×

ログイン

会員登録はこちら

不動産投資ニュース ベトナム

ホーチミンにて日系企業初の不動産開発

ベトナム

ホーチミンにて日系企業初の不動産開発

大和ハウス工業、野村不動産、住友林業の3社は、現地大手デベロッパーのPhu My Hung Development Corporation(フーミーフン社)と、共同でベトナム・ホーチミン市7区のフーミーフンエリアにおいて、大規模不動産開発プロジェクト「(仮称)ミッド ...

サンケイビル、ハノイで不動産管理事業に参入

ベトナム

サンケイビル、ハノイで不動産管理事業に参入

オフィスビル管理会社のサンケイビルが、ベトナムの現地不動産関連企業3社と合弁で現地法人 ...

アジア開銀、ベトナムの2015年GDP成長率予想を+6.5%へ上方修正

ベトナム

アジア開銀、ベトナムの2015年GDP成長率予想を+6.5%へ上方修正

アジア開発銀行(ADB)は、「アジア経済見通し」の改訂版を発表し、日本など一部先進国を ...

2020年の国民1人当たりGDP目標3500ドル

ベトナム

2020年の国民1人当たりGDP目標3500ドル

2016年にベトナムで開催される第12回共産党大会にて採択される予定の政治報告草案と、 ...

ホーチミン市 2020年の1人当たり域内総生産は9800ドル

ベトナム

ホーチミン市 2020年の1人当たり域内総生産は9800ドル

第10回ホーチミン市共産党大会(2015年~2020年任期)の政治報告草案によると、ホ ...

改正住宅法施行 ホーチミン市で地価が急騰

ベトナム

改正住宅法施行 ホーチミン市で地価が急騰

ベトナムでは2015年7月の改正住宅法施行に伴い、早くも8月に入り地価が急上昇している ...

ベトナム1人当りGDPの水準は、アジア諸国と比べ数十年の遅れ

ベトナム

ベトナム1人当りGDPの水準は、アジア諸国と比べ数十年の遅れ

ベトナム統計総局のデータによると、1990~2014年におけるベトナムの国内総生産(G ...

ベトナム 2021~2022年に「マイカー時代」が到来

ベトナム

ベトナム 2021~2022年に「マイカー時代」が到来

ベトナム自動車工業会(VAMA)は2015年7月30日、設立15周年を機に記者会見を行 ...

セブンイレブン 2017年にベトナム初出店

ベトナム

セブンイレブン 2017年にベトナム初出店

セブン&アイ・ホールディングスは、米子会社7-Eleven,Inc.と、ベトナ ...

2015年第2四半期 消費者信頼感指数が前期比8ポイント低下

ベトナム

2015年第2四半期 消費者信頼感指数が前期比8ポイント低下

米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)が、2015年第2四半期の世界消費者信頼 ...

4/5...2345

第9回 世界の資産運用フェア

第8回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

各国の最新ニュース

投信マニア月波のコレ買いたい!第2回 AIがすべてを決める

ニュース

投信マニア月波のコレ買いたい!第2回 AIがすべてを決める

人工知能(AI)が運用のすべてを担う投資信託が発表されました。その名も「eMAX ...

投信マニア月波のコレ買いたい!第1回 AIインデックスファンド

ニュース

投信マニア月波のコレ買いたい!第1回 AIインデックスファンド

人工知能(AI)、ロボティクス、自動運転……。近年の技術革新は、経済や社会のあり ...

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第8回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

6月24日に開催した「第8回 世界の資産運用フェア」。今回も多彩なゲストを迎え、 ...

海外ETFも手数料の値下げ合戦!個人投資家には朗報!

ニュース

海外ETFも手数料の値下げ合戦!個人投資家には朗報!

つみたてNISAの対象銘柄は手数料が低いですが、楽天バンガードシリーズやeMAX ...

低金利が続くと思うなら「ハイブリッド投資家」になりなさい

ニュース

低金利が続くと思うなら「ハイブリッド投資家」になりなさい

超低金利の状況が長期化するという観測から、住宅ローンを変動型金利で借りる人が急速 ...