SHARE

カンボジアに日本人学校設立

カンボジアの首都プノンペンに同国初の日本人学校が設立され、5月31日に開校式が開かれました。

文部科学省によると、日本人学校としては全世界で89校目となります。

プノンペン日本人学校は、小学部と中学部で構成され、児童・生徒は21人、教職員は14人です。

カンボジアでは急速な経済成長や安価な労働力などを背景に、日本企業の進出が相次いでいます。

在カンボジア日本大使館によると、在留邦人は2300人を超え、5年前に比べ倍増しているそうです。家族を同伴して赴任する人も増えており、日本人学校設立を求める声が強くなっていました。

そこで、2013年にカンボジア日本人商工会などが、日本人学校の設立準備委員会を設置。2014年に文科省の設置認可を受け、2015年4月から授業を開始しています。

日本人学校の設立は、日本人駐在員の家族同伴での赴任を後押しすることになり、現状はまだあまり供給されていない日本人ファミリー向けの賃貸住宅へのニーズを高める可能性があります。

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報