SHARE

両親が離婚したら子供の相続権はどうなる?子供の権利を守る基礎知識

自分の両親が離婚した場合、相続権はあるのか、ということは気になりますよね?両親が離婚しても、子供との親子関係がなくなるというわけではありません。そのため、両親が離婚しても子供に相続権はあるのではないか、と考える方も多いです。

両親が離婚した後に相続が発生した場合はどのような遺産相続が行われるのでしょうか?両親が離婚しても子供に相続権はあるのか、また離婚後に再婚した場合はどうなるのか、ということを詳しく解説していきます。

1.両親が離婚した場合に子供に相続権はあるの?

両親が離婚した場合に、その子供に相続権はあるのかという疑問を持つ方も少なくありません。ここでは両親が離婚した場合の子供の相続権や、再婚した場合の相続権について説明していきます。

1.1.両親の離婚後でも子供に相続権はある

結論から言えば、両親が離婚した場合でも子供に相続権はあります。そのため、離婚した両親のどちらかが亡くなった場合に、子供は遺産を相続することができます。

また、両親が再婚した場合でも、子供は実の親の財産を相続する権利を持っています。両親が離婚し、母親が子供を引き取ったとしても、父親が亡くなった際には父親の遺産を相続する権利を持っているのです。

この関係性は離婚して何十年経っていても変わりはありません。離婚した後に、父親と何十年も会っていなかったとしても相続する権利は与えられます。

この関係性は、母親が他の方と再婚して子供ができた場合も変わりません。前の父親との関係性がなくなるわけではないので、そういった場合でも前の父親が亡くなれば、その子供は遺産を相続することができます。

1.2.離婚した後の配偶者には相続権がない

ここで気をつけておかねばならないことは、離婚した後の配偶者には遺産を相続する権利がないということです。離婚をすると夫婦関係は解消され、赤の他人となるため遺産を相続する権利はなくなります。

離婚した場合でも子供には相続権が残るので、前の夫や妻にも相続権が残るかと思っている方も多いですが、そうではないので気をつけておきましょう。

1.3.再婚相手の連れ子の相続は養子縁組をする必要がある

両親が離婚して再婚した場合、再婚相手の方の遺産を相続することはできるのでしょうか?再婚相手の配偶者の遺産を連れ子が相続するためには養子縁組をしなければなりません。

例えば、両親が離婚し、母親が子供を引き取ったとします。その後別の男性と再婚した場合は、再婚した男性の遺産を相続するためには連れ子を養子縁組にする必要があるのです。

この場合、子供は前の夫の遺産を相続する権利を持ち、再婚した男性の遺産も相続する権利を持っています。
しかし、養子縁組が普通養子縁組でなく、特別養子縁組の場合は実親の遺産を相続する権利はなくなります。特別養子縁組をすると、実親との親子関係が解消されてしまうからです。

特別養子縁組は実親との親子関係が解消され、養親のみが法律上の親となる制度であるため、その点においては気をつけておかなければなりません。

1.4.両親の離婚後の子供にも代襲相続が認められる

相続には代襲相続という制度があります。代襲相続とは、相続人となるべき者が相続開始前に亡くなっていた場合や、相続欠格や排除に該当する場合などに、その直系卑属が相続する権利を持つことができるという制度です。

両親の離婚後の子供にもこのような代襲相続な制度が認められます。

例えば、両親が離婚し、母親が子供を引き取ったとします。その後、その子供の子供(両親からすると孫にあたる)が誕生しました。父親が亡くなる前に子供が亡くなっていた場合でも、その子供の子供(両親からすると孫)は父親の遺産を相続する権利があるということです。

2.離婚した場合に子供の相続分はどうなるの?

離婚した場合に子供にも相続権があるということがわかりました。しかし、相続する割合はどのようになるのでしょうか?

ここでは、離婚した場合に子供の相続分はどうなるのか、また、離婚後他の方と再婚し、養子縁組をした場合の相続分はどうなるのかということを説明します。

2.1.離婚した場合でも子供の法定相続分は変わらない

離婚した場合でも子供の法定相続分は、離婚しなかった場合と変わりはありません。子供の法定相続分は2分の1となります。

子供が3人いた場合は、「2分の1×3人」で、子供1人の当たりは遺産の6分の1を相続することができる権利を持っています。例え離婚後に他の方と再婚した場合でも、法定相続分に変わりはありません。

2.2.再婚相手の連れ子の場合でも法定相続分は変わらない

離婚後に他の方と再婚し、養子縁組をした場合の法定相続分も離婚しなかった場合と変わりはありません。この場合、子供は前の夫の遺産を相続する権利を持ち、再婚した男性の遺産を相続する権利も持っています。

例えば、両親が離婚し、母親が子供を引き取ったとします。その後別の男性と再婚し、子供を養子縁組とした場合でも、実の父親の遺産を2分の1の割合で相続する権利を持っており、養親の遺産も2分の1の割合で相続する権利を持っているということです。

しかし、前述したように特別養子縁組をした場合は実の父親との親子関係が解消されてしまうため、遺産を相続することはできなくなります。

3.離婚して相手方に引き取られた子供を相続人から外す方法は?

離婚した相手に引き取られた子供に、遺産を相続させたくない場合もあるかもしれません。その場合はどうしたらよいのでしょうか?ここでは、離婚した相手に引き取られた子供を相続人から外す3つの方法を紹介します。

3.1.遺言書を作成して子供を相続人から外す

遺言書を作成して、離婚した相手に引き取られた子供の相続権をなくすという方法もあります。例えば「再婚後の妻と子供に遺産を相続する」という遺言書を残しておくことで、離婚した相手に引き取られた子供を相続人から外すことも可能です。

しかし、気をつけておかなければならないことは、遺言書の効力は絶対ではないということです。遺言書の内容は相続人同士の話し合いにより変えることもできます。

また、相続には遺留分というものがあります。遺留文とは、一定の条件を満たす相続人に対して最低限の財産を保証する制度です。離婚した相手に引き取られた子供にもこの遺留分があるため、全く遺産を相続させないということは難しいです。

しかし、遺留分は自動的に認められるものではなく、その権利者が返還を請求する必要があります。つまり、離婚した相手に引き取られた子供が、遺留分を請求しなければ遺産を相続させる必要はなくなります。

3.2.子供に相続放棄するように説得する

どうしても遺産を相続させたくないということであれば、子供に相続放棄するように説得するという方法もあります。相続放棄とは、言葉の通り相続する権利自体を放棄することです。

相続する権利を放棄するので、代襲相続することもできなくなります。遺産の中に不動産や預貯金などのプラスの財産よりも、借金などのマイナスの財産が多い場合に相続放棄をすることが多いです。

もしそういった事情があるのであれば、相続放棄するように説得するのも一つの方法です。しかし、相続放棄を説得する際に、騙したり脅したりすることは罪に問われる場合があるのでやめましょう。

3.3.子供が相続排除になるか検討する

相続人の排除にあたる場合は相続人ではなくなります。離婚した相手に引き取られた子供に相続をさせたくない場合は、相続廃除になるか検討するというのも一つの方法です。

相続廃除とは一定の要件を満たした場合に認められる制度です。一定の要件として「推定相続人が被相続人に対して虐待をしたとき」「推定相続人が被相続人に重大な侮辱を加えたとき」などがあります。

つまり、離婚した相手に引き取られた子供が、前の配偶者に対して虐待したり侮辱を加えたりした場合には相続排除することができます。

また、離婚した相手に引き取られた子供が、故意に前の配偶者もしくは相続について先順位若しくは同順位にあるもの死亡させたり、詐欺又は強迫によって相続に関する遺言などに対して妨害を加えたりした場合は相続欠格となります。

相続欠格となった場合も遺産を相続する権利はなくなります。しかし、気をつけなければならないことは、相続廃除や相続欠格になった場合でも代襲相続は認められるということです。離婚した相手に引き取られた子供が相続廃除相続欠格者になった場合、その子供に子供(両親からは孫にあたる)がいれば相続権を得ることができます。

4.離婚して相手方に引き取られた子供とも遺産分割協議が必要

離婚して相手に引き取られた子供にも相続権があるため、その子供とも遺産分割協議が必要です。ここでは、その子供と連絡が可能な場合、連絡が取れない場合の二パターンについて解説します。

4.1.連絡が可能な場合は遺産分割協議しなければならない

離婚して相手に引き取られた子供にも相続権があります。そのため相続人は引き取られた子供にも連絡を取って、どのように遺産を分けあうのか遺産分割協議をしなければなりません。

例えば、前の配偶者2人の子供がいて、子供2人とも母親に引き取られたとします。その後、父親は再婚し1人の子供を儲けて亡くなった場合、相続人は前の配偶者の子供2人と、現在の配偶者とその子供1人になります。

そのため、現在の配偶者とその子供は、前の配偶者の子供2人に連絡を取って遺産をどのように分けるか話し合わなければなりません。

4.2.連絡が取れない場合は不在者財産管理人が必要

前の配偶者との子供と連絡が取れない場合はどうしたらよいのでしょうか?

その場合は、家庭裁判所に申し立て、不在者財産管理人を選定してもらわなければなりません。不在者財産管理人が認められると、前の配偶者と子供の代わりに不在者財産管理人が遺産分割協議に参加することができます。

まとめ

両親が離婚した場合でも子供に相続権はあります。また、両親の離婚後、他の方と再婚し養子縁組をした場合でも、実の親との親子関係が解消されるわけではないので相続権はなくなりません。

しかし、特別養子縁組をした場合は、実の親との親子関係が解消されるので、相続権がなくなるということに注意しておきましょう。

両親が離婚し他の方と再婚した場合でも、相続できる割合、つまり法定相続分に変わりはありません。代襲相続の制度も認められます。

また、離婚して引き取られた子供に遺産を相続させたくない場合は、遺言を作成する方法や、相続放棄を説得する方法などがあります。しかし、そういった場合は大きなトラブルになる可能性も高いので、一度専門家に相談してみましょう。

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します