×

ログイン

会員登録はこちら

資産運用の入口としてまず「おつり」を投資してみる

ニュースタグ:  

LINEで送る
Pocket

資産運用の入口としてまず「おつり」を投資してみる

おつり投資のトラノコ、運営会社は順調に成長

買い物のおつりが投資できる「トラノコ」を運営するTORANOTECは4月12日、楽天キャピタル、東海東京ファイナンシャル・ホールディングス、だいこう証券ビジネス、パラカ、東京電力エナジーパートナーを引受先とする第三者増資を実施したと発表しました。金額は非公開ですが資本金は2017年6月のサービスリリース時の資本金1億3100万から7億3788万と5.6倍に増加しています。

トラノコの仕組みは

トラノコでは、クレジットカードや電子マネーなどを使った買い物の「おつり」を、最低5円から1円単位で資産運用にまわすことができます。このおつりは仮想的なもので、サービスであらかじめ設定した金額(100円、500円、1000円)から、実際の支払額を引いた金額を資産運用にまわせるという仕組みです。例えば、設定額を100円にした場合、10円のお菓子を買ったら「おつり」である90円が投資にまわされます。

この「おつり」の運用は100%子会社のTORANOTEC投資顧問が行います。ユーザーのリスク特性に合わせて①安定重視(リスク小)②バランス重視(リスク中)③リターン重視(リスク大)といった3種類のファンドを用意しています。各ファンドとも先進国・新興国の債権・株式など世界中の資産を組み込んで資産構成しているので気軽に分散投資が可能です。

トラノコのコスト、損益分岐点は

気になるコストに関してはトラノコの利用料金が月額300円、信託報酬が0.3%、ファンドの監査費用などの手数料上限0.1%、ファンドへの組み入れ証券の売買委託手数料上限0.1%が資産から控除されます。仮にインデックスファンドの平均的な利回りである4~6%で計算した場合、初めの1年間で65,000~105,000円が損益分岐点となる投資金額が必要になります。実際に計算してみるとハードルが上がったように感じますが毎月7,000円程度なので無理なくまわせる金額だと思います。更に運用は長期的に行うのが一般的なので年々資産が大きくなるのに対し、月額手数料は3,600円と変わらないので時間が経てば経つほどコストの割合が低くなりリターンが大きくなります。

マイル付与などの魅力的なオプションで様々なリターンが得られる面も

さらにトラコレは異業種とのパートナーシップを積極的に推進し、トラノコユーザー限定で特典を提供するなどメリット打ち出してきました。特典の代表例としてはANAマイルの付与が上げられます。今回の増資先も事業会社は証券・コインパーキング・電力など異業種でユーザー限定へのサービスが今後も展開されていくことが予想されます。

新社会人や主婦の方をはじめ投資未経験の方はこの機会に少額の「おつり」投資から始めてみてはどうでしょうか。

参考:
https://www.lifehacker.jp/2018/05/consider-the-opportunity-cost-with-every-investment.html
https://twocents.lifehacker.com/consider-the-opportunity-cost-with-every-investment-1825046624

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

ニュース

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

2018年7月12日の建美家投資ニュースによると、総務省は「自治体戦略2040構 ...

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

ニュース

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になりました。GMOは仮想通貨業界の ...

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

ニュース

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

このところの不動産投資環境の動向は、個人投資家にとっても目が離せない。最近の新聞 ...

> 人気記事をもっと見る