×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

好調なアメリカの住宅動向

アメリカタグ:        

LINEで送る
Pocket

好調なアメリカの住宅動向

米連邦住宅金融庁(FHFA)が、3月24日に発表した1月の全米住宅価格指数(季節調整済み)は前年同月比では5.1%の上昇となりました。

2005年12月とほぼ同水準まで回復したことになります。

価格の上昇が目立つのは、全米の中でも南部や西海岸の地域となっています。 また、アメリカ商務省が3月24日に発表した2月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は53万9千戸で、1月に比べ7.8%増え、3ヶ月連続で増加となりました。

前年同月比では、24.8%の大幅な伸びです。 米国経済の好調と共に住宅にも資金が流入し、価格・販売件数共に上昇傾向であることがわかります。

内藤忍
内藤 忍

株式会社資産デザイン研究所 代表取締役 SHINOBY`S BAR 銀座オーナー 東京大学経済学部卒、MITスローン・スクール卒(MBA)。マネックス証券の創業に参加。2012年から現職。著作は30冊以上。早稲田、明治大学などの講師を務める。

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

ニュース

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

2018年7月12日の建美家投資ニュースによると、総務省は「自治体戦略2040構 ...

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

ニュース

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になりました。GMOは仮想通貨業界の ...

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

ニュース

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

このところの不動産投資環境の動向は、個人投資家にとっても目が離せない。最近の新聞 ...

> 人気記事をもっと見る