×

ログイン

会員登録はこちら

飲むもよし価値があがるのもよし~ウィスキー投資の魅力~

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

飲むもよし価値があがるのもよし~ウィスキー投資の魅力~

♪ウィスキーがお好きでしょ♪

聞き覚えのあるフレーズだと思います。このフレーズは、サントリーのウイスキー「サントリークレスト12年」のCMソングとして企画制作されました。
数年前、NHKの朝ドラ「マッサン」でニッカウヰスキーが誇る「竹鶴」が一躍有名になり、ウィスキーブームが起こりました。このとき、普段は割と余裕を持って予約できるウィスキー工場見学も人気スポットとなり、多くの人が訪れました。
ハイボール人気やポンド安を背景に、16年の日本のウィスキー輸入量は14年ぶりの高水準に達しました。このウィスキー、いま、愛好家だけではなく投資家にも大注目されています。

「飲んで儲ける」ウイスキー投資とは

ハーバービジネスオンラインによると、“ 絵画やワイン、クラシックカーに次ぐ嗜好品投資として近年、富裕層を中心にウイスキー投資への関心が上昇中だ。’15年、英のウイスキー・インベスト・ダイレクト(以下WID)がスコッチウイスキーを投資対象としたことで話題になった ”とのことです。
“ ウィスキー投資は、リーマンショックのときも価値が下がらなかったので、分散投資によるリスクヘッジが期待できる ”ため、資産防衛的な要素が強いともいわれています。

ただし、スコッチウィスキーは、最低3年熟成させるため、ワイン投資よりも長期の投資になります。
投資効率の観点からみた場合についてWIDは、“ 過去35年に取引された価格を基に算出すると、8年間熟成させたスコッチウイスキーの平均的な投資リターンは、保管料などを差し引いた実質で年率約7%になる ”といっています。長期の投資にはなりますが、ワイン投資よりも高いスプレッドを見込める可能性がありますね。

取引単位は、数年後の価格上昇を狙って樽買いすることもできますし、最小取引量を1リットルから可能としている仲介会社もあります。
また、海外蒸留所のウィスキーに投資をするなら、ウィスキー投資は為替の影響を受けます。円安のタイミングが断然おススメです。
WIDでは今後、円建て投資も検討されていますが、円建てで投資をするよりはポンド建てのまま購入するほうが、利回りを確保できると思います。

最大の魅力は、儲けられなければ飲めること

“ 近年、転売によるウイスキーの価値が高騰し始め、’16年には山崎50年がイギリスのオークションで最高値の約870万円で落札されたというニュースが躍り、業界を震撼させた ”とか。
ウィスキー投資には、新興国や小規模の蒸留所の隠れた名ウィスキーを見つけるとか、人気ウィスキーのサイクルをチェックして再利用樽のタイミングを掴むなど、大きく成長するウィスキーを見つける楽しみもあります。万が一、熟成後思惑ほどの価値が増さなくても、香りや味わいは増しているはず。儲けられなくても美味しく楽しめることは、金などの実物投資とは異なる点です。
ウィスキー片手に、大人のおしゃべりタイムもいいですね。

参考記事:
ポンド高に便乗!?「飲んで儲ける」ウイスキー投資
https://hbol.jp/152753
嗜むより投資対象のウイスキー、ブームに沸く日本からの資金にも期待
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-19/ONM0I96KLVR501

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

6月24日に開催した「第8回 世界の資産運用フェア」。今回も多彩なゲストを迎え、 ...

[PR]ワンルーム投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]ワンルーム投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

[PR] 個人投資家を取り巻く政治と経済のリスク、どのように対処しますか?│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR] 個人投資家を取り巻く政治と経済のリスク、どのように対処しますか?│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

> 人気記事をもっと見る