×

ログイン

会員登録はこちら

「資産寿命」を延ばすことが長寿社会で大切な理由

ニュースタグ:    

LINEで送る
Pocket

「資産寿命」を延ばすことが長寿社会で大切な理由

人生100年時代と言われる昨今、長寿や加齢が経済や金融行動に与える影響を研究する「ファイナンシャル・ジェロントロジー(金融老年学)」という分野が注目されている。
資産があっても健康寿命を維持できなければ楽しく老後を過ごせないように、健康を維持していたとしても資産が底をついてしまっては生活の潤いに制約が出てきてしまう。高齢化、長寿社会において今後益々大切になってくる「金融老年学」と「資産運用」に関して考えてみた。

健康で文化的な生活を過ごしていくために

「金融面の制約がなく生活できる期間を示す資産寿命を、生命寿命と可能な限り一致させることが、金融老年学の主な目標だ」と野村資本市場研究所の野村亜紀子研究部長は指摘している。野村証券の試算によればこうだ。60歳までに1,500万円の金融資産を蓄え、2,800万円の退職金を受け取った場合、その後の収入がゼロとすると、まったく運用しなければ、79歳で底をつく。「低リスク・低リターン」といえる年平均1%の投資収益率で運用したとしても、83歳で底をつくということだ。

公的年金の収入もあるにはあるが、ゆとりある老後生活費は平均34.9万円と言われている(生命保険文化センター調べ)。この生活費をまかない、楽しい老後を過ごしていくためには公的年金だけでまかなうのは比較的難しいと言わざるを得ない。だからといって、会社員を続けてきて資産運用経験のない方が、まとまった退職金を運用にまわして殖やすことはたやすいことではない。経験がものを言う資産運用の世界にいきなり飛び込んでしまうことは、虎の子の退職金も失ってしまう危険をはらんでいるからである。

時間を味方につけることが資産寿命を延ばすカギ

生命寿命は医学の発展に伴って延びているが、資産寿命を伸ばしていく上で大切なことはなにか?それは、若い内から少しずつでも資産運用に触れ、知識や経験を積み重ねていくことである。若い時の苦労は買ってでもせよということわざがあるように、試行錯誤を重ねながら時間をかけて自分自身にあった資産運用のスタイルを身につけることが、結果的に資産寿命を延ばすことにつながるのである。不慣れな内はうまくいかないこともあると思うが、その時は取り組み方や考え方が間違っていたことに気がつけるチャンスであり、リタイアするまでに時間があれば軌道修正もできる余裕があるのである。

金融老年学の必要性が声高になりつつあるが、若い内からお金に対して学びや行動を続けていくことが、資産運用を円滑に行い、生命寿命と資産寿命を限りなく一致させる一番の近道であると私は考える。

学びや気づきを得られる場として、「第7回世界の資産運用フェア」も2月3日土曜日に開催される(http://sekainoshisan.com/7th/)。1つの機会として足を運んでみるのも良いのではないだろうか。

参考:
産経ニュース「注目される「金融老年学」 お金の制約なく生活できる期間と寿命の一致を」(2018年1月2日付)
http://www.sankei.com/economy/news/180115/ecn1801150002-n1.html
生命保険文化センター「老後の生活費はいくらくらい必要と考える?」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/7.html

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

取引所を預金口座として扱ってはいけない

仮想通貨

取引所を預金口座として扱ってはいけない

1月26日、コインチェックから約580億円分のNEM(ネム)が不正送金されました ...

[PR]フェア初登場!宝石の王様、ダイヤモンドを資産に

ダイヤモンド

[PR]フェア初登場!宝石の王様、ダイヤモンドを資産に

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

[PR]フェア初出展!湘南エリアに特化してシェアハウスを展開、湘南レーベル

不動産投資

[PR]フェア初出展!湘南エリアに特化してシェアハウスを展開、湘南レーベル

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

[PR]北米「未開発地の共同所有」でキャピタルゲインを狙う、ウォルトンの魅力

不動産投資

[PR]北米「未開発地の共同所有」でキャピタルゲインを狙う、ウォルトンの魅力

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

> 人気記事をもっと見る