×

ログイン

会員登録はこちら

auがiDeCoに参入 アプリで年金管理

ニュースタグ:      

LINEで送る
Pocket

auがiDeCoに参入 アプリで年金管理

税制優遇を受けながら、非課税で運用ができるiDeCo。ネット証券各社も口座数を獲得しようと、サービスを展開しています。そんな中、携帯キャリアのauもiDeCoに参入してきました。アプリで運用を管理するという若年層や初心者向けのサービスのようです。しかし、iDeCoはつみたてNISAと違って途中で引き出すことができませんので、十分に検討する事が必要だと思います。

運営管理手数料は無料、ポイントのメリットは薄い

au iDeCoの特徴として

・アプリで管理(パソコン不要)
・加入手続き無料(別途、口座管理手数料167円/月と銘柄の信託報酬はかかる)
・ポイント付与
・わかりやすいシンプルな5銘柄

が挙げられます。auのIDを使ってアプリから申し込みを行うので、パソコンを持っていなくても申し込みが可能です。加入手続は無料ですが、口座管理手数料と銘柄の信託報酬はかかります。

ポイントについては、WALLETポイント(auユーザー)もしくはWowポイント(auユーザー以外)の付与があります。2つのポイントは1P=1円なのですが、還元率は銘柄によって異なるようで、0.02%〜0.1%です。iDeCoでポイントを付与すること自体は新しいサービスです(楽天証券でのカード引き落としのポイント付与はiDeCoは対象外)。しかし、au iDeCoのポイント付与によるメリットは薄いと言わざるを得ません。

銘柄の信託報酬は高め よく考えて

取り扱い銘柄はシンプルな5種類。ネット証券のように選択肢が多すぎると初心者は迷ってしまうことから、わかりやすいキャッチフレーズで特徴を表しています。

各銘柄のリスク許容度は、国内外の株式と債券のバランスによって変わります。この比率は個人投資家の年齢や好みによるので良いのですが、問題は信託報酬。

auスマート・ベーシック(安定): 年率0.2376%(税抜0.22%)
auスマート・ベーシック(安定成長): 年率0.2376%(税抜0.22%)
auスマート・プライム(成長): 年率0.8856%(税抜0.82%)
auスマート・プライム(高成長): 年率0.8856%(税抜0.82%)

安定の2銘柄の信託報酬はやや高め、成長の2銘柄は高めの印象。これら4銘柄はオリジナル銘柄で、株式と債券の指数は以下のとおり代表的なものです。

バランス型のみの取り扱いというのやや残念なところで、ネット証券の取り扱いの豊富さには見劣りします。安定思考の方であれば8均等型という究極のバランスファンドがより低い信託報酬で選ぶことができます。成長志向の方であれば、全世界株式で信託報酬は0.2%を切るものも存在します。

つみたてNISAであれば途中で引き出すことができるのですが、iDeCoは60歳まで引き出すことができません。つまり、長くお付き合いする運用になるのでコストには敏感になるべきかなと思います。

煩雑な証券会社の口座開設やiDeCoの申し込み手続きを、アプリから可能にしたauのiDeCo。「資産運用とは」「ドルコスト平均法とは」といった基本的な事から解説するコンテンツは非常にわかりやすいとは思います。しかし、入り口はアプリでもiDeCoの加入手続はどこでも変わりませんし、煩雑です。それでも資産形成の一歩を踏み出すキッカケが身近なアプリというのは、国が「貯蓄から資産形成へ」ということを後押ししており、自分の身は自分で守る時代というメッセージなのだと思います。

引用元・参考:
auのiDeCo
https://ideco.kddi-am.com/

湯浅 悦範
湯浅 悦範

会社員、個人投資家。
2013年に仮想通貨のRipple(XRP)を知り、少額を投資。
放置するが、2016年から再び仮想通貨の情報収集を開始。
トレードよりもホールドが基本スタイル。 https://etsunori.com/

記事一覧はこちら

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

ニュース

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

2018年7月12日の建美家投資ニュースによると、総務省は「自治体戦略2040構 ...

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

ニュース

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になりました。GMOは仮想通貨業界の ...

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

ニュース

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

このところの不動産投資環境の動向は、個人投資家にとっても目が離せない。最近の新聞 ...

> 人気記事をもっと見る