SHARE

東京都江東区の人口が50万人を突破

不動産サイト健美家によれば、東京都江東区の人口が、2015年6月12日には50万人を突破したとのことです。

江東区は1947年に旧深川区、旧城東区が合併して誕生して発足した東京東部の区。

戦前は合わせて40万人を超す人口だったが、東京大空襲で大きな被害を受け、1945年の11月には2万5000人余まで人口減少していました。合併時の人口も9万6000人余と現在の約5分の1程度でした。

1957年には30万人を超え、1960年代から70年代にかけては工場跡地へのマンション建設に伴い、35~37万人まで人口が増加。

1988年~97年のバブル期には地価高騰で再び減少したものの、1998年から再び増加を始め、2002年には40万人を突破。2008年に45万人を超え、2015年6月12日に50万33人になりました。

地区別にみると、マンション建設の多い南部地域の人口増が著しいそうで、特に豊洲地区ではここ10年で4万8000人弱の増加。増加率は75.7%に達しています。

23区で人口が多いのは世田谷区、練馬区、大田区、足立区、江戸川区、杉並区、板橋区といった順番になっており(2015年4月1日現在)となっており、江東区は現状第8位ですが、将来板橋区を抜く可能性も出てきました。

参考:健美家(2015年6月22日)
https://www.kenbiya.com/news/555/

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報