×

ログイン

会員登録はこちら

つみたてNISAを投資の入り口として考える

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

つみたてNISAを投資の入り口として考える

2018年1月から開始したつみたてNISA。徐々に普及しているように見えるのですが、実際の認知度はいまひとつのようです。リスクが低いとされる「分散・長期・つみたて」の手法を国が後押ししてます。

国からのメッセージとして、
「国も会社も面倒を見られないから、国民の皆さんは将来に備えて自己防衛してね」
「初心者(会社員)でも取り掛かりやすい少額非課税制度をつくったから活用してね」
と解釈することができます。

副業と同じで、今後は投資や副業で自己防衛する時代ということについて、国が本腰を入れ始めたということではないでしょうか。

つみたてNISAのポイント

つみたてNISAのポイントは
・非課税期間は最長20年
・非課税枠は40万円/年
・金融庁が指定した条件を満たす投資信託が中心
ネット証券を活用すれば買付けと売却の手数料は無料で、いつでも売却可能という手軽さがあります。

デメリットとして損益通算や繰越控除が不可能なのですが、投資が全くの初めてという方にとっては、さほど気にならない程度だと思います。

とりあえず実践しながら学ぶのもアリ

ネット証券では100円からつみたてNISAをスタートできますし、いつでも手数料無料で売却できます。リスクは低いので、とりあえず口座開設をして実践しながら深く学んでいくことが現実的であると思います。

※売却した場合、売却分の非課税枠は再利用できなくなります。翌年1月以降に新たな非課税枠で再スタートできます。

実際に取り組んでいないものに対して全てを理解しようとしても頭に入ってきませんので、口座開設の労力をかけて100円でも投資してみれば、自分事になり吸収も違ってくると思います。

何も分からないまま焦ってスタートする必要はありませんが、考えすぎても時間が過ぎていくだけです。そのあたりのバランスは大切になってきます。

理解してきたら次のステップ

つみたてNISAを実践してみて、もし投資に興味持ち始めて理解が深まってきたなら次のステップに進めます。例えば、米国株ETFや個別銘柄など、もう少し自力が必要なものにチャレンジしやすくなります。

20代、30代の若い層はこの過程を飛ばして仮想通貨を取り組んでいる人も多いと思います。仮想通貨は難易度が高く、不確実な部分が多いアセットクラスです。つみたてNISAのようにどっしりと構えていく投資もできるようになると安定します。

仮想通貨はチャンスに溢れワクワクしますが、つみたてNISAはかなり退屈と感じるでしょう。その代わりに精神的な負担は少ないというメリットもあります。

投資が全くの未経験の方は、国が用意したつみたてNISAを投資の入り口として考えると、その先の選択肢と可能性が広がると思います。

参考:
SANKEI BIZ
「つみたてNISA、認知度は低空飛行 証券業界「10年かかる」」2018年4月13日
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180413/bse1804132152004-n1.htm

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

6月24日に開催した「第8回 世界の資産運用フェア」。今回も多彩なゲストを迎え、 ...

[PR]ワンルーム投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]ワンルーム投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

[PR] 個人投資家を取り巻く政治と経済のリスク、どのように対処しますか?│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR] 個人投資家を取り巻く政治と経済のリスク、どのように対処しますか?│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

> 人気記事をもっと見る