SHARE

投資は女性向き?女性に投資がおすすめできる理由を解説します

女性は一般的に男性よりも行動が消極的で貯蓄を好む傾向にあるとされているのをご存知でしょうか?貯蓄を好む女性にとって投資はお金を貯める行為とは真逆になるので、投資に対して抵抗を持つ人も少なくないでしょう。

しかし、投資は決してギャンブルではありません。投資はお金を失うものではなく、適切に運用すれば自己資産を守れる有効的な手段になります。将来に金銭的な不安があるなら、是非とも投資を始めてみてはいかがでしょうか。

それでは、女性に投資がおすすめできる理由などをご説明しましょう。

1.なぜ投資は女性におすすめできる?

投資といえばFX取引や株取引などを思い浮かべるかもしれませんが、女性におすすめできるのはこれらのようなハイリスクハイリターンの投資ではありません。確かに一攫千金は狙えるものの、失敗するリスクが大きすぎるので貯蓄を好む女性には不向きでしょう。

そんな時におすすめできるのが、リスクが少ない投資方法です。小額ずつでも少ないリスクでお金を増やすことができます。また、それ以外にも以下のような理由が挙げられます。

・預貯金だけだとお金は圧倒的に増えにくい

・老後の生活

・結婚するかどうかは分からない

預貯金を徹底していればお金は増えるかもしれませんが、その金利額は非常に微々たるものです。近年の預貯金の金利額は0.001%と非常に低いため、いかにお金を預けようと本当に少しずつしかお金が増えていかないのです。

また、昨今では老後の生活に2000万円が必要だと言われている中、投資がおすすめできるのは老後の生活をより安定させることにあります。基本的に仕事は定年を迎えると別の方法でお金を稼ぐ手段を見つけなければなりません。

ですが、投資に定年はないので、定年退職したとしても収入源が存在することになります。特に滞りなく年金を支払っていたとしても、年金生活が苦しくなるケースは非常に増えています。たとえば月々の生活費が10万円だった場合、年間で120万円もかかります。

これが20年で2400万円もかかるので、病気一つせず滞りなく生活できていたとしても老後のために2000万円も貯めるのは至難の業です。そしてもう一つ人生を左右するのが結婚ですが、全ての女性が

結婚する選択肢を選ぶわけではありません。

結婚するのであれば稼ぎに余裕が出て将来の不安に備えることができるかもしれませんが、結婚しないとなれば自分一人でお金を貯めなければならないでしょう。今現在では独身を選ぶ女性も多くなってきているので、こういう時こそ投資を始めるのがおすすめなのです。

女性が投資する前に知っておきたい資産運用のポイントとは?

一言に投資がおすすめといっても、投資先は様々なので何を目標に資産運用をすればいいのか分からない人もいるでしょう。何歳までにいくら貯めたいのか、毎月どのくらいの貯金をすればいいのかなど、ある程度の指標が分かれば資産運用がやりやすくなり、投資対象も変わってきます。

それでは、女性が投資する前に知っておきたい資産運用のポイントについてご説明しましょう。

何歳までにいくら貯めたいのか決める

資産運用を行う際に重要なのが、何歳までにいくら貯めたいのかどうかです。漠然とした気持ちで資産塗ん用を始めても、目標がないのでお金を貯めている実感が湧きにくくなります。どうせ目標がないからお金を使っても大丈夫だという考えに至る可能性もあるので、何歳までにいくら貯めたいのか決めてから資産運用を行うのが大切です。

そのためには今後のライフプランを決めていく必要性がありますが、ここはある程度で構いません。将来的に何が起こるか分からない以上、「絶対に30歳までに結婚する!」と断定して決めてしまうと、もしそれが叶わなかった時にライフプランが崩れてしまいます。

ライフプランはある程度にして、「30歳までに700万貯めたい」というように貯金額を明確にしましょう。とはいえ、本当にその年齢を迎える時に目標金額を達成しているかどうかは分からないので、そこから投資対象を決めるのが得策です。

貯金するにはボーナスやその他の資産運用で補う方法もあるので、それらを含めた計画を立ててから投資対象を決めましょう。

無駄な出費を減らしてしっかり貯金する

貯金や資産運用において重要なのは、無駄な出費を減らしていかにお金を貯金に回せるかどうかです。貯金する際にやりがちなのが、昼食のグレードを落としたり、いつも買っている飲み物を買わないようにしたりと明らかに無理矢理我慢するような節約です。

我慢の上に成り立つ節約はストレスが溜まりやすく、お金が溜まった時に頑張ったご褒美と称して反動で貯金を使ってしまう可能性が高いでしょう。効率良く貯金するには、日常生活の中で明らかに必要がない出費を無くすのがポイントです。

たとえば必要がない買い物を減らしたり、飲み会に行かないようにしたり、携帯料金を見直したり、課金をやめたりと普段どこにお金を使っているのか見直してみると、無駄な支出が見つかるでしょう。無駄な支出を貯金に回せば、一日の貯蓄額は低くても長期的に見れば驚くほどお金を貯めることができるのではないでしょうか。

また、あとは月にどのくらいの貯金ができるかどうかです。毎月2万円ずつでも貯金できれば年間24万円、10年間で240万円も貯金できます。無駄な出費をしないようにすれば自ずと貯金に回せる金額が増えてくるので、どれだけしっかり貯金できるかが重要です。

女性の投資は積立投資がおすすめ!積立投資のメリットとデメリットとは

投資方法には大きく分けて一括投資と積立投資の2種類があります。ただし、貯蓄を好む傾向がある女性におすすめなのは、一括投資ではなく積立投資です。一括投資は株などのように一括で投資商品を購入し、その後の利息や売却によって利益を得る方法です。

ただし、一括投資はハイリスクハイリターンな投資方法で、無事に購入した時の金額よりも高く売却できればいいですが失敗するリスクもあります。元々高額な資金を用意する必要性がありますし、売却するタイミングを逃してしまえば大きな損失に繋がるので女性には向いていないと言えます。

反対に積立投資は、中長期的に一つの投資商品に対して毎月一定額を投資する方法です。基本的に短期的な投資を行うものではなく、中長期的に貯蓄や投資ができるのが大きな特徴なので女性におすすめの方法となっています。

それでは、積立投資のメリットとデメリットについてご説明しましょう。

積立投資のメリット

積立投資のメリットは、以下の通りです。

・少ない金額で投資できる

・分散投資を行うので失敗するリスクが少ない

・自動引き落とし対応

まず、積立投資は一括投資と違って少ない金額で投資を行うことができます。銀行や証券会社によって最低投資金額は違うものの、月々最低1000円から投資できるので初心者でもすぐに投資ができるのがポイントです。

場合によっては月100円からでも始められるので、買い物感覚で投資ができるでしょう。その分得られる利益は少ないですが、コツコツと貯蓄額が溜まっていくことを考えれば将来の不安を少しでも軽減したい女性におすすめです。

また、積立投資は基本的に分散投資となっているため、一つの投資商品に投資するよりも失敗するリスクを大きく抑えることができます。もし一つの投資商品から損失が出ても、他の投資商品でカバーすることができるので、場合によっては失敗してもリスクはほぼないと言えるでしょう。

そして積立投資は自分で銘柄などを購入する必要性がなく、毎月自動的に引き落としされるようになっています。一括投資の場合は自分で銘柄を購入・確認し、毎日常に値動きを見て売却のタイミングを計らなければならないので、一挙手一投足に注目しなければなりません。

少しでも値下がりすればストレスになりますし、その場を離れられないことがほとんどなので仕事や家事などで忙しい女性には不向きです。それに比べて積立投資は一括投資のように多大な勉強時間を要する必要性がないので、勉強する時間があまりない人でも手軽に始められます。

積立投資のデメリット

積立投資には様々なメリットがありますが、以下のようなデメリットもあります。

・短期間で大きな利益を上げるのは難しい

・元本割れする可能性がある

・手数料がかかる

まず、積立投資は少しずつ利益を得る投資方法なので、毎月の投資額が少ないほど得られる金額が少なくなります。短期的な利益を出したい人にとっては不向きではありますが、積立投資は中長期的に続けていくことによって福利効果が生まれ、次第に利益が大きくなる期待ができる方法です。

あくまで短期的な利益を出すのは難しいというだけなので、難しく考えずに気楽に投資したい女性にとっては有益な投資方法であることに変わりはありません。

また、元本割れする可能性があることに注意しましょう。元本割れとは、最初に購入した投資商品の金額よりも基準価額が下がったために投資した金額より資産額が下がってしまう現象です。たとえば1口平均購入単価が8000円だった場合、8000円以下になってしまった状態を元本割れしたと言います。

積立投資を行う場合は元本割れするリスクがあることに注意しましょう。

そして積立投資を行う場合は自分の代わりにプロの投資家が運用する形式になっているので、各ファンドや投資商品によって販売手数料、運用手数料、解約手数料の3種類の手数料がかかります。どのくらいの手数料がかかるのか、事前に確認しましょう。

女性のおすすめの積立投資方法

積立投資のメリットとデメリットをご説明した上で、女性におすすめの積立投資方法についてご説明しましょう。初心者の女性でも少ないリスクで始められるので、これから効率良く貯蓄したい人におすすめです。

財形貯蓄

財形貯蓄とは、毎月強制的に給料から天引きされる仕組みになっているのが特徴です。財形貯蓄には様々な種類がありますが、自動的に給料から天引きされるので、使ってしまう前に投資ができるのが最大のメリットです。天引きといえば税金も自動で天引きされますが、天引きされるだけなので積み立てるわけではありません。

対して財形貯蓄は天引きされた分だけ強制力が強い上に確実に貯蓄ができます。財形貯蓄の種類によっては税的優遇や住宅ローンの融資が利用できるといった様々なメリットがあります。

とはいえ、得られる利益が低い上に契約内容を変更するには時間がかかるなどのデメリットもあるので注意しましょう。一番のデメリットは、現在勤めている会社が財形貯蓄を導入していないと、自分も財形貯蓄を利用できないことです。

財形貯蓄を利用したいなら、現在勤めている会社が財形貯蓄を導入しているか確認しましょう。

個人向け債権

個人向け債権は、様々な積立投資よりもさらに安全に運用できるおすすめの方法です。

債権とは公共団体や銀行、会社等が事業に必要な賃金を借り入れるために発行される有価証券です。個人向け債権のメリットは、一般的な積立投資と違って元本割れするリスクがないこと、1万円から投資できること、国が発行しているので安心して運用できることなどが挙げられます。

比較的少額から安全性が高い投資ができるだけでなく、最低金利保証が0.05%と定期預金よりも利率が高いなどとにかくリスクが低いのでおすすめです。毎月債権を発行してくれるので利益を出しやすく、1万円からであれば途中で換金することもできるなど、堅実な投資がしたい女性に是非ともおすすめしたい投資方法の一つです。

まとめ

投資と聞くと一攫千金を狙う方法というイメージがありますが、中には小額から始められてリスクが少ない代わりに少しずつ利益を出す積立投資という方法があります。貯蓄を好む傾向がある女性にとって、ハイリスクハイリターンの一括投資よりも、仕事や家事などで忙しい女性でも手軽に始められる積立投資がおすすめです。

投資方法によっては元本割れするリスクがありますが、基本的に自分の代わりにプロの投資家が運用してくれるので自分で難しいことを考える必要性はありません。勉強している時間もなく、将来のためにもっと貯蓄額を増やしたいという女性は、是非とも積立投資を始めてみてはいかがでしょうか。

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

資産1億円以上の方のための、新しい資産運用をアドバイス

・スイス系プライベートバンクでの業務経験を持つプロが厳選した情報を提供します

・資産全体の最適なアセットアロケーションについての情報をお届けします

・無料個別相談・無料説明会の情報をお届けします

・不動産のプロだからこそわかる、不動産にまつわる税金のお話、相続トラブルを丁寧に解説します