SHARE

ラオスでJCBが現地大手商業銀行とカード業務で提携

2015年5月25日、日本発唯一の国際ペイメントブランド運営主体である株式会社ジェーシービーの海外業務を行う子会社、「ジェーシービー・インターナショナル」は、ラオスの大手商業銀行である「BANQUE POUR LE COMMERCE EXTERIEUR LAO PUBLIC(BCEL)」とJCBカードの発行業務で提携することを発表致しました。
発表当日からJCBクレジットカードの発行が開始されます。

BCELは1975年に設立された大手商業銀行であり、ラオス国内に19の支店と65の営業所を展開し、カード事業においてラオス国内最大規模を誇ります。
JCBとBCELは加盟店業務で2013年から提携しておりました。

このたび発行となる「BCEL−JCBカード」は、スタンダードとゴールドの2種類を用意されており、両社の提携は、アジアにおける JCB カードの会員基盤を拡大したいJCB と、JCB との提携により顧客に対し新たなサービスを拡充したい BCEL との狙いが合致し実現しました。

JCBはラオスにおいて、2014年にクレジットカードを発行しており、今回のBCELとの発行によりラオスでJCBカードを発行する金融機関は2行となります。

参考:株式会社ジェーシービー プレスリリース(2015年5月25日)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000011361.html

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報