×

ログイン

会員登録はこちら

お金を使いながら資産も殖える?嘘のような本当の話

ニュースタグ:      

LINEで送る
Pocket

お金を使いながら資産も殖える?嘘のような本当の話

CCCマーケティングとSBI証券は、金融事業を展開する新会社「SBIネオモバイル証券」を設立したと発表。取引に応じてTポイントを付与し、「Tポイント」で金融商品が購入できる「Tポイント投資」も提供する計画で、2019年春の営業開始を予定している。

ポイントで投資ができるという仕組みは、すでに楽天証券のような他社でもはじまっているが、「Tポイント」も進出してきたことはインパクトの強さを感じる。Tポイントまでも進出してきた「ポイント投資」がもたらすメリットについて考えてみた。

Tポイントは利用しているポイントランキングで1位の実績

2017年12月の調査にはなるが、利用しているポイントサービスのランキングでTポイントは1位を獲得している。認知度が高く、使い勝手が良いことの現れであると思う。ポイントの還元率という面では他のカードに劣る部分もあるが、利用できる提携先の幅広さがランキング1位たるゆえんではないかと感じる。筆者自身もTポイントの愛用者の1人で、ポイント5倍の日を利用して買い物をしたり、ヤフーカードで寄付や納税を行う等をしながら過ごしていたところ、気づいたら10万ポイントを超えている時期もあった。

当時は Tポイント投資は話題に上っていなかったので、「ポイントは利息を産まないから利用しないのは非合理的だ」と考え積極的に使うようになったが、今回のポイント投資の話しを踏まえ、Tポイントの使い方と貯め方のバランスを再度考え直そうと思っている。

ポイント投資は資産運用はじめの一歩の新たな入口になる

ポイントはお金を使うことに伴ってついてくるおまけの位置づけではある。ただ、そのおまけが、資産運用に回すという手段が増えることで、お金の使い方を見つめ直す機会にもなるのでは?と私は考える。

例えばすでに筆者自身も実践していることであるが、ふるさと納税や被災地へ寄付をする時、カード払いの選択肢があれば積極的にカードで寄付を行うようにしている。寄付先に役立てて頂きながら、自分の所得税や住民税も下がるのが寄付を通した社会貢献である。

そこにポイント投資の視点が加わることで、税の優遇だけでなく寄付で得られたポイントの運用益があると、結果的に自己負担無く寄付を行えることにもつながるのである。そうなれば寄付先も自分自身も、双方がウィンウィンで嬉しさを感じられる。買い物や寄付などを通じて得られるポイントを賢く貯めて投資で殖やしていける「ポイントスマート」な存在が増えること。ポイント投資は、貯蓄から投資への流れを促し、資産運用をはじめるきっかけ作りの裾野を広げる大きな可能性を秘めていると私は考える。

参考:2018年10月30日
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/30/news079.html#l_kf_ccc_03.jpg
2017年12月5日
http://www.mobile-research.jp/investigation/research_date_171205.html#pos1

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

ニュース

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

2018年7月12日の建美家投資ニュースによると、総務省は「自治体戦略2040構 ...

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

ニュース

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になりました。GMOは仮想通貨業界の ...

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

ニュース

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

このところの不動産投資環境の動向は、個人投資家にとっても目が離せない。最近の新聞 ...

> 人気記事をもっと見る