×

ログイン

会員登録はこちら

SBI 仮想通貨取引所のサービス開始

ニュースタグ:    

LINEで送る
Pocket

SBI 仮想通貨取引所のサービス開始

2018年6月4日、SBIグループは仮想通貨取引所のサービス(SBIバーチャル・カレンシーズ 以下、SBIVC)を開始すると発表しました。3月期決算説明会において北尾社長は「夏までに結論を出す」とコメントしましたが、想定よりも少し早いサービス開始となりました。

NEMの不正流出を発生させたコインチェックの本格的なサービス再開も6月と報道されていますので、そのタイミングに間に合わせたかのようにも見えます。

先行予約をした2万人が対象

6月からのサービスは去年の秋に先行予約で口座開設申し込みをした2万人が対象となり、一般の申し込みは7月からとなるようです。

去年の秋に先行申し込みをしたアーリーアダプターたちが、使い勝手などをどのように評価するのか楽しみです。おそらくSNSやブログでレビューがあることでしょう。

まずはXRPから扱う

SBIVCサービスのもっとも注目されるポイントの一つは、扱う仮想通貨の銘柄です。まずは、リップル社が発行するXRPの取引から開始するということです。今までの仮想通貨取引所はビットコイン(BTC)を基軸としていましたので、ここが全く異なる点です。

SBIグループはリップル社の株を10.5%保有し、合弁会社を設立しているほどです。今回のSBIVCサービス開始からも、SBIがXRPを重視していると感じることができます。そして、順次、BTC、BCHと他の仮想通貨も扱っていく予定です。

業界最低水準のスプレッド、万全なセキュリティ

それから、かねてから公言していた「業界最低水準のスプレッド」についても実現しそうです。北尾社長は他社のスプレッドの広さについて厳しく指摘していました。さらに、NASDAQの取引システム(マッチングエンジン)を取り入れ、世界最高水準の低遅延な取引環境を提供するとのことです。そして、口座開設者が最も気になるセキュリティ体制はセコムとの提携を発表しました。

銀行、証券の顧客基盤が活かされるか

SBIの強みは何と言っても顧客基盤。住信SBIネット銀行、SBI証券の顧客層を取り込めるということです。既にSBI証券はネット証券においてトップを走っておりノウハウがあります。

これまで株や投資信託のみを投資対象とした投資家たちがSBIVCに流れ込むのか、仮想通貨の市場は再び盛り上がるのか、非常に楽しみになってきました。

引用元・参考:
SBIホールディングス
「SBIバーチャル・カレンシーズのサービス開始のお知らせ」2018年6月4日
http://www.sbigroup.co.jp/news/2018/0604_11105.html

第8回 世界の資産運用フェア

第7回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]お金持ちから直に学べ!お金持ちになる方法│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

[PR]ワンルーム投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]ワンルーム投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

[PR]コインランドリー投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]コインランドリー投資の魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

[PR]イデコ、NISAの魅力│第8回 世界の資産運用フェア

お知らせ

[PR]イデコ、NISAの魅力│第8回 世界の資産運用フェア

6月24日(日)開催予定の「第8回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の ...

> 人気記事をもっと見る