×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース

レオパレス21 フィリピン現地法人設立

フィリピンタグ:      

LINEで送る
Pocket

レオパレス21 フィリピン現地法人設立

レオパレス21が、海外では13拠点目となるフィリピンに現地法人を設立し、2015年7月より営業を開始しました。
日系企業向けにオフィスや住宅といったフィリピン現地賃貸物件の紹介による進出支援、並びにフィリピン国内で日本への留学生や就労者に対して、日本国内物件のプロモーション活動を実施するとのことです。

具体的に日系企業向けサービスとしては、日系企業が多く進出するマカティ市で、サービスオフィス事業を2015年11月上旬に開業が予定されています。
サービスオフィスとは、業務に必要な椅子・机・執務空間・情報機器等を備えたスペースを低いイニシャルコストでご提供する事業で、空室オフィススペースが少ないマカティ市で、日系企業様進出の足がかりとしての役割を担うとの事です。

今回、同社が手がけるサービスオフィス事業は、「フィリピンのウォール街」と呼ばれるマカティのメインストリート沿い高層ビルにて運営され、充実した設備で快適なサービスオフィスを提供することで、「赴任者への住宅紹介」、「オフィス移転時の物件紹介」に加え、フィリピン進出日系企業へ全面的なサポートが期待できます。

現在フィリピンには約18,000人の邦人が住んでおり、フィリピンに拠点を置く日系企業は、現在1,260社を超えており、現在も引き続き増加傾向にあります。
日系企業のフィリピン進出数は、2012年には96社増加、2013年には43社増加、2014年には46社増加しています。

この度のレオパレス21のフィリピン現地法人設立は、インドネシアに次いでASEAN第2位の人口(約1億人)、英語能力の高い若い人材の豊富さ(平均年齢23歳)、充実した優遇税制の恩恵という観点から、今後フィリピンへの日系企業の進出が大いに見込まれる事を、考慮しているようです。

参考:レオパレス21 ニュースリリース(2015年7月31日)
http://www.leopalace21.co.jp/news/2015/0731_1189.html

第7回 世界の資産運用フェア

第6回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

取引所を預金口座として扱ってはいけない

仮想通貨

取引所を預金口座として扱ってはいけない

1月26日、コインチェックから約580億円分のNEM(ネム)が不正送金されました ...

[PR]フェア初登場!宝石の王様、ダイヤモンドを資産に

ダイヤモンド

[PR]フェア初登場!宝石の王様、ダイヤモンドを資産に

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

[PR]フェア初出展!湘南エリアに特化してシェアハウスを展開、湘南レーベル

不動産投資

[PR]フェア初出展!湘南エリアに特化してシェアハウスを展開、湘南レーベル

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

[PR]北米「未開発地の共同所有」でキャピタルゲインを狙う、ウォルトンの魅力

不動産投資

[PR]北米「未開発地の共同所有」でキャピタルゲインを狙う、ウォルトンの魅力

2/3開催予定の「第7回 世界の資産運用フェア」。金融資産から国内外の不動産、そ ...

> 人気記事をもっと見る