×

ログイン

会員登録はこちら

ビットコインは次のステージか CMEグループが先物開始へ

ニュースタグ:      

LINEで送る
Pocket

ビットコインは次のステージか CMEグループが先物開始へ

2017年12月18日 米CMEグループがビットコイン先物を開始することになりました。
11月上旬にこのニュースが流れてきましたが、12月1日に米規制当局により、承認されました。
米シカゴ・オプション取引所(COBE)も同様に承認されましたが、開始日は年内と予測されています。

機関投資家のビックマネーが流入する

これにより、米政府の規制により機関投資家のビッグマネーが流れ込んでくることが予想されています。
実際の影響としては、これまでの相場変動とは様相が変わってくるのではないかと言われています。
SNS上で仮想通貨トレーダーたちの間で様々な議論がなされており、

「空売りも増えるので今よりも市場が乱高下するのでは?」
「トレードで利益を出しにくなるのでは?」

といったような投稿が見られました。

キャズムを越えてビットコインは次のステージか

さらに考えられることは、仮想通貨に対するネガティブなイメージが変わってくるということです。
米政府が先物取引の商品としてビットコインを認めてお墨付きになったことにより、「怪しい」「得体の知れないもの」と考える人は徐々に減ってくると思います。
新しいものが普及していくには、キャズムといって深い溝を超えなければいけないというマーケティング理論があります。

“マーケティングで、ある製品やサービスが一部の顧客に受け入れられてから、広く普及するまでの間に存在する、大きな溝。”

ビットコイン先物取引が公認になったことで、キャズムを超えて加速的に広がっていく段階に来ているのではないかと感じています。
ハードフォーク(分岐)問題を乗り越えたビットコイン。一般的にやりとりする通貨としては解決すべき問題も抱えていますが、今後、さらに期待していきたいと思います。

参考:
ロイター ビットコイン先物、CMEとCBOEで取引可能に(2017年12月2日) 
https://jp.reuters.com/article/markets-bitcoin-us-approve-idJPKBN1DV580
コトバンク キャズム
https://kotobank.jp/word/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%83%A0-2696

第8回 世界の資産運用フェア

第7回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

[PR]ミアン・サミ氏と内藤忍が仮想通貨について語ります!│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]ミアン・サミ氏と内藤忍が仮想通貨について語ります!│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

[PR]アンティークコインの魅力│第8回 世界の資産運用フェア

アンティークコイン

[PR]アンティークコインの魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

> 人気記事をもっと見る