×

ログイン

会員登録はこちら

つみたてNISA 世界的な株価暴落で含み損 貯金のほうがマシ!?

ニュースタグ:    

LINEで送る
Pocket

つみたてNISA 世界的な株価暴落で含み損 貯金のほうがマシ!?

2018年12月に入り、世界的に株価が暴落しています。つみたてNISAがスタートしたのは2018年の1月からです。金融庁の施策や金融機関の広告でつみたてNISAを早々にスタートした個人投資家たちは含み損を抱えているのではないかと思います。筆者もその一人です。

しかし、つみたてNISAは毎月コツコツと時間を分散して積み立てる投資手法なので、こういった弱気相場があってこそ、強みが発揮されるということもあります。つまり、弱気相場では株数を増やすバーゲンセールとも言えます。

つみたてNISAもノーリスクではない

つみたてNISAのメリットは何と言っても年間40万の非課税枠が最大で20年間。いつでも、売却できます。買付手数料も0円で、ネット証券であれば100円から積み立てがスタートできます。金融庁の後押しもあり、広告も頻繁に見るようになりました。投資初心者には非常に取り掛かりやすい制度です。

「年利X%で運用すると・・・」といったようにキレイな右肩上がりのシミュレーションをみてしまうと、あたかもノーリスクで、長期間運用すれば必ず資産が増えるようにも思ってしまいす。そんなイメージでスタートしてしまった場合、いきなり市場の洗礼を浴びてしまう形となってしまいました。

つみたてNISAの銘柄は投資信託であり、人気の銘柄は国内外の株式を対象にしているものが多いです。12月に入り世界的に株価が暴落しているので、つみたてNISAの口座を明けてみると含み損を抱えているというわけです。

貯金するよりも運用が良いと思ってやってみたら、貯金していたほうが良かった・・・とガッカリしてしまいます。つみたてNISAは有利な制度ではありますが、ノーリスクではありません。

運用なんてしない方がマシだ!と売る必要もない

ここで、「やっぱり、余計なことしないで貯金が一番いいよね」と思うのも分かります。2018年の1年間に限っては、結果そのとおりでした。しかし、つみたてNISAは最大で20年の非課税枠がある長期投資です。ここでガッカリして売って損失を確定させるのは、もったいない話です。

キレイな右肩上がりの相場よりも、このような弱気相場がある方が、株数を増やせるチャンスでもあります。将来的にはリターンとして跳ね返ってきます。ただし、株価の底値は誰にもわからないので、鼻息を荒くして買い増しをする必要もないかなと思います(つみたてNISAは月の上限も決まっています)。

そして、まだつみたてNISAをスタートしていない方にとっても、良い時期だと思います。つみたてNISAの非課税枠は最大で20年なので、スタートが遅れると非課税枠期間も減っていきます。国が準備した非課税枠を最大限に活用していくのが良いと思います。

口座を見ないもの一つの投資行為

それでも、口座をみてみると含み損が目に入ってしまうのは誰にとっても気持ちのいいものではありません。個人投資家が世界経済に影響を与えることは不可能なので、長期投資をすると決めたら必要以上に口座を見ない(余計なことをしない)というのも一つの投資行為だと思っています。

その時間を使って本業に関することや、現物資産などの研究に時間を充てたほうが有意義です。株式の長期投資は「今後、長い目で見て世界経済が成長する」というシナリオで成り立つ話なので、これが根底から覆る話もゼロではありません(個人的には低いとは思いますが)。つみたてNISAは資産運用の一つの柱として捉えて、広く遠くを見ていくことが必要だと思います。

LINEで送る
Pocket

第10回 世界の資産運用フェア

第9回世界の資産運用フェア パネルディスカッションレポート

人気記事

「第9回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

お知らせ

「第9回 世界の資産運用フェア」パネルディスカッションレポート

2月9日に開催した「第9回 世界の資産運用フェア」。今回も多彩なゲストを迎え、全 ...

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

お金の増やし方1日集中講座

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポート

日本人の“お金とのつきあい方”を根本から変える「お金の増やし方1日集中講座」レポ ...

お金を増やせないたった1つの理由とは!?〜「お金の増やし方1日集中講座」を受講して〜

お金の増やし方1日集中講座

お金を増やせないたった1つの理由とは!?〜「お金の増やし方1日集中講座」を受講して〜

内藤忍氏とミアン・サミ氏の初のコラボ講座が開催された。筆者も含め今回の受講参加者 ...

> 人気記事をもっと見る