SHARE

米中古住宅販売、2015年3月は6.1%増

米中古住宅販売件数は2015年3月に1年半ぶりの高水準となり、住宅市場が年初の軟調を経て勢いを増しつつある事が明らかになりました。

全米不動産協会(NAR)が3月22日発表した3月の中古住宅販売件数(年率換算、季節調整済み)は、市場予想の503万戸を上回り、前月比6.1%増の519万戸となり、前年同月比では10.4%の増加となりました。

また、2月の中古住宅販売件数は当初発表の488万戸から489万戸に上方修正されました。

3月は販売価格中央値が前年同月比7.8%上昇し、21万2100ドル(約2540万円)となりました。

健全とされる在庫水準の6ヶ月分に対して、現在の販売ペースに基づく在庫は4.6カ月分となっており、現行の販売ペースが続けば2015年の中古住宅販売件数はここ9年で最高となる勢いとのことです。

参考:ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (2015年4月22日)
http://jp.wsj.com/articles/SB11702692451560034542404580596473657843984

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報