×

ログイン

会員登録はこちら

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」は個人投資家の目線で選ばれる

ニュースタグ:      

LINEで送る
Pocket

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」は個人投資家の目線で選ばれる

投資信託について個人投資家の目線で研究しながら、ブログを書いている「投信ブロガー」たち。銀行や証券会社に有利な銘柄ではなく、個人投資家にとってのメリットを追求して日々記事を書いています。そんな投信ブロガーたちによる「この銘柄は良い!」という投資信託の総選挙のようなイベントがあります。それが、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」です。

外国株式インデックスが圧倒的な人気

投票期間は2018年11月1日〜11月30日です。なりすましを防ぐために自分のブログURLを貼り付けて、ブログ内で「投票しました!」という旨の記事を1本書くだけです。 2019年1月13日、都内で開票が行われます。筆者も投信ブロガーのひとりでもあるので、早速投票を行いました。 ちなみに、2017年の投票結果は以下のとおりでした。 2018111502 低コストの外国株式が圧倒的な人気です。金融機関にとって都合のいい手数料の高い銘柄は当然ランクインできません。 おそらく、2018年の傾向も変わらず外国株式が上位を占めるでしょう。中でも楽天バンガードシリーズやeMAXIS Slimシリーズの2強の構図はますます顕著になると思います。

投信ブロガーの投票はひとつのキッカケになる

つみたてNISAやiDeCoが少しずつ浸透し始め、若年層も「貯蓄から資産形成」という考え方に変わりつつあります。しかし、金融機関が勧める銘柄というのは本当に個人投資家にとってメリットがあるかは分かりません。 この投信ブロガーによる投資信託の総選挙は、金融リテラシーが比較的高い人たちが趣味も兼ねて日々研究して「コレは良い銘柄だ!」というものがランクインします。決して彼らの金銭的メリットにはつながるものではなく、純粋に比較検討した結果です。 投資信託の銘柄選択に迷われいてる方は、この総選挙の結果発表も参考にしてみてはいかがでしょうか。

引用元・参考: ダイヤモンド・オンライン 「投信ブロガーが選んだ「投信トップ10」は外国株の低コスト商品に人気」 2018年1月17日 https://diamond.jp/articles/-/156085?page=2 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」 http://www.fundoftheyear.jp/2018/

LINEで送る
Pocket

第10回 世界の資産運用フェア

第9回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

一気に拡大する楽天証券の手数料無料ETF銘柄

ニュース

一気に拡大する楽天証券の手数料無料ETF銘柄

NISAにピッタリの商品「ポイント投資(楽天スーパーポイントで投信が購入できる) ...

ポイント投資サービスが増えているので比較してみた

ニュース

ポイント投資サービスが増えているので比較してみた

「貯金から貯蓄へ」という政府の施策のもとで、2018年からつみたてNISAの制度 ...

敷居の高さは単なるイメージ、実は堅実な不動産投資

ニュース

敷居の高さは単なるイメージ、実は堅実な不動産投資

初心者のための不動産投資「投資は難しいもの」というイメージを持っている人は少なく ...

投信マニア月波のコレ買いたい!第11回 ドレスを選ぶように

ニュース

投信マニア月波のコレ買いたい!第11回 ドレスを選ぶように

ファンド選びは、ドレス選び――そんな画期的なサービスを、カブドットコム証券株式会 ...

> 人気記事をもっと見る