SHARE

保険の活用で資産運用ができる?その具体的内容とは?

この記事をご覧の皆さんの中には、保険で資産運用を行うにはどのようにすればいいのかという疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

資産運用とは株や債券、投資信託、不動産などの資産で行っていくというイメージがあると思いますが、実は保険商品を利用することによって株などにはないメリットを生かして金融商品などの初心者の人でも安心して資産運用ができます。

そこで、この記事では保険で資産運用を行うにはどのようにすればいいのか、おすすめの保険商品にはどのようなものがあるのかなどについて説明していきますのでご一緒に見ていきましょう。

1.保険で資産運用できる仕組みとは?

保険を活用して資産運用する仕組みの中で重要になるのが、貯蓄保険という保険商品の存在です。

この保険の特徴である貯蓄性のある保険を活用すれば、保険契約の満期まで保険料を支払い続けることによって支払ったお金以上の返戻金が返ってくるので資産を積み増していくことが可能です。

支払った保険料は保険金の支払いの原資としても使われますが、それとともに保険料を原資として保険会社が株や債券などの資産に変えて運用し利益を出すことによってその分を保険金、解約返戻金などの支払いに充てられ、それらが私たちの資産の一部になります。

貯蓄保険での資産運用は、株式投資やFXのようにすぐに利益が出るようなことはあまりありませんが、元本保証を受けながら資産の運用をすることができるので資産運用の経験や知識の浅い初心者の人に向いた資産運用方法と言えるのではないでしょうか。

2.資産運用型保険のメリット

資産運用型保険のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか、具体的には以下のようなものがあります。

2.1.元本保証を活用して資産運用ができる

資産運用型保険活用のメリットの1つ目には、元本保証を活用して資産運用ができることが挙げられます。

通常の資産運用では株式や投資信託などが有名ですが、貯蓄保険を活用すれば、解約時期が満期または契約時から決められた期間を過ぎるまで契約を継続するという条件付きですが元本の保証を受けられながら資産の運用ができます。

条件付きではありますが、元本割れのリスクを負うことなく資産運用ができるという点は初心者の人には非常に魅力的な点ではないでしょうか。

2.2.資産運用の本格的な知識や経験が不要

資産運用型保険活用のメリットの2つ目には、資産運用の本格的な知識や経験が不要であることが挙げられます。

株式投資やFX、債券、不動産投資など多くの資産運用方法がありますが、どの資産運用もある程度のまとまったお金や一定以上の知識、経験が必要になり簡単に資産の運用をして資産を積み増していくことができません。

しかし、資産運用型保険を活用すれば、保険料を毎月支払っていくだけで資産の運用を始めることができるので初心者の人でも安心して始めることができます。

2.3.万が一の場合には保険金を受け取れる

資産運用型保険活用のメリットの3つ目には、万が一の場合には保険金を受け取れることが挙げられます。

資産運用保険には貯蓄型の生命保険などの保険商品を活用して資産運用を行っていくのですが、これらの商品は解約返戻金のみならず被保険者が死亡したなどの一定の条件を満たした場合に死亡保険金を受け取ることもできます。

解約返戻金を活用しながらも、保険契約中に被保険者に万が一のことがあっても保険金の支払いを受けることができるので安心できます。

2.4.節税を行いながら資産運用ができる

資産運用型保険活用のメリットの4つ目には、節税を行いながら資産運用ができることが挙げられます。

支払った保険料は生命保険料控除という所得税・住民税から税金が控除する制度を活用することによって自身の所得の節税方法としても利用することができます。

貯蓄保険を活用しての資産運用によって自身の資産の積み上げを行うだけでなく、節税方法としても利用できることからより不必要な費用を削ったうえで効率的に資産運用を行うことができるというメリットもあります。

3.資産運用型保険のデメリット

資産運用型保険のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか、具体的には以下のようなものがあります。

3.1.貯蓄型保険を活用するため保険料が高めである

資産運用型保険活用のデメリットの1つ目には、貯蓄型保険を活用するため保険料が高めであることが挙げられます。

貯蓄型保険は掛け捨て型の保険と比べて月々の支払い保険料が高く、月々の生活費などとのバランスが取れていないと途中で解約せざる負えなくなり、低い額の解約返戻金しか受け取れないので効率的に資産形成ができず、貯蓄保険を活用した意味がなくなります。

保険で資産運用を始める際には、自身の生活の範囲で無理なく支払っていける保険料を最初に設定し行うことが重要になるので、日ごろから自身の生活費などをある程度計算しておき支払い可能額を決めておきましょう。

3.2.長期的に保険料を支払っていくことが必要

資産運用型保険活用のデメリットの2つ目には、長期的に保険料を支払っていくことが必要であることが挙げられます。

前述のとおり、保険での資産運用には貯蓄保険を活用していくので一定期間以上は解約することができず、保険料を長期間払い続けることが必要になります。

よってすぐに現金化することはできないので注意しなければなりません。

4.おすすめしたい資産運用型保険のご紹介

資産運用型の保険についてのメリットやデメリットについては理解していただけたと思いますが、具体的にはどのような保険に加入すればいいのでしょうか。

この段落では、おすすめしたい資産運用型保険について以下において紹介していきます。

4.1.オリックス生命ライズ

おすすめしたい資産運用型保険の1つ目としては、オリックス生命ライズの貯蓄型保険が挙げられます。

オリックス生命ライズの貯蓄保険は、死亡保障が一生涯にわたり続く保険であるので何かあった時に家族のために保険金を残すことができるうえ、加入時の保険料を固定して払い続けられるので計画的に積み立てを行うことができます。

また、保険の受取金額は200万円~5,000万円までの間で設定することが出来るうえ、終身払い、短期払いなどのように払込期間を事前に決めて保険料の支払いを行うことも可能です。

払込の期間は、10年、15年、20年払いなどの年数、50歳、55歳、60歳など払い込みが終わる年齢で決めることもできるので、自身のライフスタイルに合わせて柔軟に支払いの計画を立てることができるので非常に利便性が高い保険商品の1つとなっています。

商品詳細はこちら

4.2.損保ジャパン一生のお守り

おすすめしたい資産運用型保険の2つ目としては、損保ジャパン一生のお守りが挙げられます。

この保険の特徴としては、①保障は一生涯続くので死亡保険金を受け取れる、②保険料を抑えて解約返戻金を活用でき、③三大疾病に関しての所定の事由に該当したら以後の保険料が不要、④要介護1以上に該当した場合には介護一時金が受け取れることなどがあります。

解約返戻金の受取の他、被保険者が保険契約中に死亡した場合や病気になった場合にも対応しているので資産形成のみならず健康面などにも活用することが可能なおすすめの保険商品の1つとなっています。

商品詳細はこちら

4.3.住友生命バラ色人生

おすすめしたい資産運用型保険の3つ目としては、住友生命バラ色人生が挙げられます。

住友生命バラ色人生は、契約満了後の解約返戻金の返戻率は保険商品の中でも上位の数字であるうえ、生涯にわたり死亡・高度障害の際の対策としても利用できるタイプの終身保険になっています。

また、契約年齢範囲は15~75歳となっており保険商品の中でも範囲は広い点も特徴であるうえ、以下のような特約を付けることもできます。

・リビング・ニーズ特約(余命6か月以内と判断された際に、死亡保険金の全部または一部を前払請求できる)
・がん長期サポート特約(がんで所定の状態と診断された際に、死亡保険金の全部または一部を前払請求できる)
・保険契約者代理特約(契約者に代わり社所定の手続きが行える)
・被保険者代理特約(被保険者に代わって給付金や保険金を請求できる)

資産運用面のみならず、上記のような特約を付けられることから非常に手厚い補償内容を提供してくれている優れた保険商品の1つと言えるでしょう。

商品の詳細はこちら

4.4.東京海上日動あんしん生命の「長割り定期」

おすすめしたい資産運用型保険の4つ目としては、東京海上日動あんしん生命の「長割り定期」が挙げられます。

東京海上日動あんしん生命の長割り定期は、経営者向けの保険という特徴を持っており、①事業保障資金の確保、②死亡退職金・弔慰金の確保、③勇退時の退職慰労金の確保、④勇退後の事業承継、相続対策資金の準備などの目的に活用することができます。

また、払込期間などにも左右されますが、契約期間が21年の場合には返戻率が100%を超えるので支払った保険料の累積の額よりも多くの返戻金を受け取ることができ、資産運用にも活用することができます。

自社の安定的な経営のためのリスクヘッジにも利用できるほか、経営者自身の資産運用にも活用できることから一般に人向けの保険商品ではありませんが非常に使い勝手の良い保険商品の1つとなっているので,経営者の人は一度確認してみてください。

商品の詳細はこちら

4.5.明治安田生命「じぶんの積立」

おすすめしたい資産運用型保険の5つ目としては、明治安田生命「じぶんの積立」が挙げられます。

明治安田生命「じぶんの積立」の特徴としては、月々5,000円から保険料の積み立てを行うことができるうえ、保険料のお払込みは5年間で完了させることができるので長期的な運用のリスクを低減しつつ資産形成をすることができます。

また、健康状態にかかわらず加入できるうえ、診査・健康状態の告知が不要なので健康状態に自信がない人や診断結果を入手している時間がない人でもこの保険に加入することができます。

加えて、自身の結婚資金や自己投資のための資金作りのためなど様々な目的のために利用することができるうえ、満期での返戻率は100%を超えている高返戻率を記録しています。

商品の詳細はこちら

4.6.ソニー生命の「学資保険スクエアⅢ型」

おすすめしたい資産運用型保険の6つ目としては、ソニー生命の「学資保険スクエアⅢ型」が挙げられます。

ソニー生命の「学資保険スクエアⅢ型」の特徴としては、保険期間中に被保険者に何らかの問題が発生した場合、以後の保険料のお払い込みが免除されますが満期学資金のお支払いまでの契約は継続されるので安心して加入することができる点になります。

また、契約プランにもよりもよりますがホームページに挙げられている契約例の1つによると受取学資金総額:200万円、保険料払込期間が10年で完了の場合、受け取り返戻率が
105.5%という高返戻率になっており資産運用としても利用できます。

加えて、ソニー生命の「学資保険スクエアⅢ型」の保険の相談をしたい場合には、対面のみならずオンラインを通じての相談も行うことができるので、なかなか相談に行ける時間を捻出できない人でも気軽に相談できるので一度試してみると良いのではないでしょうか。

資産運用の初心者の人でも上記で紹介したような保険商品を活用することによって長期的視野で堅実に資産の運用を行うことができますが、資産運用の一環であるので当然のことながら注意しなければならない事項もありますのでその点についての確認、勉強は欠かせません。

上記で紹介した商品について興味のある人は、一度当該保険商品を取り扱っている会社のホームページをチェックして問い合わせを行ってみると良いのではないでしょうか。

商品の詳細はこちら

まとめ

ここまで、保険で資産運用を行うにはどのようにすればいいのか、おすすめの保険商品にはどのようなものがあるのかなどについて説明してきましたがいかがでしたか。

自身の老後の生活などを考えるうえでお金の問題は切り離して考えることはできず、将来の老後費用として計画的に資産運用を行い備えておくことは非常に重要であり、貯蓄保険の活用は専門的な知識や経験が無くても資産運用が始められる方法の1つになっています。

そこで、この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にして保険で資産運用を行うにはどのようにすればいいのかなどについての参考情報として活用してみると良いのではないでしょうか。

長くなりましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します