SHARE

日本だけで大丈夫?海外証券口座の必要性と設置

日本でFXを含め、証券投資経験を積むと、海外の証券投資に魅力を感じ興味を持たれませんか?

アップルやグーグルなど世界を代表する株、発展途上国の成長しそうな会社に魅力を感じ、投資を考える投資家が出て来て当然です。

海外証券へ投資の最大利点は、日本だけでなく世界中のすべての投資機会に拡大することが可能であることです。その結果、リスクの分散という主要な投資基準の1つを満たしています。日本に住んでいながら簡単にこれを実行する方法を探りたいと思います。

1.日本の証券投資だけではリスク分散できない理由

一般的投資家にとって、適切な情報、技術的な分析などによって、市場平均を一時的に上回る可能性があります。しかし、長期間市場を継続的にアウトパフォームすることは、ほとんど不可能で、そのような期待はむしろ非現実的です。

最良の投資戦略としては、全体的なリターンが比較的に低くても、投資ポートフォリオの多様化によって、出来るだけリスクを回避すると同時に、リターンを合理的な水準に保つことです。

日本の投資家が国内の株式しか投資しなければ、当然ポートフォリオの全体は日本の経済と結びついていて、その価値は日本の経済と連動され、景気が停滞したつど、好ましくない結果になります。

投資家がリスク管理の為、海外市場への投資を始め進めると、他国の経済が日本と異なる方向に動く可能性があるため、ヘッジ効果を十分得ることが出来ます。

もちろん、投資家は上手に高度成長国の株式を選ぶことが出来たら、リターンが一段と高くなります。

さらに、海外では、日本でアクセスできない投資機会が数多く存在します(例えばETF、米国の優良株アップル、グーグルなど、様々なデリバティブ商品)。

もう一つの副産品として、外国株式投資は外貨建てであるため、日本円が弱い時リスクをヘッジすることも出来ます。このリスクヘッジ効果も投資大原則の一つで非常に重要です。慎重な投資家は必ず追求します。投資多様化を通じたリスク軽減とは別に、海外投資の他の利点を以下のよう纏めました。

・日本以外の経済先進国への投資は比較的に安全と思われます。
・日本株の配当は相対的に低いので、通常は海外株の方が高いリターンが期待できます。これは外国企業が株主をもっと重視し経営陣も利益を最大化しなければ成り立てないため、できるだけ高い配当をして株主を満足させるからです。

実際には、単なる株式投資であれば、日本国内の証券会社(楽天証券、マネックス証券など)を通じて外国投資の国内証券口座を開設することも可能ですが、アドバイスとしては海外証券口座を開設することをお勧めします。

主な理由は国内の証券会社が提供する外国銘柄は非常に限られています。長期的な投資観点から見れば、証券口座を海外に開設したほうが有利です。

2.どこの海外の証券会社がおすすめ?

アカウントをどこの国でどのように開くかを詳しく調べてみましょう。まず日本の居住者にとっては、便宜上、地理的に近いほぼ同一時間帯の国を勧めたいと思います。

その発想で、おそらく香港とシンガポールが浮かんできますが、政府の介入が多い観点から見ると、一番適切な国は香港ではないかと思います。それは時差一時間で日本と近いだけでなく、金融ルールも世界で最も進んでいる市場の一つだからです。

無論、香港の金融市場では、HSBCやシティバンクといったような世界的に有名な多くの金融機関があることも重要ポイントです。

また、競争が激しい市場でもあるし、株式投資、外国為替、債券売買コスト(スプレード)など全般的に日本より安い手数料で済むことです。

海外証券会社の方ですが、信頼性、取り預かっている金融商品の種類・通貨、サービスの内容と言ったような基準から、Boom証券を推薦します。Boom証券は、日本の主要金融機関であり、東京証券取引所上場会社の日本のマネックスグループの傘下にあります。

香港のBoom証券は経験豊富なマルチリンガルのサービスチームを持ち、

・英語
・広東語
・中国語
・日本語

でコミュニケーションができます。90カ国以上のお客様にサービスを提供しているそうです。BOOM証券のウェブサイトにより、サービス内容を簡単に以下通り纏めました。

2.1.マルチマーケット(取り扱い可能海外マーケット)

・香港
・日本
・上海B
・深センB
・台湾
・米国
・シンガポール
・オーストラリア
・タイ
・インドネシア
・フィリピン
・韓国

上記の国の株式に加え、 百以上のミューチュアルファンドも全てインターネット上で取り扱うことが出来ます。具体的には、千五百以上の海外株式とETFが含まれています。その上、デリバティブとインデックスファンドも扱っています。アメリカ市場で出ているADRs(American Depositary Receipts)も取引できます。

2.2.マルチ通貨

BOOM証券に口座あれば、

・香港ドル【HKD】
・米ドル【USD】
・日本円【JPY】
・シンガポールドル【SGD】
・オーストラリアドル【AUD】

以上の5通貨を連携運用できます。これは国際決済にとって不可欠な要素です。

例えば口座開設時、日本から円のみを送金しても、その後商品購入時に該当通貨に自動交換されますので、為替取引の手間が省かれます。
したがって、必要な資金が口座にあれば、通貨が違っても決済を確実に行い、証券取引所のペナルティもなく取引をスムーズに運べます。

Boom証券の口座開設は非常に簡単です。アカウント開設者の「パスポート」や「国際運転免許証(または日本の運転免許証)」さえあれば出来ます。

証券口座開設は簡単な手続きですが、送金などのために香港の銀行口座が必要です。近年、日本人の銀行口座開設は、マネーロンダリング規制の関係で難しくなってきているし、香港銀行口座開設の方法は、英語か広東語ができる人は、パスポートと住所証明(英文)を持って現地銀行に行けば作れると思いがちですが、近年、日本人が大量に押しかけて業務を圧迫したため、金融取引許可のある仲介者を通さないと開設できない場合があります。

そこで、香港のBoom証券が有益な助言と支援を提供し役に立てています。Boom証券は顧客に、世界的に高い信用格付けを持ち、老舗銀行であり、グローバル規模のネットワークを有するHSBCの銀行口座を推薦しています。同行は、非常に優れて、使いやすいオンラインサービスも日本の顧客の間で高い評価を得ています。

3.Boom証券を通じて銀行口座開設するための具体的手続き

3.1.スケジュール調整

最初に申請書を記入するか、フリーダイヤル ”0120-380-993″で連絡して、スケジュールを調整します。必要があれば、予定された日に香港の空港で待ち合わせすることもできます。

3.2.口座開設のサポート

Boom証券は銀行口座開設に専門スタッフを派遣できます。通常、銀行で1時間ぐらいあれば手続きが終わります。

備考:Boom証券は銀行口座開設を積極的に支援しますが、口座開設後は口座管理には一切関与しません。個々の顧客は、自分の責任で自分のアカウントを運営し、管理しなければなりません。言うまでもないがBoom証券は、マネーロンダリングなどの違法目的の口座開設を固くお断りします。また、海外資産は日本の管轄から外れているため、日本政府は海外資産を管理することは出来ません。個人海外資産の合計額が5000万円を超える場合には、確定申告時個々に税務署へ申告する義務を必要とします。

香港では、政府が預金者を保護するために預金者保護スキームを立てています。
このスキームの下では、銀行業界のメンバーである香港の銀行(HSBCを含め)に保有されている適格預金を保護します。 例え適格預金を保有している銀行が倒産しても、最高50万香港ドルの限度額まで返してもらえると香港政府が保証します。

以上は、Boom証券の証券口座開設、銀行口座開設について要点を説明しました。もっと詳細を調べたい人は、以下のアドレスとウェブサイトを参照してください。

住所

Monex Boom Securities (H.K.) Limited

25th Floor, AIA Tower

183 Electric Road

North Point

Hong Kong

 

電話番号

+852-2255-8888(カスタマーサービス)

※月曜~金曜日 9:00AM~6:00PM(香港時間)※対応言語:英語、広東語、日本語(基本的な会話のみ)

 

HPアドレス

http://baby.boom.com.hk/en/

Eメールアドレス

service@boomhq.com

4.口座の特徴

4.1.メリット

日本株のほか、アジア・オセアニア、中国と米国など、17市場(12カ国)でオンライン取引ができる。信用取引も可能。日本から郵送で口座開設可能。

4.2.デメリット

配当の受け取りに手数料がかかる。

5.口座開設の条件

5.1.必要書類

<郵送の場合>

・口座開設申込書(ホームページにてオンライン申込書への入力・作成が可能。また、PDF版をダウンロードして手書きで記入してもよいが、これは第三者の認証必要*)。

・パスポートのコピー(認証必要*)

・住所証明書類(例として、発行日から3カ月以内の銀行残高証明書原文)

・W-8BEN(米国株取引をする場合に適用)
*1万香港ドル以上の香港ドル小切手を同封すれば認証免除

<香港のBOOM窓口の場合>

・パスポート

・住所証明書類(発行日から30日以内の銀行残高証明書原文)

・W-8BEN(米国株取引をする場合に適用)

・手続き方法:窓口(事前予約必要)

口座の特徴

・預金通貨:香港ドル、日本円、シンガポールドル、豪ドル、米ドル

・口座の種類:キャッシュ口座、マージン口座

・現物投資商品:香港、上海・深圳B株、台湾、日本、韓国などアジア・オセアニアおよび米国市場の12カ国、全17市場。信用取引商品:香港、日本、シンガポール、オーストラリアと米国。

・取引ツール:インターネットか電話かで取引を行う

・手数料:香港株売買手数料0.18%(最低88香港ドル)、口座開設手数料200香港ドル(または26米ドル)

・最低預入額:なし

6.会社概要

アジア・太平洋地域初のマルチマーケット・オンライン証券会社
1997年に香港で設立されたオンライン専業証券会社。アジア・太平洋地域でマルチマーケットのオンライン取引を最初に始めた証券会社として知られます。

2010年7月に、日本のマネックスグループが経営権を取得、2011年8月より、Boom Securities (H.K.) LimitedからMonex Boom Securities (H.K.) Limitedに社名が変更されました。

BOOMはBeyond Other Ordinary Markets(一般市場の枠を超えて)の頭文字からとった名前で、ひとつの口座で12カ国、17市場、5通貨を管理・取引できるのが特徴です。

BOOMに口座を開設すると自動的に投資家補償ファンド Investor Compensation Fundsに加入することになり、1人につき15万香港ドルまで補償されます。つまり、万が一投資会社が如何なる理由で支払い不能になった場合、全ての投資家に対して15万香港ドルまでの補償をします。

口座は大体2種類があり、キャッシュ口座( Cash Account)とマージン口座 (Margin Account)です。キャッシュ口座では、アジア11カ国と米国市場への株式投資が可能です。主要市場のETF、米国ADR、香港ワラントの取引と香港市場の新規公開(IPO)の申込みもできます。香港株の売買手数料は0.18%(最低88香港ドル)。香港および米国市場では、成行き、指値のほかストップロス注文なども可能です。

マージン口座を開設すると、香港、日本、オーストラリア、シンガポール、米国株(5カ国)の信用取引ができるようになります(カラ売りは不可)。信用取引では保有する株を担保にして2倍までの融資を受けられます(ただし利息は発生する)。
口座開設手数料として200香港ドルまたは26米ドルかかるが、最低預入額の規定はありません。サービス手数料は年間200香港ドル(または26米ドル)ですが、香港株のみの取引か、口座残高が1万香港ドル超えれば免除されます。

それ以外に配当の回収手数料として0.5%が必要(最低手数料は香港株20香港ドル、海外株15米ドル相当)です。

香港市場および米国市場のリアルタイム株価情報システムも利用できるが、これは有料で、少なくても月300香港ドル位がかかります。

*信用取引も可能。

事前両替することもなく、各市場での投資が可能

前記のように香港ドル、日本円など5つの通貨口座が連携運用できるので、たとえ
預金通貨と異なる市場の株式を購入する場合も、事前に両替する必要はなく、仮にシンガポール株を購入する際に米ドル口座から資金を使うよう設定することもできます。

マージン口座の場合、どの通貨の資産から優先的に利用するかを事前に決めておくこともできます。
口座に預けておくだけでも5,000香港ドル以上または1,000米ドル以上があればHSBC香港の普通預金( Passbook Savings Account)と同等の利息が付きます。

待機資金は香港ドルまたは米ドルで預けておくと申込書は簡単だが認証が必要です。

口座開設するのは現地で手続きをするほか、日本からの郵送でも出来ます。
ただし郵送の場合、パスポートおよび口座開設申込書の所定の欄に弁護士、公認会計士、行政書士などによる認証が必要になります(後で説明するように、HSBC香港やシティバンク香港の小切手を利用することもできます)。

必要書類は口座開設申込書とパスポートのコピー、住所証明書となる銀行の残高証明書、米国株取引用の「W-8BEN」です。
残高証明書は日本語でも問題ありませんが、英訳された証明書のほうが望ましいです。申込書はホームページ上で入力し、プリントアウトすれば良いです。

HSBC香港と合わせての利用が便利

申込書には取引銀行を記入する欄があります。日本の銀行でも口座開設に問題はないですが、BOOM証券をうまく使いこなすには、HSBC香港の口座との組合せをお勧めします。

HSBC香港に口座を保有している場合、口座開設申込書と一緒にHSBC香港の香港ドル個人小切手(1万香港ドル以上)を同封すればすでに本人の確認となり、パスポートコピーや申込書の認証が不要になります(シティバンク香港の香港ドル小切手も同様)。

口座開設後もHSBC香港やシティバンク香港の「Bill Payment(請求書払い)」サービスを利用すれば登録不要、手数料無料で資金移動ができます。(香港ドルのみ)。
香港に銀行口座を持っていない場合は、一々日本から電信送金か送金小切手で資金を送金しなければいけません。

7.まとめ

最後に、海外証券口座を利用するのは一体どんな人かについて纏めたいと思います。

一言と言えば日本にない金融商品のアクセスとリスクヘッジをしたい人です。金融商品について、記事の冒頭に外国の株式を上げましたが、ほかにも多数の金融商品があります。具体的に例を挙げると、外国債券、ETF、ファンド・保険投資、数え切れないデリバティブ商品などがあります。むしろ海外証券口座の設置は投資家にとって、投資の二大原則:ポートフォリオの多様化によるリスクの分散とリターンの安定化・最大化を達成する一石二鳥の狙いがあります。

その上、投資先の国景気と通貨が日本と異なるため、国内投資のリスクヘッジにも得られます。無論、海外証券口座だけでは全て解決したわけにはいけません。あくまでも日本の投資家にとって、世界に向かう一つの重要な窓口です。この窓口を通じて広い世界を勉強することができます。

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します