×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

ニュースタグ:          

LINEで送る
Pocket

2017年、人口増加が見られる都市・地域の地価は改善の傾向に

全日本不動産協会が発行している月刊誌「月刊不動産」によると、2016年は地方の不動産市場でも地価の下げ止まり傾向が現れ、地方主要都市では三大都市圏を上回る回復を見せているとのことです。

現在、各地域の主要都市は人口の純流入が多く、人口の増加が見られます。
東京都区部に加え、大阪市、札幌市、福岡市、名古屋市などは毎年2万人以上の転入超過数があり、2017年もこの傾向は続くと考えられます。
地域の中心都市における人口の増加は地価の変動率にも反映されています。
2016年の都道府県地価調査によると、地方四市(札幌市・仙台市・広島市・福岡市)の地価の前年比変動率は4.0%の上昇に達し、東京圏(1.1%)をはじめとする三大都市圏を大きく上回っています。
これら地域の主要都市以外においても地価の減少幅は縮小、あるいは上昇に転じており、2017年も、人口増加が見られる都市・地域を中心に、地価は改善の傾向が続くと考えられるとのことです。

全日本不動産協会発行「月刊不動産」より
http://www.zennichi.or.jp/wp-content/uploads/2017/01/d48eafe7b43f2794909a1368e3ebaf86.pdf

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

ニュース

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

2018年7月12日の建美家投資ニュースによると、総務省は「自治体戦略2040構 ...

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

ニュース

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になりました。GMOは仮想通貨業界の ...

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

ニュース

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

このところの不動産投資環境の動向は、個人投資家にとっても目が離せない。最近の新聞 ...

> 人気記事をもっと見る