SHARE

債券投資と株式投資の違いはなに?債券投資の仕組みを学ぼう!

債券とは、国や銀行、企業などが事業を運営する資金を借り入れるために発行する有価証券のことを言います。投資家は、債券を買うことで発行体に対するお金を貸すことなり、発行体から利息を受け取ることができます。

有価証券の意味では、債券と株式が同じですが、大きな違いとしては資本金ではなく、投資家は運営元に参加することもなく、お金を貸している形になっているので、事業の運営に対しては発言権がありません。その代わりに、定期的に利息を貰い、満期日には元本が返還されることです。

株式投資との違い

債券と株式の大きな違いは、あらかじめ満期日と利率が決まっているかどうかです。社債は、企業にお金を貸すということに対して、株式は企業にお金を出費するという違いがあります。つまり、社債は企業にお金を貸す人に対しての返済義務があります。一般的には、社債は満期日(返済日)や利率があらかじめ決まっています。しかし、近年満期日のない永久債もかなり発行されています。

永久債とは、国や企業などが資金調達を行うために発行することは他の債権と同じですが、元本の満期償還の規定がなく、発行体が途中償還を行わない限り、永久に利子の支払いが続く債券のことです。永久債の存続期間中に投資家が償還を請求することはできません。

一方で、株は悪魔でも企業に出費してもらうに過ぎませんので、仮に企業の経営が破たんしたら投資家に返済する義務はありません。その分、出費してもらったお金で事業が成功し、利益を生むことによって配当ないし株価の上昇で、株主が報酬されます。債券と株式の根本的な違いを簡単に下で纏めました。

債券(社債) 株式

企業にお金を貸す

元本は返ってくる(永久債以外)

利率は低め

途中で運営元から換金できない

利息を受け取れる

企業に出資する

株価の変動による利益

配当は普段債券の利率より高い

途中換金は株式市場ですぐできる

配当、株主優待などが受けられる

このように、債券は「お金を貸す→やがてお金が戻ってくる」、株式は「お金を出資する→誰かに売らない限りお金が戻ってこない」という基層概念をしっかり念頭においてください。

違う角度から言いますと、債券投資と株式投資の大きいな違いは、得られる利益の内容にあります。利益には「キャピタルゲイン(値上がり益)」と「インカムゲイン(利息・配当金など収入益)」の2種類があります。債券投資は主にインカムゲインに対して、株式投資はインカムゲインもありますが、主にキャピタルゲインです。この違いによって、債券投資と株式投資のアプローチは大きく分かれます。

キャピタルゲインばかりを狙う投資家ならば、株式に集中し、債券を考えなくてもいいかもしれません。なぜなら、現行世界的な不景気の中、主な先進国は低金利時代に突入し、特に今年に入ってからコロナウイルス禍で各国が競って金融緩和政策を取り、株価が上がる一方です。この状況の中、債券のインカムゲインと株式のキャピタルゲインは比べようがないほど差が大きいです。

ただ、そうかと言って、債券市場の役割はなくなったわけではありません。株価が大幅下落する度に資金はより安全な債券市場に流れます。まして、金利が永久にゼロ近い水準にあるわけにはいきません。各国の経済がピックアップすれば、金利も徐々に上がっていき、債券のインカムゲインもよくなります。

債券市場と株式市場は金融市場を支える二つなくてはならない柱になっっているので、その役割と運用をしっかり勉強しておけば、必ず役に立ちます。では、次に債券の仕組みと、そのメリット・デメリットを詳しく説明します。

債券の仕組み

発行体と種類

債券の発行体には様々な機関がありますが、発行体によって債券の呼び名も変わってきますので、代表的なものを紹介します。

日本国:日本国債

日本国債(以下国債と略します)は、文字通り日本国政府*が発行する債券のことです。国を運営していくために発行され、国が破綻しない限り、投資家には元本と金利がもとって来るため、非常に安全な投資です。少なくとも今まで、先進国は破綻した前例がないので、各国の国債はそれぞれの国の代表的、安全な投資になっています。

※日本以外の国々でも大量の債券を発行しています。例えば世界で最大発行量を誇るアメリカ国債(Treasury Bond、TーBond)、歴史最古のイギリス国債( Gilt-Edged Bond、Gilt)などがあります。

金融機関:金融債

金融債は、銀行や中央金庫などの金融機関が発行する債券のことを指します。過去には個人向けの金融債も発行されていましたが、現在は法人向けの金融債が主流になっています。安全面では、国債の次に安全と思われます。ご参考に、アメリカでは有名な金融債ファニーメイ( Fannie Mae)とフレディマック(Freddie Mac)があります。

企業:社債

社債は、企業が運営資金を集めるために発行する債券のことを指します。株式と似ていますが、以上繰り返して説明したように両者の発行対象、目的・役割、報酬の性質などが違います。安全面では、会社の格付けにもよるものです。日本のトヨタ、アメリカのアップルなど世界有名な多くの企業が社債を発行しています。

地方自治体:地方債

地方債は、都道府県や市町村の運営・防災資金を集めるための債券です。都道府県によって利回りに違いがあり、破たんのリスクは少ないのですが、全くないとは言えません。地方の財務状況によるものです。

海外:外国債券

日本の国内発行ではなく、外国で発行される債券のことを以下まとめて外国債券と言います。一般の投資家にとって、殆どは外国政府や国際企業による発行されるものしか考えていません。

債券投資のメリット

債券の最大の魅力はクーポン(金利)収入のことです。これは通常定期預金より高いと設定されています。例えば日本国債の場合、年に2回クーポンの支払いがあり、相対的な定期預金の金利より高くなっています。

具体的には、債券投資のメリットは以下の5点があります。

メリット①:ペイオフ対策商品として

日本には、銀行預金が1000万円を越える部分について、保護の対象外になっているため、高格付けの日本国債投資はペイオフ対策として最適です。国債の保有額は基本的に無制限で、国が保証してくれる一種の定期用金だと思ってもいいです。

万が一、保有期間中債券の価格が下がったとしても、償還日まで持てば、額面通りの金額が戻ってきます。実は個人向け国債であれば、一定期間以上経過すれば政府が元本で買い取ってくれます(以下詳しく説明)。

メリット②:銀行の預金より高金利

銀行の定期預金と比べて債券の方が高金利に設定されていることです。日本のバブル時代、定期預金の金利が高く設定されていたため、大きな金額を預ければそれだけでも十分資産運用に繋がっていました。

しかし、今現在では定期預金の金利が僅か0.01%に設定されている銀行も多く、100万円を預けても年間で100円しか増えない計算になります。とても資産運用とは言えません。

個人向け国債を例にとってみれば、銀行預金の5倍の下限金利が0.05%が設定されています。また、社債であれば国債よりも更に高い金利に設定されていることが多く、一定のリスクは伴うものの低リスクで銀行預金よりは期待できます。

メリット③:株式投資に比べて低リスクで手軽にできる

株式投資では投資先の業種、会社の業績や経営状況などほぼ毎日入念にモニターしなければなりません。業種によって相当専門的な知識も要求されます。

しかし、債券の場合、一旦銘柄をきめて買えば、売却益を狙う途中売却がない限り、ずっと償還期間まで保有するだけで利息を受け取ることができます。この債券投資の手軽さは、ビギナーにとって非常に楽な選択です。

メリット④:途中売却で売却益も狙える

債券の最初発行当時は一次市場(Primary Market)と呼ばれています。通常名高い発行体(国や大企業)の発行量が多いため発行後満期まで、発行を引受けた銀行団(投資銀行や大手証券)はその債券を自由に売買できるように二次市場(Secondary Market)を維持(Market Making)します。発行体の信用状況、市場金利状況などによって、債券の時価は変動し時には購入した価格より高くなる場合があります。そういう時期を狙って、債券を売却すればキャピタルゲインを獲得することができます。

無論購入後、市場金利の上昇や発行体の信用状況(Credit Risk)が悪くなれば債券価格が下落することもあります。この場合、二次市場で売却するとむしろ譲渡損(キャピタルロス)が出てしまいます。そういう場合は、ずっと満期まで持っていれば100%の元本はもとってくる選択があります。したがって、キャピタルゲインを狙うには市場金利が下がりそうなときに債券を購入すれば賢明です。ただし、前述したように先進国はみんな低金利時代に突入しているため、利下げ空間が少なくなり、債券の値上がり幅も限られています。

メリット⑤:外国債券投資の特有な魅力

一般的に日本の債券より金利は高い

外国の金利は一般的に日本より高くなっています。したがって、外国債券を購入することで、好利回りを確保できます。
また、為替差益(元本の払込みや返済金が外貨の場合)を得るも可能です。

途中売却する時に、外貨から円への交換レートが購入した時と比べて円安だとすれば、為替差益が発生します。逆だと為替差損が発生します。他には、外国債券投資のいいところは以下があります。

高い流動性

債券は有価証券としていつでも売買ができます。先ほど話した二次市場の流動性さえあれば償還日前に売却して現金化することができます。なお、知名度や信用度の高い債券(例えばアメリカ国債、世界一流会社の社債など)は流動性が非常に高いため、常に二次市場の売買は問題なくできます。

選べる期間、リスクリターン、為替

日本の国債でも、満期までの期間が3年、5年、10年など種類が豊富ですが、外国債券まで広げると、数えきれない沢山の選択肢がでてきます。ご自分の目的に合う投資期間、リスクリターンの組み合わせ、通貨などを選ぶことができます。投資家はどこまでリスクを取れるかによって、日本では信じられないほど高いリターンの外国債券があります。

債券投資のデメリット

まず、メリットしかない金融商品は世の中存在しません。当然債券にもデメリットがあります。ここからは、債券の主なデメリットについて説明していきます。 重要なのは如何にデメリットを抑え、どうやればそのリスクを最小限にするかを考えることが大切です。

デメリット①:信用リスク

信用リスク(Credit Risk)は発行体の償還能力があるかどうかの評価です。日本経済が破綻して政府発行している国債が債務不履行(Default:デフォルト)に落ちることはとても考えられないですが、国債に比べてリスクの高い社債においては十分あり得る話です。

もし、買い付けた債券の発行体の業績が落ち込み、財務状況が悪化しつづ、元本の償還や利息の支払いが滞在する可能性が出てきます。最悪の場合は倒産してしまったら元本を丸ごと失うことも考えられます。

そのような結果を招かないためにも、銘柄を決める前に先ほど紹介した「格付け」などを参考にして発行体の信用度を調べておく必要があります。

デメリット②:流動性リスク

2つ目のリスクは流動性(Liquidity:リクィディティイ )、つまり二次市場における売買活動の有無リスクです。債券の発行量や人気具合によって売買活動が左右されます。その上、発行を引受けた銀行団が二次市場を維持するかどうかも重要なポイントです。流動性がなければ、せっかく債券価格が上がって売却したいと思っても、受け取る相手がいないため、利益のチャンスを逃すことになります。そのゆえ、前述した発行体信用度の他に、「発行量」「人気の高さ」「二次市場維持の約束」などにも注意しなければなりません。

デメリット③:価格変動リスク

市場で取引可能な債券は、日々価格が変動しています。特に市場金利の影響を強く受けます。そのコンセプトを理解するため、具体的な例をあげます。

例えばクーポン4%の債券を額面通り(100%)買った後に、市場金利が経済過熱などの理由で5%まで上昇したとします。そうすると、より低い4%利率の債券は売られて価格が下がってしまいます。債券の価格と実際の利回りが反対関係を持つので、4%利率の債券価格が下がればその利回りが上がっていきます。この動きはクーポン4%債券の利回りが市場金利の5%になるまで続きます。

もし市場金利が上がったことではなく、下がったことだとすれば以上の話は逆な現象が起こります。例え3%になったとすれば、クーポン4%の債券はどんどん買われて、利回りが下がり3%までに続きます。

このような債券価格と市場金利の連動は国境と関係なく、外国債券にも適応します。ただ、外国債券を買う場合、為替の変動リスクも考えなければいけません。

デメリット④:為替変動リスク

これは外国債券に関係するリスクなのでそもそも外国債券を買うつもりがない人は読み飛ばしても大丈夫です。

為替変動リスクとは、円以外の通過と円の為替が変動することで損益が発生するリスクのことを指します。わかりやすく、また簡単な具体例を用いて説明します。

前提として1米ドル106円のレートの時に額面価格が1000ドルの外国債券を買い付けたとします。つまりその時点日本円で106000円分買い付けたことになります。

そして償還期限になったとき米ドル/円のレートは98円になっていたとしたら払い戻されるのは1000米ドル分に対して98000円しかありません。
そうなると106000円で購入したのに払い戻されるのは日本円換算で98000円になってしまい「8000円」損したことになってしまいます。これが為替差損です。
同じ理屈で、もし債券を買った時の為替レートより円高ではなく、円安だとすれば為替差益が出ます。

デメリット⑤:カントリーリスク

発行体が会社ではなく、国だとすればその信用リスクはカントリーリスクと呼びます。これも外国債券しか考えられないリスクです。政治や経済が不安定な国々では、債券の価格も為替も大きく変動したり、元本や金利の支払いに影響が及んだりすることが考えられます。そこで 、取扱っている外国債券の国は、どういう国柄なのか予め認識する必要があります。

債券取引の仕方

債券の取引ってどうやってするか

債券投資を始める場合は『個人向け国債』や『個人向け社債』が買いやすいので初心者にもお勧めです。国債は、証券会社、銀行などの金融機関や郵便局で購入できる金融商品です。

財務省によりますと、個人向け国債(「変動10年」、「固定5年」及び「固定3年」)は毎月募集及び発行を行っています。最低取引額は1単位1万円からとなり、3種類の特徴を下の表で示します。

 

10年変動
金利タイプ

5年固定
金利タイプ

3年固定
金利タイプ

期間

10

5

3

金利

半年ごとに見直し

満期まで固定

満期まで固定

最低金利保証

年率0.05%

年率0.05%

年率0.05%

利子

半年ごとに
受け取り

半年ごとに
受け取り

半年ごとに
受け取り

途中解約

発行から
1年経過で可

発行から
2年経過で可

発行から
1年経過で可

個人向け国債は、定期預金みたい感じで運用ができます。
変動金利タイプは金利が半年ごとに見直されるので、金利が上昇傾向に有る時は利回りが良くなります。
固定金利タイプは金利変動の影響を受けませんので、金利が高い時に購入しておけば安定した利益を得ることができます。

途中換金について

社債や外国債券の場合は換金したくなった時に買い手が付かないと換金することが出来ませんが、個人向け国債の場合は満期の前に換金したくなった場合 、一定期間以上経っていれば政府が元本で買い取ってくれます。

10年変動金利タイプと3年固定金利タイプの場合は発行後1年経過で換金可能、5年固定金利タイプの場合は2年経過していれば換金可能で安心です。

ただし途中換金には一定期間の利子相当額の手数料がかかりますので、必ず確認をしてください。債券の売買は、特に外国債券を考えている人であれば、一般大手証券会社お勧めです。

債券を購入するときに注目すべき項目

債券を購入する際必ず確認するポイント。

債券は購入時に以下の項目内容はご自分の条件に合うかを必ず確認してください。

・額面金額
・利率
・利払日
・満期日

利回りをチェックする

利率を表示されている債券は多いですが、出来れば満期までの利回りを丁寧に教えてくれる証券会社を選択し、購入しましょう。特に二次市場で債券を購入する場合、必ずしも額面通りの値段ではないので満期までの実際利回り(Yield to Maturity)をチェックするのは、賢く債券を選ぶコツになります。

投資信託も検討する

経験豊富な投資家にとって債券だけの投資では、物足りないと感じます。そこで、投資信託の検討も考えられます。債券投資信託の特徴は、1つのファンドで複数の債券へ投資できる点です。いわゆる「分散投資効果」のことで、大体複数の長期国債や多くの公社債を投資対象としています。

また、債券投資信託は、他の投資信託と同様に1口100円から注文できるファンドが多く、少額投資から始めたい人にとっても手が届きやすい商品になっています。によって、リスクを分散でき、しかも単一債券より良い利率が期待できます。

無論、投資信託の商品を証券会社経由で購入する場合、手数料が発生するので、注意してください。

結論

上記のように、安全かつ比較的に安定していることと、購入後の利益が判断しやすいこと、さほど専門知識が必要なしと手間が掛らないことから、債券投資は初心者向けの投資方法だと言えます。利率も銀行貯金よりも遥かに良いことが魅力です。

国も「個人向け国債」を大々的に押し出して、貯蓄だけではなく、債券の購入を一般の個人からも集めています。もう少し経験がある投資家には、投資信託や外国債券に手を伸ばすと、選択肢がかなり増えます。プロへの挑戦したければ、海外のハイリスクハイリターン債券を狙うことができます。無論、その場合、カントリーリスクや為替リスクや市場金利の動向などを全般的に把握しなければなりません。それなりに専門知識は必要ですが、高い報酬も獲ることができます。

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報