×

ログイン

会員登録はこちら

35年ローンを安心して組める年齢は30歳前後と言われる理由

ニュースタグ:

LINEで送る
Pocket

35年ローンを安心して組める年齢は30歳前後と言われる理由

ローン完済後は、管理費と修繕積立金だけで良い

マンションを購入した場合、ローン完済後に掛かる費用は、管理費と修繕積立金。車がある場合は駐車場代も掛かります。都心部であれば、駐車場はいらない地域もあります。

この記事では、35年の住宅ローンを安心して組めるのは、30歳前後までと書かれています。
定年60歳、再雇用定年65歳。それまでに住宅ローンを完済しようと考えると、このような計算になります。

「人生100年」と考えると賃貸住宅に住み続けるは老後の負担が大きくなりすぎます

著者の考え方は、早い時期に1件目の自宅を取得し、ローンの完済年齢を早めることです。
結婚と同時に新築マンションを購入して、25年ローンを組みました。当時は35年返済の利用は少なく25年返済が主流でした。27歳で住宅ローンを組んだので52歳の時ローンが終わっています。10年間しか、このマンションに住んでいませんが、早い時期に住宅ローンを組んだことで住み替え続ける選択が出来ているのです。

早い時期に購入したマンションは、家族も少ないこともあり、面積が狭い物件です。
現在は、世帯人数が少なくなっているので、広いマンションより賃貸需要があります。物件は、古くなっているので高い家賃は取りにくく状況ですが、賃貸物件よりも分譲マンションの方が管理状態も良いので人気はあります。

住宅ローンが30歳前後で組めない場合

返済期間を短くすれば、完済年齢は変わらなくなりまかす。35歳でローンを組むのであれば、頭金を多く入れることで対応したり、築5年前後の中古物件を選んでも良いのです。

40〜50歳の間で住宅ローンを組むのであれば、新築物件だけでなく築10〜20年の中古マンションや中古戸建て住宅を選ぶことで、負担を増やさずに、返済期間を短くすることが出来ます。
また、土地負担の少ない定期借地権付き住宅を選ぶことでも返済期間を短くすることは可能になります。

年齢に合わせた物件を取得しないと後で費用が掛かります

売却や住替えを考えていれば、物件の築年数を必要以上に考えることはありません。
住み続けることを前提に考えると、80歳前後で大きな修繕等費用が掛かる物件は避けた方が良いと思います。築古の中古物件をリフォームして住む方法もありますが、その物件の30年後を想像しているでしょうか。

「人生100年」の時代が進むと、住宅の劣化対策の重要性は増します。住宅性能表示制度に劣化対策等級があります。劣化対策等級2では、50〜60年、劣化対策等級3では75〜90年構造躯体に使用する材料の交換等大規模な回収工事が不要です。
劣化対策等級1の新築物件を購入するより、築10年の劣化対策等級2や3の物件を購入する方が長持ちします。

新築住宅を購入する場合でも、マンションを購入する場合でも、法定耐用年数だけを気にするのでは無く、メンテナンス計画等の重要性が今後増々重要になります。
「人生100年」時代の住宅戦略は、自身の年齢、家族の年齢を考えながら住宅ローンを計算して、物件を選んでいく必要があります。

参考:diamond online 2018年4月26日
住宅ローンは30歳までに組まないと身を滅ぼす理由
http://diamond.jp/articles/-/168677

すいよう
すいよう 

自宅投資・ワンルームマンション投資で60歳までに1億円??つくるのが目標。
月100万円のキャシュフローを実現。
▽50代住み替え 実家の売却と二世帯住宅
http://nedeco.org/                         

第8回 世界の資産運用フェア

第7回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

[PR]ワンルーム投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]ワンルーム投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

[PR]コインランドリー投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]コインランドリー投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

[PR]イデコ、NISAの魅力│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]イデコ、NISAの魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

> 人気記事をもっと見る