SHARE

2015年第1四半期 カンボジア来訪航空旅客数、前年比11.7%増

カンボジア空港会社にによると、2015年1-3月期(第1四半期)のカンボジアへの空路による訪問旅客数は、前年同期の82万3260人から11.7%増加し、91万9550人に達しました。
プノンペン空港は38万969人で前年同期比15.2%増となり、シェムリアップ空港は53万8581人で同9.3%増でした。

訪問旅客数増加の要因は、観光の魅力に加え、ビジネスでもカンボジアが魅力的になっているためと分析されています。また、引き続き、観光の多様化が必要であると指摘されています。プノンペン、シェムリアップともに空港の拡張工事中であり、完成後はより多くの訪問客に対応できるものと期待されます。

参考:モーニングスター 新興国ニュース(2015年6月1日)
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news;jsessionid=334EF4A2E4C3B7DDF7E4912D9BAB7CEE?rncNo=1579102&newsType=emerging

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報