SHARE

コモディティ投信とは?メリットやデメリットを徹底解説!

投資信託は様々な資産に投資をすることができる金融商品です。株式や債券、不動産に投資をするものが主流ですが、「コモディティ」と呼ばれる資産に投資をする投資信託があります。

コモディティ投信とはどのようなものなのでしょうか。メリットやデメリットを解説します。


1.コモディティ投信とは


コモディティとは「商品」のことです。コモディティ投信で購入する「商品」には様々なものがあります。

商品は需要と供給で日々価格が変動します。将来価格が上昇しそうな商品を購入することで利益を得ることができるのです。コモディティ投信を利用して購入できる投資対象を確認してみましょう。



1.1.エネルギー関連の商品

エネルギー関連の代表的な商品は原油です。原油価格は世界の需要によって値段が大きく変動します。原油の他に天然ガスや軽油なども取引されています。

1.2.工業用の金属

工業用の金属にはアルミニウムやニッケルなどがあります。新興国等の経済発展により工業用の金属の需要が高まる可能性があります。そのため、工業用の金属の価格は各国の経済発展とも密接に関係しています。

1.3.貴金属

金や銀などの貴金属もコモディティとして取引されています。金は有事の「金」とも言われており、株や債券が下落する局面で上昇することも多いことが知られています。そのため、分散投資の効果が高く伝統的に人気があるコモディティ資産の一つです。


1.4.農業生産物


小麦、大豆、とうもろこし、コーヒーなどの農業生産物もコモディティ投信を通じて購入することができます。これらの農業生産物の価格は生活とも密接に関係しているため、農業生産物に投資をしておくことで将来のインフレに備えることができます。

1.5.家畜生産物

豚肉や牛肉などの家畜生産物にも投資をすることができます。一般的に国民の所得が上がれば上がるほど肉類を食べる期間が増えると言われており、新興国の経済発展により肉類の需要が高まると価格が上昇する可能性があります。

2.コモディティ投信のメリット


コモディティ投信にはどのような魅力があるのでしょうか。具体的に確認しておきましょう。



2.1.株や債券とは異なる値動きをする


コモディティ投信は株や債券と異なる値動きをすることが一つの魅力となっています。
資産運用の世界では「卵を一つのカゴに盛るな」という格言があります。
この言葉の意味は資産をひとつの投資対象に集中させず、さまざまな商品に分類させることで安全に運用ができるというもの。
コモディティは株や債券とは異なる値動きをするため、分散投資をする際のひとつの選択肢となるでしょう。



2.2.インフレに強い

インフレとは物価が上昇することです。日本は長くデフレの状態が続いており、インフレというリスクに対する管理が疎かになっている方も多いのではないでしょうか。
インフレが起こるとモノの値段があがるため、相対的にお金の価値が下がります。

今、保有している資産の価値を下げないために必要なのがインフレ対策です。
コモディティ投信は商品の価値に連動して価格が上昇したり下落したりしますので、インフレ対策には最適な投資と言えるでしょう。
特にインフレ対策を必要としているのは年金で生活をしている高齢者です。

年金はインフレに伴い金額が上昇する仕組みとなっていますが、「マクロ経済スライド」と言う仕組みがあり、インフレによる年金の上昇額は限定されています。
そのため、年金を主な収入源としている方にとってインフレ対策としてコモディティ投信は有効な手段と言えるでしょう。



2.3.複数の商品を購入できる


コモディティ投信の魅力はさまざまな商品をひとつの投資信託で購入することができます。
投資信託は多くの人からお金を集めてプロが運用する仕組みです。

一人一人の投資する金額が少額でも多額のお金を運用することができます。
そのため、ひとつの投資信託でエネルギー関連や食品関連などさまざまな商品を購入することができます。




3.コモディティ投資のデメリット


コモディティ投資にはデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか具体的に確認しましょう。



3.1.配当や金利が無い


コモディティは債券や株のように金利や配当があるわけではありません。
金利や配当は長期間投資を続ければ続けるほど貯まっていくため有利に働きます。

しかし、コモディティ投資には利回りがありません。そのため、長期間投資をしても確実に利回りが取れるわけではなく、商品の値上がりがなければいくら長期間保有しても利益をでることができません。

3.2.価格予想が難しく、変動幅が大きい

コモディティには株価のようにPBRやPER等の指標がありません。気候等、様々な要因で価格が変動するため、株や債券と比べても価格予想が難しい投資です。

コモディティの価格予想は各商品の専門知識が必要となるため、素人に予測することは困難と言えるでしょう。また、コモディティは値動きが比較的大きいため、ハイリスクハイリターンの投資です。

コモディティに投資をする場合は株や債券等と分散しながら余裕資金で少額から始めるようにしましょう。

3.3.個別の商品だけ売ることはできない

コモディティ投信は様々な商品をセットで購入できることが一つの魅力になっています。一つの投資信託でエネルギー関連や畜産物等様々な商品に投資をすることができます。

しかし、投資信託はあくまであらゆる商品が入った金融商品として売られているので、一部を売却し、一部を保有し続けるということはできません。

例えば、エネルギー関連の商品が値上がりし、農産物が値下がりすると予想した場合でも保有している投資信託のうち、農産物の部分だけ売却するということはできません。

3.4.為替リスクがある

コモディティ投信はアメリカやヨーロッパ等、海外の市場に投資をしていることが多く、コモディティの価格以外にも為替の影響を受けます。そのため、コモディティ価格が上昇したとしても為替により変動で損失が出る可能性もあります。

コモディティ投信は商品の価格だけでなく、為替の影響もあるということは認識しておいた方が良いでしょう。

4.投資信託以外でコモディティ投資をする方法

コモディティ投資をする際には投資信託以外の方法で購入することも可能です。どのような方法があるか確認してみましょう。

4.1.商品先物取引

商品先物取引とは特定の商品を特定の価格で期日内に売買する約束をしておくものです。例えば、3ヶ月後に大豆が上昇していることを予測して1キロ1万円で購入すると約束をしたとします。

3ヶ月後に大豆の価格が1キロ1万1,000円になっていれば、1,000円の利益が出ます。逆に大豆の価格が1キロ9,000円に下がってしまった場合、1,000円の損失が発生します。商品先物の特徴は下落すると予想した場合、「売り」から入るということもできると言う点です。

売りから入るを簡単に説明すると、大豆が下落すると予想した場合、3ヶ月後に大豆を1万円で「売却」すると約束しておきます。3ヶ月後に大豆が予想通り下落し、1キロ9,000円になった場合には1,000円の利益を得る事ができます。逆に1キロ1万1,000円に値上がりしてしまった場合には1,000円の損失が発生します。

商品先物は証券会社で原油等の個別商品を先物取引で購入することができますので、特定商品の上昇や下落を予想して購入することができます。先物取引では投資をした金額の何倍もの金額で投資をすることができます。実際に投資をした金額よりも大きな金額で取引をすることを「レバレッジをかける」といいます。

レバレッジをかけることで、予想が当たった場合には大きな利益を得る事ができますが、予想に反する値動きをした際には投資した金額以上の損失が発生することもあります。投資した金額以上の損失が発生した場合は追加で投資資金を支払う必要があります。

4.2.「eワラント」

「eワラント」とは上昇すると収益が得られるコール型と下落すると利益が得られるプット型があります。「eワラント」は株価指数や為替相場、コモディティ等あらゆる指数に連動するリンク債を発行し、指数の変動によって利益が得られる商品です。

「eワラント」は実際の値動きの数倍の取引をするため、少額でも大きなリターンを得る事が可能です。「eワラント」は投資した金額が0円になることはありますが、投資をした金額以上に損失が発生することはありません。

4.3.ETF

ETFとは「Exchange Traded Fund」の略で日本語にすると「上場投資信託」です。ETFは日経平均やNYダウ等様々な指数に連動して変動する投資信託の一種です。

ETFには商品の価格に連動するものもあります。商品の価格に連動するETFに投資をする事で金や原油、大豆などの値上がりで利益を得る事が可能です。ETFは手軽に投資ができる手法として人気があります。

4.4.現物を購入する

コモディティ投資では現物を購入して保管するということもできます。例えば、金の延べ棒を購入して保管するというような方法です。貴金属であれば自分で保管できるというメリットがある一方で保管場所の確保や盗難にあうリスクがあります。

5.「コモディティ」市場の展望

今後のコモディティ市場はどうなっていくのでしょうか。コモディティ投資においてポイントとなる点をご紹介します。

5.1.新興国の経済成長による需要の高まり

コモディティは様々な分野がありますが、あらゆる商品において共通しているのは人口が増加して、経済が発展すれば、商品の需要が高まる可能性が高いと言えます。

今後のコモディティ市場を左右するのは新興国経済の成長であるとも言われています。エネルギー関連の商品や工業用勤続等は新興国経済が成長すれば急速に需要が高まり価格が上昇する可能性があります。

また、食品関連でも贅沢な暮らしをする人が増えれば肉類の消費が増えることが予想されます。新興国経済の成長はエネルギーや工業用金属だけでなく、肉類や家畜を育てるためのコーン等の飼料の価格を高める可能性もあります。

5.2.株や債券と違う値動きがするものとして注目が集まる可能性

年金2000万円問題がきっかけとなり、日本では投資に対する注目度が高まっています。既にアメリカを中心とする欧米では個人金融資産で投資をすることが一般的になっています。

今後も世界中でその流は加速するとみられ、個人投資家が増える可能性が高いと言われています。個人投資家は基本的に「長期・分散・積立」での投資が良いとされています。アメリカでも個人型確定拠出年金の普及などにより、「長期・分散・積立」が主流となっており、日本の金融庁も推奨しています。

一般的には株式や債券のマイナス要因である地政学リスクや災害等によってコモディティは値上がりすることも多くあります。そのため、「分散」においては株や債券とは異なる値動きをする資産としてコモディティが今後注目を集める可能性が高いと言えるでしょう。

5.3.投資信託等の活用で投資対象として身近な存在に

コモディティはかつて、購入するルートが乏しく、一部の機関投資家によって売買が行われていました。また、コモディティ投資は現物で保管することが難しい投資です。大豆や小麦等は個人投資家にはとても保管することはできません。

また、貴金属以外のコモディティは劣化することも多く、投資には不向きな資産でした。しかし、投資信託等の販売経路が確立されたことで個人投資家でも気軽に投資をすることができるようになっています。そのため投資家の裾野が広がっており、コモディティ投資に向かう資金は今後増えていくことが予想されます。

まとめ

コモディティ投信はエネルギー関連の資源や工業系の勤続、農産物等に投資をする投資信託です。コモディティは株や債券等とは異なる値動きをするため、分散投資をするうえで一つの選択肢となり得ると言えるでしょう。

一方で最近のように金利収入が無く、長期投資によるメリットは享受できません。また、値動きが大きく予測が難しいため初心者向けの投資ではありません。資産の大部分をコモディティ投信で運用するというものではありません。

今後は新興国経済の発展や個人投資家の資金がコモディティに向かうことなどにより、コモディティ市場は拡大する可能性が高いと言えます。分散投資の一環として、「コモディティ」も選択肢として入れておいても良いでしょう。

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します