×

ログイン

会員登録はこちら

Bitcoin Cashの誕生と投資対象としての魅力は?

ニュースタグ:        

LINEで送る
Pocket

Bitcoin Cashの誕生と投資対象としての魅力は?

日本時間 8月1日の午後10時30分頃に、ビットコインから、ビットコインキャッシュという、新たな通貨が誕生したようです。(ハードフォークによるブロックの高さが478559に達し、「ビットコイン相場in日本」サイトで実施されていたカウントダウンも終了しました。)ビットコインから分裂した、ビットコインキャッシュ、今後、ユーザの支持が拡大し、定着ていくのか、展開が気になるところです。

本稿では、大きなニュースとなった、「ビットコインキャッシュとは何なのか」や「投資対象としての魅力」をご紹介します。

Bitcoin Cash(BCC)の概要

Bitcoin Cashとは、Bitmain主導のBitcoinからハードフォークしてブロックサイズを増大させた新たなアルトコイン(*1)です。

“Bitcoin Cashの特徴“
・BCCはハードフォークであり、ひとたび分岐したら戻ることはできない
・すべてのビットコインユーザーは、自動的にBCCを保有する
・ブロックサイズの最大8MBまでのブロックサイズ増大
・リプレイアタックなどの外部攻撃に耐える仕様である
・2017年7月22日以降、ViaBTCでBCC/CNY(人民元)が取引可能

今までもイーサリアム、ライトコインといったアルトコインが誕生しており、500種類以上も作成されています。多くのアルトコインが作成される一因として、ビットコインの取引処理履歴を計算することでビットコインを手に入れて(マイニング:採掘)、価格の上昇を狙うより、新たに仮想通貨を作って、広めたほうが、億万長者になれる可能性を秘めていることが大きいと思います。ただ、いくらアルトコインを作っても、「通貨」である以上、多くの方が使ってくれないと広まりません。

今回のビットコインキャッシュは、仮想通貨ブームでビットコインの取引が急増し、採掘費が高騰しており、処理容量引き上げの手法を巡り、複数の業者同士が対立していました。そんな中、ViaBTCが新通貨ビットコインキャッシュを作成し、ビットコイン保有者に、同量のビットコインキャッシュを無償で付与したことが、大きなニュースとして、報道されました。
結果として、ビットコインと同量のビットコインキャッシュが配布された形ですが、これは、この通貨が決済手段として広がることと、同じではありません。

ビットコインキャッシュは、ビットコインからのハードフォークなので、「札10枚を1万円札に1枚」に交換したのではなく、一旦、「1ドル100円の交換レートで、貨幣の種類を交換した」ということと同じです。通貨ですので、決済手段として使えないと、保有する意味がないわけですが、日本の多くのお店でドル紙幣での支払いが受け入れられていないように、ビットコインキャッシュが決済手段として、普及していくか?に、存続がかかっています。

「海外送金や物販などの決済手段としては引き続きビットコインが主流になるとの見方が大半」との日経新聞の報道や、「世界有数の取引所であるCoinbaseはBCCの取り扱いを拒否」という状態なので、筆者は、投資対象としては、しばらくは様子見かな、と思っています。今後、ビットコインキャッシャが継続していくのか、消滅していくのか、見守っていきます。

参考:
ビットコイン新通貨「BCC」誕生 分裂騒動収束へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD02H0H_S7A800C1MM0000/
ビットコインのハードフォーク
https://www.crypto-currencies.jp/column/segwit2x.html

参考:
*1:アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨(価値記録)の総称。ほとんどのものはビットコインが元である。

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

ニュース

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

2018年7月12日の建美家投資ニュースによると、総務省は「自治体戦略2040構 ...

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

ニュース

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になりました。GMOは仮想通貨業界の ...

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

ニュース

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

このところの不動産投資環境の動向は、個人投資家にとっても目が離せない。最近の新聞 ...

> 人気記事をもっと見る