SHARE

ASEANの大動脈「南部回廊」が完成

4月6日に、カンボジアとベトナムの国境にあるメコン川に架かる新たな橋が開通しました。この橋は、日本のODA(政府開発援助の無償資金協力)によって建設されたものです。

橋の大きさは、全長は2200メートル余りで、カンボジアでは最大規模となります。

この橋の完成には大きな意義があります。長年日本政府が支援してきた、タイの首都バンコクからカンボジアをへてベトナム南部のホーチミンに至る、南部回廊と呼ばれる物流の大動脈が、1本の道として結ばれることになるのです。

これまではメコン川を渡るには、フェリーを利用するしか方法がなく、橋が開通したことで、これまで最大で11時間かかっていたプノンペンとホーチミンが7時間に短縮されるそうです。また、夜間の輸送も可能になることから、物流の効率化が期待されます。

東南アジアでは、3つの主要回廊の整備が進められています。

南北回廊 中国の昆明とタイの首都バンコクを結ぶ
東西回廊 ベトナム中部とミャンマーを結ぶ
南部回廊 タイのバンコクからカンボジアを経て、ホーチミンを結ぶ

ことし12月に発足するASEAN経済共同体は、人口6億人、GDP2兆ドルを超える巨大な経済圏になります。

参考:NHKニュースサイト
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150406/k10010040021000.html

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報