SHARE

三菱UFJ銀行のプライベートバンクはどういったサービスがあるのか?

 プライベートバンクという言葉に実感が湧かないという方もいらっしゃるかと思います。富裕層の象徴とされるプライベートバンクについて日本の大手都市銀行、今回は三菱UFJ銀行でどういったサービスが行われているか解説します。

1. プライベートバンクとは?

1.1  プライベートバンクとはそもそも何か

プライベートバンクとは富裕層を対象とした総合的な資産管理を行う金融サービスを行う金融機関のことを指します。金融機関によっては「ウェルスマネジメント」と表記しているところもありますが、ここでは「プライベートバンク」で統一します。 主な役割は

・資産管理方法の検討

・具体的な商品提案

・投資戦略の立案

です。これらの役割をプライベートバンク利用者である顧客に応じて行います。 通常金融機関が手がける一般向けサービスは利用者全員が等しく受けられるものか、特定の条件を満たした顧客に対して取られる優遇措置に限定されますが、プライベートバンクでは資産管理方法・商品・投資戦略いずれもプライベートバンクの契約を結んだ顧客に対してオーダーメイドでサービスが提供されます。

1.2 どういった人がプライベートバンクを活用するのか

金融機関によって異なりますが、最低でも数百万。銀行によっては数億円・数十億円の資産を保有している方が対象となります。

いわゆる「富裕層」が対象ですが、保有する純金融資産(保有する預貯金、株式、債券、投資信託など「金融資産」の合計額から、「負債」を差し引いた金額)が1億円以上になると「富裕層」にカテゴライズされます。

 一部銀行では1億円未満でもプライベートバンクサービスを受けることができます。信用金庫だと500〜1000万円程度の残高があれば担当者がつくと言われていますが、プライベートバンクに関しては「1億円以上」がサービスを受けられる対象であり、プライベートバンクを活用する層であるといえます。

誰でも利用できるわけではなく、 ・企業の社長、ビジネスオーナー ・投資家 ・代々受け継がれた土地や資産がある資産家 といった限られた層の方が利用するサービスであるということです。

2. 三菱UFJ銀行のプライベートバンクはどういったサービスを行なっているのか?

2.1 契約者オーダーメイドのサービス提供

 ブランドサイトには

・事業承継

・資産承継

・資産運用

・事業資金調達

・不動産や相続に関する相談

といったサービス内容が並んでいます。

https://www.bk.mufg.jp/soudan/shisan/lp/about/

(参考:三菱UFJ銀行 ウェルスマネジメントブランドサイト)

さらに「MUFGは、「銀行」「信託」「証券」に加えて、さまざまな専門知識とノウハウをもったグループ関連会社や、数多くの提携先を含めた幅広いネットワークを保有しています。グループ内外の幅広いネットワークを駆使して、 法人と個人にまたがるさまざまなニーズに対して、迅速かつ的確なソリューション提供をグループ一体となり対応いたします。」と書いてあります。

通常銀行のサービスは内容を具体的に紹介していますが、プライベートバンクに関しては具体的な内容までは表立って紹介されていません。その代わり契約者個々の事情を汲んだオーダーメイドのサービスを提供し、契約者のニーズに応えています。

2.2 投資一任契約による資産運用サービス

プライベートバンクの契約を行うと、プライベートアカウント(口座)を開設することになります。プライベートアカウントを開設すると投資一任契約を結び、資産運用を三菱UFJ銀行で行ってくれます。

顧客オーダーメイドにポートフォリオを構築し、株式・債券・投資信託の割合を調整してラップ口座を作成します。顧客は定期的にレポートを受け取るのみで、運用は銀行に一任することになります。 顧客が自分の判断でポートフォリオを構築するため、高額の資産を保持する目的であってもさらなる資産拡大を図る目的であっても顧客の意向に沿った運用を行うことができます。

2.3 モルガン・スタンレー証券からの商品提案

三菱UFJ銀行のプライベートバンクの紹介ページには三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券の名前が掲載されています。

https://www.pb.mufg.jp/rwd/

(参考:三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券ホームページ)

MUFGグループである三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券は2006年にメリルリンチ日本証券個人顧客グループが営むプライベート・バンキング/資産運用事業等を会社分割により承継、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の資本参加により、合弁会社として誕生したものです。

一般顧客を対象としている三菱UFJモルガン・スタンレー証券とは別のプライベートバンキングを専門としている証券会社です。 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券はMUFGグループの一員であるため、三菱UFJ銀行のプライベートバンク契約を行うとモルガン・スタンレーPB証券からの商品提案や海外からの情報提供を受けることができます。

3. 三菱UFJ銀行のメリット

3.1 富裕層向けサービスや人員が拡充傾向である

MUFGグループの三菱UFJ信託銀行や先ほど紹介した三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券をはじめ、プライベートバンキング業務に従事するプライベートバンカーやフィナンシャル・アドバイザー(FA)の募集を続けています。

人員を拡充させ、体制を強化しているため今後プライベートバンクに関連する顧客拡大を図るためのサービス拡充が期待できます。 三菱UFJ銀行としても富裕層の顧客の増加は取り扱う資金が多い点もあり収益増に大きく貢献することになります。

今後さらにプライベートバンクに関連するサービスが向上することが予想されます。これは利用者にとってはメリットとなります。

3.2 三菱UFJフィナンシャルグループの各社連携のサービスが受けられる

先ほど紹介した三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券以外に、

・不動産を扱う三菱UFJ不動産販売、三菱UFJリース

・信託業務に精通した三菱UFJ信託銀行

・シンクタンク・コンサルティングを得意とする三菱UFJリサーチ&コンサルティング

といったMUFG関連会社が存在します。 専門性を有した関連会社から以下の幅広いサービスを受けることができます。

・事業承継:計画の立案やM&A・MBO・IPOのサポート

・資産承継:遺言信託、生前贈与の相談受付

・資産運用:ポートフォリオの提案、ラップ口座の運用

・不動産:売買の仲介、有効活用の提案、土地価格評価の鑑定

・資金調達:事業融資などのサポート

・金融以外のサービス:ファミリーオフィスの設置、子弟の留学対応

これは銀行業務以外に証券・信託・不動産・その他付随サービスまでMUFGグループで横断的なつながりがあるからこそ実現できるものであり、三菱UFJ銀行でプライベートバンクサービスを利用するメリットでもあります。

4. 三菱UFJ銀行のデメリット

ここまでは三菱UFJ銀行のプライベートバンクを利用するメリットを紹介しました。一方で三菱UFJ銀行を始めとした日本国内のプライベートバンクを利用する場合のデメリットもあります。

4.1 担当者の入れ替え

プライベートバンクの担当者(プライベート・バンカー)は幅広い知識と対応スキルが求められます。このため、銀行の中でも優秀な人材が配属されることが多いです。

ところが日本の銀行人事はジョブローテーション制を採用しているところが多く、数年単位で異動していきます。特に優秀な人材は幹部候補でもあるため積極的に異動することが多いです。三菱UFJ銀行も例外ではありません。

プライベートバンクは担当者がつき、担当者と綿密にやりとりをし、信頼関係を構築しながら顧客固有の対応をしていくことで価値が生まれるものであるため、顧客としては担当者が頻繁に変わらないで欲しいと感じます。

このため、杓子定規に数年単位で担当者が異動することに対して抵抗感を持つ方もおり、デメリットとなります。

4.2 商品提案力の弱さ

「4.1 担当者の入れ替え」で触れた担当者が頻繁に異動するデメリットはそのままプライベート・バンカー側にも影響します。 顧客と綿密にやりとりをし、顧客にリーチした商品提案ができるようになるにはプライベートバンカー自身が経験を積み提案力を高める必要があります。

ところが日本のプライベートバンクは担当者の異動が多く、経験の蓄積ができないため、商品提案力の高いプライベート・バンカーが出てくることを期待するのは難しいです。 担当者が異動してもノウハウが継承されれば問題ないのですが、日本の銀行では担当者が変わるとノウハウが継承されず、顧客から不満が上がることも多いです。

プライベートバンクでは一般よりも高度なサービスが求められますが、プライベートバンカー側の商品提案力が向上しないと高度で専門知識が必要となるレベルのサービスが利用できず顧客の不満に繋がる可能性があり、デメリットとなります。

4.3 金融商品などのセールスの多さ

日本国内の銀行は金融商品をなるべく多く販売することで、販売手数料を獲得し収益をあげるビジネスモデルとなっています。 このため、顧客にとって有益なサービスを提供することよりも、銀行にとってより多くの販売手数料・収益を獲得することが優先されます。

銀行の各部門には厳しい目標やノルマが課せられており、達成に向けて担当行員にプレッシャーがかけられます。これはプライベートバンク部門も同様です。

以前にかんぽ生命で顧客の意向を無視した強引なセールスが問題となりましたが、かんぽ生命ほど悪質ではないものの顧客の意向やリスク許容度を無視した金融商品のセールスが多い場合、顧客にとっては利用満足度の低下に繋がります。

本来プライベートバンクは顧客の資産状況やリスク許容度に適したオーダーメイドなサービスを提供することで満足度を向上させて、より活用してもらうことで収益獲得に繋げるサイクルを築いた方が銀行にも顧客にもメリットとなります。

顧客との信頼関係構築よりも、販売手数料や売上確保を優先するような担当者がついてしまうと意向に沿わない金融商品のセールスが多くなるデメリットがあります。

5. 三菱UFJ銀行のプライベートバンクのポイント

5.1 申し込めば誰でもサービスを受けられるのか

「1.2 どういった人がプライベートバンクを活用するのか」で既に述べた通り、プライベートバンクは富裕層向けに行うサービスであるため、申し込んだら誰でもサービスを受けられるものではなく、一定以上の資産を保有していることがサービス提供の条件となります。

三菱UFJ銀行のプライベートバンクを申し込むことができる条件は具体的に示されていないため、具体的な金額では示すことができませんが、「富裕層」と位置付けられるのは純金融資産1億円以上であることから、1億円以上の純金融資産を保持していることがサービスを受けられる目安になるものと思われます。

日本で超富裕層および富裕層と言われるのは127万世帯、日本人の2.3%です。

https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2018/cc/1218_1

(参考:野村総合研究所 ニュースリリース)

つまり、プライベートバンクのサービス提供を受けられるのはごく僅かな人であることがわかります。

5.2 国内銀行のプライベートバンクを利用する大きなメリット

プライベートバンクは日本国内の銀行だけではなく、海外の銀行でも取り扱っています。海外の銀行に資産を預けることになるため、資産の地域分散を図ることができます。 また多様なサービスや投資商品の提供を受けることができます。 では、国内の銀行でプライベートバンクを利用するメリットは何でしょうか。

(1)プライベートバンカーと日本語でやり取りできる

言うまでもなく国内の銀行であれば、担当者となるプライベートバンカーとは日本語でやり取りすることになります。海外の銀行ですと英語などの外国語が扱えないといけないため、人によっては不便に感じる部分となります。

プライベートバンクは資産管理や投資運用を任せっぱなしにするだけではなく、事業や相続、税金対策など様々なことを相談して、顧客にとってより良い資産状況を作ることが目的です。相談にあたってコミュニケーションが円滑に図れる国内銀行の活用はメリットとしては小さくないと思われます。

(2)海外の銀行に足を運ぶ必要がない

海外の銀行のプライベートバンクが行っている商品に関して、規制により日本国内では商品勧誘ができません。 このため、幅広い金融商品に関する詳細な提案を受けるには海外の銀行に足を運ぶ必要があります。

海外に支店がある、海外に積極的に足を運ぶ方であればそれほどデメリットには感じないと思いますが、多忙などの理由であまり海外に行かない方にとっては負担と感じる部分です。

「4.2 商品提案力の弱さ」で触れた通り、国内銀行のプライベートバンクは商品提案力に課題がありますが、銀行へ頻繁に足を運ぶことがないのであれば国内の銀行でプライベートバンクのサービスを受けた方が移動の負担が少ない分顧客にとってのメリットが大きいものと思われます。

三菱UFJ銀行はMUFGグループの強みを生かして信託・証券・不動産も含めた幅広い提案をすることが可能なので、国内銀行から選ぶ場合、有力な選択肢になると思われます。

5.3 三菱UFJ銀行のプライベートバンクを利用する判断基準

ここまでをおさらいすると

・プライベートバンクは主に富裕層以上のカテゴリーの方に向けたサービスである

・その中で三菱UFJ銀行のプライベートバンクは関連会社に信託・証券・不動産・コンセルティングといった様々なサービスを提供しており、関連会社と一体で顧客の資産管理・資産運用などに関する課題の解消を図っている

・一方で担当者の定期的な入れ替えや商品提案力の弱さなど国内の銀行特有のデメリットを抱えている

でした。 では三菱UFJ銀行のプライベートバンクはどういった方が利用すると良いでしょうか。

(1)これまでプライベートバンクを利用したことがない方

純金融資産が初めて1億円以上となった方は、資産管理や資産の承継などこれまで気にしなかった部分をフォローする必要が出てきます。

特に高額の資産運用に関してこれまであまり注意を払ってこなかった方は、どうしたら良いか分からないというケースも考えられます。 三菱UFJ銀行のプライベートバンクはこれまでも述べた通り、海外系であるモルガン・スタンレーPB証券も含めたMUFGグループの幅広いサービスを提供できるためこれまでプライベートバンクを利用したことがない方であればサービスの範囲としては十分だと言えます。

三菱UFJ銀行は国内でも屈指の資産規模を誇ります。銀行としての信頼性も高く、初めてプライベートバンクを利用する方にとっても安心して利用できます。

(2)銀行に足繁く通う余裕のない方

海外の銀行でプライベートバンクを契約すると、サービスの提供や提案を受けたりする度に海外の銀行に足を運ぶ必要があります。 本業が忙しい方はそもそも銀行に行く時間さえ惜しみます。まして海外まで行くとなると相当ハードルが高いです。

足繁く銀行に行く余裕がない方は資産の保全を目的とした運用などオーダーメイドなサービスよりも、銀行にお任せして手間をかけずに運用してくれることを希望します。海外よりも国内の銀行の方が足を運ぶ手間はかかりません。

その中で選ぶのであれば中小の銀行よりも大手都市銀行としての古くから実績のある三菱UFJ銀行を選択した方が良いと思います。

(3)海外の銀行に抵抗感がある方

プライベートバンクは金融以外の身の回りのことなど相談内容は多岐に渡ります。場合によっては銀行員の専門領域ではないことに関しても相談に乗ってくれることがあります。

様々な相談をするには担当者と信頼関係を構築することが必要となってきますが、海外の銀行の場合日本国内に支店があるところでない限り日本語でのサポートは難しくなってきます。 言葉の壁を気にしてサービスを活用できないのは勿体ないと考えている方にとっては国内の銀行を選択した方が無難です。

三菱UFJ銀行はプライベートバンク部門の人員強化を図っており、今後より質の高いサービス提供とレベルの高い担当者がつく可能性が高く、円滑なコミュニケーションに魅力を感じる方にとっては適しています。

(4)既に三菱UFJ銀行の各種サービスを利用している方

三菱UFJ銀行の口座を開設しており、プライベートバンク以外の一般向けサービスを利用している方は三菱UFJ銀行がどういった銀行であるかを既に把握しています。

特にローンの相談などこれまでに三菱UFJ銀行の窓口に足を運んでいる方は馴染みがある分、利用するのに抵抗感は少ないと思います。 プライベートバンクを利用するにあたり、新規の銀行よりは馴染みのある銀行の方が勝手が分かっていて利用しやすいと思う方は三菱UFJ銀行のプライベートバンクが適していると思います。

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します