まれたなど、お金持ちになるための環境が整っていたとは到底思えません。むしろその逆で、苦しい状況を乗り越えて今を築き上げてきたということが、ひしひしと伝わってきます。
どのような考え方で、またはどのような習慣で「お金持ち」の仲間入りを果たしたのか。モデレータの内藤忍が、3人目のお金持ちとして、しっかりとその秘訣を聞き出します。

内藤も会社を辞めて独立した際、周囲から一転して冷たい態度をとられることもあったそう。そんな内藤に対して変わることなく接し続け、困っているときにアドバイスするなど助けてくれたのが早川氏でした。2人の信頼関係はばっちりです。
また信長氏は著書でご自身のノウハウを余すところなく披露していますし、内藤も、自分自身が実践し納得した投資の情報のみ個人投資家に提供するスタイルを徹底しています。3者とも、パネルディスカッションの場で惜しみなく経験談を語ってくれることでしょう。

ライター月波からのひと言

「お金持ち」を目指すにも経験者による「クチコミ」が大切。しかし同じクチコミでも、ネット上の匿名の情報と、顔と名前を大勢の前にさらして直接語られる経験談とでは、信憑性が大きく異なります。

現在の肩書きもそこへの道のりもまったく異なる3人のお金持ちが語り合う、まさに異色のコラボレーションといえるこの対談は、今回限りとなっても不思議はありません。朝一番のディスカッションですが、早い時間にお越しいただくことで、その後は各社ブースをゆっくり回れる利点もあります。
6月24日(日)はぜひ早起きしてフェア会場に足をお運びください。「早起きは三文の得」どころか、1億円以上の効果をもたらす可能性を秘めているのです。

月波

img_special

↓↓↓事前お申し込みはこちらから↓↓↓
button

bnr_8th_fair-640x311

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

6月24日に開催した「第8回 世界の資産運用フェア」。今回も多彩なゲストを迎え、 ...

> 人気記事をもっと見る