×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

2014年に続き、2015年も東京は有望な不動産投資先

日本タグ:  

LINEで送る
Pocket

2014年に続き、2015年も東京は有望な不動産投資先

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)とアーバンランド・インスティテュート(ULI)による不動産動向調査報告書「不動産の新しい動向・アジア太平洋2015年版」によると、日本が2014年に続きアジア太平洋地域全体で最も有望な投資先とのことです。

アベノミクスという大型景気刺激策の導入から 2 年後、2015 年版調査で東京は投資見通しで再び1位となり、また開発見通しでも1位にランクされています。

東京は、「住宅」「オフィス」「商業施設」「ホテル」の各セクターで「買い推奨1位」となっており、日本が大規模な景気刺激策を継続する限り、東京は不動産投資家を惹き付ける大きな力を持ち続ける、とされています。

また、東京の魅力は不動産価格の上昇が見込まれるだけでなく、少なくとも現在のところ、認知されたリスクが低水準にあるとともに、レバード・リターン(レバレッジを効かせた利回り)も他のアジア市場に優るとも劣らないという特徴を備えたゲートウェイ都市というステータスも魅力の源泉である、とされています。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2015
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-knowledge/archive/assets/pdf/emerging-trends-real-estate2015.pdf

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

ニュース

総務省、自治体戦略構想を公表、今後の不動産投資エリアは?

2018年7月12日の建美家投資ニュースによると、総務省は「自治体戦略2040構 ...

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

ニュース

GMOマイニング事業は赤字 マシン販売へ方向転換

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になりました。GMOは仮想通貨業界の ...

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

ニュース

問題続きの不動産投資業界 今個人投資家がすべきこと

このところの不動産投資環境の動向は、個人投資家にとっても目が離せない。最近の新聞 ...

> 人気記事をもっと見る