SHARE

相続放棄の留意事項…親族間でトラブルになることも

住む予定がない両親の家や、継続する意思のない農地や山林などの相続を放棄する人が増えています。転用や売却の目途すらつかない一方、維持するための苦労や固定資産税の負担があるためで、深刻化する空き家問題や、耕作放棄地の増加に拍車をかける恐れもあります。

相続の手続きや相続税の支払いには大変な労力を伴う反面、相続が必ずしも価値ある財産をもらえるばかりではなくなってきているのも確かです。こうした事態を回避できる手段の一つである、相続の放棄について考察します。

1.相続の方法とその手続き

相続するかどうか、あるいはどんな方法で相続するかは、相続人自身が自らの意思で決められます。ただし、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に、限定承認、または、相続放棄をしなかった場合は、単純承認したものとみなされます。

1.1.単純承認

金融資産や貴金属、不動産などの正の財産や、借金や保証債務などの負の財産、といった遺産の性質に関わりなく、一切の権利義務を相続する方法です。

1.2.限定承認

正の財産の範囲内で、負の財産を清算し、それ以上は責任を負わない相続の方法です。ただし、単独で選択することはできず、相続人全員で、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に申述しなければなりません。

1.3.相続放棄

正の財産、負の財産共に、一切の権利義務を相続しない方法です。相続放棄を選択する場合も、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に申述しなければなりませんが、他の相続人の合意は必用なく、単独で申述することが可能です。一方、相続開始前に相続放棄することはできません。

また、相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになり、本人の代わりに子どもが代襲相続することもできません。

なお、受取人となっている生命保険などがある場合、生命保険金や死亡退職金を受け取ることはできますが、「500万円×法定相続人数」で算出した金額を限度に、相続税が非課税となる「生命保険金等の非課税枠」の適用を受けることはできません。

  単純承認 限定承認 相続放棄
財産の引き継ぎ 一切の権利義務を引き継ぐ 正の財産の範囲内で負の財産を清算 一切の権利義務を引き継がない
手続き 不要 相続の開始を知った日から3ヶ月以内に被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に申述
申述者 相続人全員で申述 単独で申述可能
注意点 例え僅かでも遺産を処分や隠匿したり限定承認や相続放棄をしなかった場合は単純承認したことになる 単独では申述できず、相続人全員の合意が必要 最初から相続人でなかったことになる。生命保険等の非課税枠の適用は受けられない

2.相続放棄の手続きに必要な主なもの

・相続放棄申請書(家庭裁判所にあります)
・申述人の認め印
・申述人の戸籍謄本
・被相続人の戸籍謄本等
・被相続人の住民票の除票
・収入印紙
・返信用の郵便切手

2.1.相続放棄のメリット

相続放棄には、いったいどんなメリットがあるのでしょう。最大のメリットは、遺産の状況が、正の財産よりも負の財産の方が多い場合に、債務の延滞に付随して発生する遅延損害金も含めて、一切肩代わりする必要がなくなることでしょう。

負債の有無が明確ではなくても、その恐れが高い場合も、検討の余地が無いとは言えません。繰り返しになりますが、相続放棄は、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなければならない一方で、遺産の状況、特に借金や保証債務等の有無について、短期間で詳細に把握することは決して容易ではありません。まして、被相続人との関係が疎遠の場合は余計に困難でしょう。

遺産の状況が負債の方が多いことが明白な場合は言うまでもありませんが、その恐れが高い場合も含め、正確に負債の状況を把握できないまま相続すると、後に債権者から返済を迫られ、辛酸をなめることにもなりかねません。相続放棄をすることで、少なくともこうしたリスクは回避することができます。遺産の大半が今後住む予定のない両親の家や、継続する意思もなく、転用や売却の目途もつかない農地や山林などの不動産と言った場合も、同様に検討の余地はあるでしょう。

なお、遺産分割協議によっても実現できるため、相続放棄特有のメリットとは言えませんが、遺産の全てを特定の相続人だけに相続させるため、他の相続人が辞退したい場合にも有効です。遺産に然程執着がなく、他の相続人と協議することの方がむしろ煩わしいと考えるような方には、メリットの一つと言っても良いでしょう。

2.2.相続放棄のデメリット…親族間でトラブルになることも

次に、相続放棄のデメリットについて考えてみます。まず、一度相続放棄すると、それを撤回する事はできないことを理解して置く必用があるでしょう。

例えば、遺産状況を正確に把握できない状態で、他の相続人などから負債の方が多いといったような話しを耳にして、安易に相続放棄した結果、後に金融資産などの正の財産の方が多かったことが判明しても、原則として撤回することはできません。

また、特定の遺産だけを放棄することはできず、すべての遺産を放棄しなければならないことにも注意が必用です。仮に被相続人の持ち家に同居していた場合は、相続放棄すると退去しなければならないだけではなく、厳密には家電製品なども含め、非相続人が所有していた物は一切持ち出すことができません。例え僅かでも処分や隠匿すると、単純承認したとみなされてしまいます。また、生命保険金や死亡退職金を受け取る事はできますが、「生命保険金等の非課税枠」の適用を受ける事ができなくなることも忘れてはならないでしょう。

そして意外と見落とされることが多いのですが、相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになるため、相続の権利が次の順位の相続人に移ることです。これにより何が問題かと言うと、新たに相続人となった次の順位の相続人が、金融資産などをもらえるのであれば問題はないのですが、逆に借金や保証債務などの肩代わりを強いられる結果になり、トラブルになることが少なくないことです。

次の順位の相続人は、そもそも自分が相続人であるという意識が希薄であることが多く、思いがけない相続話しに、債務の存在も知らずに単純承認してしまい、突然債権者に押しかけられ、四苦八苦することにもなりかねないのです

。次の順位の相続人に何の相談も遺産の状況の説明もせず、自分だけの意思で相続放棄した結果、後に親族間で骨肉の争いやトラブル、いわゆる争族に発展することも有り得えないことではないことを肝に銘じて置かねばなりません。参考に、以下に相続人の範囲と順位を記載します。

相続の順位 相続人の範囲 ポイント
常に相続人 配偶者 ・法律上の婚姻関係に限定され、婚姻期間は問わない
第一順位

・相続開始時に胎児であっても相続人となる

・複数の場合は共同して対等に相続人となる

・実子と養子、嫡出子と非嫡出子は問わない

・子が先に死亡している場合はその子(被相続人の孫)が相続人となる

第二順位 直系尊属(父母等)

・第一順位の相続人がいない場合は相続人となる

・父母共に死亡している場合は祖父母へと遡る

第三順位 兄弟姉妹

・第一順位、第二順位の相続人共にいない場合は相続人となる

・複数の場合は共同して対等に相続人となる

・兄弟姉妹が先に死亡している場合はその子(被相続人の甥や姪)が一代に限り相続人となる

3.相続放棄をしても遺産の管理義務は免れない

相続放棄にあたっては、実はもう一つ理解しておかなければならない重要な問題があります。民法第940条(相続の放棄をした者による管理)の規定です。

これまで、相続放棄の最大のメリットとして、一切の権利義務を引き継がないで済む旨を記載しました。しかし、それでは仮に相続人全員が相続放棄をした場合、遺産の管理者が不在になってしまいます。そのため民法は、例え相続放棄をしても、他の者が管理できるようになるまで、相続放棄した者が引き続き管理しなければならないと定めているのです。相続放棄した遺産に不動産などを含む場合は、特に留意しなければならないでしょう。

なお、管理者が不在になった場合に管理責任を免れる手段として、家庭裁判所に相続財産管理人の選任を申し立て、選任された相続財産管理人に、遺産の管理を委ねる方法があります。しかしそのためには、相続財産管理人の報酬や、職務を遂行するために必用な費用の予納を求められることを覚悟して置く必用があります。遺産の状況によっては、債務等の清算終了後に、残った遺産から予納金の返還を受けることもできますが、一般的に相続放棄するようなケースにおいては極めて困難であり、申立人が負担せざるを得ないと思われます。

それでも遺産を放置したことに起因する被害が発生したりすると、損害賠償を求められる恐れも無いとは言えません。例え持ち出しになるとしても、遺産の管理者が不在になる場合は、相続財産管理人の選任を申し立てるか、自ら責任をもって管理する義務があると認識すべきでしょう。

まとめ

相続放棄や、相続をめぐる相続人通しの争いやトラブル、いわゆる争相族は、起こらないにこしたことは言うまでもありません。亡くなった方の資産状況や、意思が見えないことも、こうしたトラブルの大きな理由の一つでしょう。また、余計な負債は背負いたくない反面、もらえるものは少しでも多くもらいたい、と言った風潮が強まったことも否定はできません。
こうした世相において、私たちは相続問題をタブー視せず、被相続人の生前から、関係者間でもっと良く話し合っておく必要があるでしょう。家族会議の開催や、エンディングノートの記載なども、是非検討いただきたい有効な手段の一つと考えます。

不動産のプロが不動産の相続トラブルを解決します!

・不動産のプロだからこそわかる、不動産の相続トラブルを丁寧に解説します

・不動産のプロならではの、税理士や弁護士とは違った視点でアドバイスします

・日本全国いつでもどこでもアドバイスします

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

不動産のプロが不動産の相続トラブルを解決します!

・不動産のプロだからこそわかる、不動産の相続トラブルを丁寧に解説します

・不動産のプロならではの、税理士や弁護士とは違った視点でアドバイスします

・日本全国いつでもどこでもアドバイスします