SHARE

高速鉄道の開業時期見直しへ シンガポール〜クアラルンプール

シンガポールのリー・シェンロン首相とマレーシアのナジブ首相は5月5日、シンガポールでの首脳会談後に記者会見し、2020年の開業を目指していたシンガポール〜クアラルンプール間の高速鉄道の開業予定時期を遅らせる見通しを示しました。

入札や建設などの時期を見直し、年内にも新しい工程表を作成することになります。

リー首相は同日、シンガポール側の終着駅が西部で副都心の開発が進むジュロン・イーストに決まったことも発表しました。

高速鉄道の建設計画に関しては当初から遅れが予想されてはいましたが、マレーシアのイスカンダル計画に大きな影響があるプロジェクトだけに、次に設定される開業予定時期がいつになるのかが、注目されます。

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報