×

ログイン

会員登録はこちら

ワンルーム投資は「年金代わり」になるか?

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

ワンルーム投資は「年金代わり」になるか?

ワンルーム投資を「検討にすら値しない」という人がいます。
本当にそうなのでしょうか?

お金のプロと言われるファイナンシャルプランナーの中には、ワンルーム投資に反対する理由のスキームについて理路整然と説明をされている方もいますが、現実にはワンルームマンション投資で利益を確保されている方も多いのです。
その原因は論理のスタート地点が違っていることによると思います。
反対意見の方は、頭金10万円での購入を前提にして話を進めてしまっているのです。
ワンルームマンション投資は、投資家の属性が良ければ頭金10万円で融資が承認される場合があるのです。

~買ってから、「貯金箱」にするのがワンルームマンションの極意~

ワンルーム投資は融資が降りれば誰でも出来ますが、利益を出すために必要なことは「貯金箱」にすることです。
繰り上げ返済をして、月々の支払額をどんどん少なくしていくことがポイントです。
家賃からの定額返済だけでは無く、手元資金で繰り上げ返済を繰り返します。

例えば2,000万円、利回り4%の物件を金利2%で購入する場合、簡単に計算をすると、当初は年間80万円の家賃収入のうち40万円が利息になります。
元金返済は40万円です。手元にお金は入ってきませんが、ローンの元金返済が進み、残債が減ります。
このままだと返済額は変わりませんが、繰り上げ返済をすることで利息がどんどん減ります。
「貯金箱」にお金を入れるように繰り上げ返済を行うと、月々払いのローン金額が減り、少しずつ手元資金が増えてくるのです。

手元資金を繰り上げ返済に使えば、複利のように返済額は減っていきます。
手元資金を2%複利で運用出来る形になるのです。
最初に自己資金を入れることでも、同様の効果が生まれます。

要は自己資金無しに、10万円だけの投資で利益を得ようとすることが問題なのです。
ワンルームマンション投資が悪いのでは無く、10万円しか投資しないことが原因です。

ワンルーム投資は、自己資金が少なくても出来る良い商品ですが、購入後に余裕資金で繰り上げ返済ができる方が利用する投資商品なのです。
お金の流れだけを見ていると、もうからない投資に見えますが、きっちりバランスシートに落とすことで、利益を確認することができる投資です。

会計の知識がないと、難しい部分もありますが、
記事を鵜呑みにするだけでなく、セミナー等でしっかり仕組みを理解することが大切です。

参考:PRESIDENT Online 2017.11.05
http://president.jp/articles/-/23202

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

取引所を預金口座として扱ってはいけない

仮想通貨

取引所を預金口座として扱ってはいけない

1月26日、コインチェックから約580億円分のNEM(ネム)が不正送金されました ...

[PR]フェア初登場!宝石の王様、ダイヤモンドを資産に

ダイヤモンド

[PR]フェア初登場!宝石の王様、ダイヤモンドを資産に

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

[PR]フェア初出展!湘南エリアに特化してシェアハウスを展開、湘南レーベル

不動産投資

[PR]フェア初出展!湘南エリアに特化してシェアハウスを展開、湘南レーベル

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

[PR]北米「未開発地の共同所有」でキャピタルゲインを狙う、ウォルトンの魅力

不動産投資

[PR]北米「未開発地の共同所有」でキャピタルゲインを狙う、ウォルトンの魅力

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

> 人気記事をもっと見る