×

ログイン

会員登録はこちら

銀行主導の新通貨Jコイン、成功の鍵は信用力と独自メリット

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

銀行主導の新通貨Jコイン、成功の鍵は信用力と独自メリット

国別の仮想通貨取引量で見ると、日本が世界でトップをひた走っている。しかし、取引量は世界一であるにも関わらず、日本人のほとんどは仮想通貨を保有していない。ビットコインを始め、国内における仮想通貨市場は一部の人たちで盛り上がっているのが実情だ。これは日本人の「投機が大好き」という姿勢が浮き彫りになっている格好で、これまでいくつか日本発の仮想通貨も発行されている。

そんな仮想通貨大国となった日本が国内発の「Jコイン」と呼ばれる新たな仮想通貨の発行をすることになった。Jコインはビットコインを始めとする、従来の仮想通貨と何が違うのだろうか?

Jコインとは何か?

今回発表されたJコインは国内メガバンクやゆうちょ、地銀といった金融機関が連合で発行を検討しているものだ。

“仮称「Jコイン」と呼ばれるこの仮想通貨は、ビットコインなどのように価格が変動せず、あらかじめ、銀行口座にある円をJコインに替えることで、スマートフォンを使ってお店で支払いをしたり、個人の間で代金の受け渡しをすることが可能になります。”

とあるように「円→Jコイン」に変えてから利用する。端的にいえばブロックチェーン技術を使用した電子マネーサービスといえるだろう。

ネット上の評判はイマイチ…

今回のJコイン発行に至った事情としては、アップル社による「アップルペイ」を始めとした海外勢に対抗する施策としてのものだという。だがネット上のJコインに対する評判はハッキリいってイマイチだ。

「デビットカードとの違いがない」
「ブロックチェーンを使っているだけで、従来の電子マネーと何も変わらない」
「円→Jコインへの発行の手間がいるだけでメリットがない」
「海外勢に対抗出来るだけの魅力がないガラパゴス通貨になる」

といったものだ。仮想通貨は従来の自国通貨に比べて、送金手数料が安いこと、スマホで決済が可能なこと、そして何といっても投資として活用することができる明らかなメリットがある。だが、今回のJコインは電子マネーや仮想通貨と比較して明確なメリットが見えてこない。

成功の鍵は「信用力と決済以外の独自メリット」

ビットコインを始めとする従来の仮想通貨は「仮想通貨は危険」という誤った解釈がなされており、発行体がないことへの懸念からまだまだ利用者が少ない。

筆者はJコイン成否の鍵を握るのはJコインは国内の銀行主導であるという信用力を持たせて利用者の安心感を担保することと、電子決済以外のメリットを打ち出すことが肝要だと考えている。仮想通貨は決済や投資以外のメリットとして、スマートコントラクト機能などもその特徴に挙げられる。今回のJコインがどこまで利用してもらえるかは、従来の電子マネーや仮想通貨にはない機能を持てるかどうかにかかっているだろう。

引用元:
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000110234.html

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

6月24日に開催した「第8回 世界の資産運用フェア」。今回も多彩なゲストを迎え、 ...

> 人気記事をもっと見る