×

ログイン

会員登録はこちら

楽天証券の積立投信で楽天スーパーポイントの利用が可能に

ニュースタグ:    

LINEで送る
Pocket

楽天証券の積立投信で楽天スーパーポイントの利用が可能に

楽天証券は投資信託の積立注文で楽天スーパーポイントを利用可能にするという発表をしました(2018年9月30日スタート)。それまでは、投資信託の通常買い付け(スポット買い)のみで利用可能だったので、嬉しいサービス拡大です。これを待ちに待っていた楽天証券ユーザーは多いことでしょう。つみたてNISAにおいて楽天証券のアドバンテージが際立ってきました。

1ポイント=1円以上に化けるかもしれないという嬉しさ

今回の変更で楽天スーパーポイントが適応となるのが(特定口座、一般口座、NISA口座、つみたてNISA口座)の4つです。つみたてNISAで利用可能なので、非常に良いサービス拡大だと思います。

楽天スーパーポイントのレートは1ポイント=1円です。1ポイントから利用可能で、1注文あたり500,000ポイントの上限はありますが、それは問題ないでしょう。注意点としては期間限定ポイントや他のポイントから移行されたポイントは対象外ということです。

楽天サービスを利用して貯まったポイントを別の買い物で利用するのは嬉しいことですが、つみたてNISAで利用するということは1ポイントが1円以上の価値になる可能性を秘めているということです。リスクを少なくしてリターンの可能性はそのままであることが嬉しいでね。

楽天愛用者はこれをキッカケにつみたてNISAを楽天証券でスタートするケースも多いのではないでしょうか。

証券会社の各社のサービス向上に期待

「貯蓄から運用」へというキャッチフレーズのもと、国が後押しをするつみたてNISAやiDeCo。各銘柄の信託報酬の値下げ合戦も激しいですが、その銘柄を扱う証券会社各社のサービス向上もそれぞれです。

各社は「若い層への啓発」と「投資のハードルをいかに下げるか」ということに注力しているように見えます。丸井グループが証券会社を設立することもその例の一つです。つみたてNISAの商品の買い付けにエポスカードが利用可能で、エポスポイントが付与するというものです。ターゲットはもちろんエポスカードを持っている20代〜30代の女性たち。最も投資から遠い層に対してアプローチするために、そのハードルをぐっと下げてきました。

そして、楽天証券はすべての楽天会員がターゲットです。銀行、カード、証券などのサービスをポイントでグルッと繋ぎながら会員を囲い込みをしていていきます。人気の楽天バンガードシリーズの銘柄を揃えているので、使い勝手が良くなる今後は更に人気が出そうです。証券会社各社のサービス向上に期待します。

引用元・参考:
楽天証券
「投信積立でポイント利用が可能に!2018年9月30日スタート!」2018年8月22日
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20180822-01.html

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

6月24日に開催した「第8回 世界の資産運用フェア」。今回も多彩なゲストを迎え、 ...

> 人気記事をもっと見る