×

ログイン

会員登録はこちら

ポイント投資~dポイントを使った投資を始めてみました〜

ニュースタグ:      

LINEで送る
Pocket

ポイント投資~dポイントを使った投資を始めてみました〜

「貯蓄から投資へ」の流れを促進しようと、官民一体となって様々な取り組みが行われています。
株式会社NTTドコモの資産形成への取り組みとして、dポイントをそのまま投資に回すことができるという、面白い投資サービスが2018年5月に開始されました。
ドコモの吉澤社長は「日本には投資に興味があっても中々チャレンジできない方が多い、そのような方々に、ドコモならではのわかりやすい投資サービスを提案する」とお話されています。

dポイントとは

dポイントとは、ドコモが提供しているポイントプログラムのことです。
ドコモのケータイ利用者でなくても、dポイントカードを持っていれば、ファーストフードやコンビニなど街のdポイントカード加盟店でポイントを貯めて使うことができます。具体的には、ドコモショップやdポイントが使えるお店でdポイントカードを入手し、利用登録(dアカウントと紐付け)すれば、どなたでも加盟店で使えるようになります。なお、dポイントには「dポイント」と「dポイント(期間・用途限定)」(*1)の2つの種類があります。

dポイントの「ポイント投資」とは

dポイントを使って投資体験ができる「ポイント投資」サービスです。
「ポイント投資」の原資にできるのは、「dポイント」のみです。(dポイント(期間・用途限定)は不可。)
サービスの概要は、“手持ちのdポイントを「運用ポイント」に交換(追加)すると、「運用ポイント」がお金のデザインの運用する投資信託の基準価額に連動して毎日変動するサービス”とのこと。
利用者は、ポイント投資サイトにアクセスして、運用するポイント数と運用コースを選択するだけで、即日運用開始できます。もちろん、運用して増えた「運用ポイント」は、いつでもdポイントに交換(引出)して使うことができます。
このサービスの良いところは、口座開設が不要なため始めやすく、運用手数料や利用手数料が無料である点です。
投資を始める手続きが簡単な上、現金を入金する必要がありません。「おまけ的なポイント」で投資を体験できるため、投資初心者でも気軽に始めることができます。事実、ドコモのプレスリリースによるとサービス提供から3週間で利用者が10万人を突破するくらい注目を浴びたポイント投資のようです。

この投資のデメリットとして、運用コースが「バランスコース」(債券に比重)と「アクティブコース」(株式に比重)の2つのみであることをあげる方もいらっしゃいますが、投資体験であれば、選択肢は少ないほうがチャレンジする敷居が下がります。
「わかりやすい投資サービス」というコンセプトを考慮すると、充分だと思います。
なによりも、“ポイントの追加や引き出しがリアルタイムで簡単にできる”という利便性は、他のサービスにはない良さです。
また、運用中はdポイントの有効期限がリセットされます。失効してしまいそうなdポイントがあれば、ぜひ、投資してみることをおススメします。100ポイント単位で投資することができます。

ただ残念なことに、提供プラットホームであるdポイントのセキュリティという面では、ポイントの盗難事件と呼べる不正利用が8月下旬から急速に拡大しています。ドコモは、2段階認証の利用を推奨するなど事態の収拾に努めていますが、運用システムの甘さは否めません。dポイント利用を普及するための手軽さとセキュリティは相反するものですから、改善されるまでにはもう少し時間がかかることでしょう。
現状、地道に貯めたポイントが盗まれないためには、利用停止処置をするかしかありません。そんな中、利用停止にしなくても「ポイント投資」を活用すると、dポイントを「運用ポイント」に退避させることで間接的にポイントを守ることができます。

まずは始めてみました

さて、筆者はドコモユーザですが、dポイントは携帯を買い換えるときくらいしか使わない非アクティブユーザでした。そこで今回、dポイントで「ポイント投資」を始めてみました。現在、650ポイント貯まっていたので、600ポイント分の運用を始めてみます。

まず、ポイント投資サイトの「初めての方はこちら」に従ってdアカウントを発行します。その後、ポイント投資に関わる「ご利用規約及び個人情報の取り扱いについて」に同意し、コース設定と運用するdポイント数を指定するだけで登録完了(=ポイントの運用開始)できました。ちなみに運用コースは、「アクティブコース」(株式に比重)を選びました。なお、ポイント投資への登録を完了すると、すぐにdポイントの利用通知が届きました。
驚くほど簡単に始めることができました。ポイントが増えていくことを願って、長期目線で楽しみたいと思います。

ドコモのポイント投資は、手軽にdポイントを使って投資信託と同等の体験ができます。利用する際の年齢制限もありません。投資教育の一環として、スマートフォンを持つお子さんにも良い体験になるかもしれませんね。

*1:キャンペーン等で手に入る限定ポイント

ポイント投資
https://dpoint-inv.com/portal/top
dポイントによるポイント投資サービスおよびロボアドバイザーによる資産運用サービス「THEO+ docomo」の提供を開始
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/05/16_01.html

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

ニュース

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

2018年7月12日の建美家投資ニュースによると、総務省は「自治体戦略2040構 ...

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

ニュース

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になりました。GMOは仮想通貨業界の ...

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

ニュース

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

このところの不動産投資環境の動向は、個人投資家にとっても目が離せない。最近の新聞 ...

> 人気記事をもっと見る