SHARE

オアフ島のコンドミニアム販売件数、2007年6月以来の高水準

ホノルル不動産協会が発表した不動産市場レポートによると、オアフ島における2015年6月のコンドミニアムの販売件数は前年同月比21.7%増の500戸となり、単月の販売件数としては2007年6月以来の高水準となりました。
一方、販売価格の中央値は同6%低下し、33万8500万ドルでした。

同レポートによると、「販売価格の中央値の低下については、2015年6月に販売されたコンドミニアムの多くが低価格帯であったことが原因。ホノルルの不動産市場の健全性を保つには、あらゆる価格帯の住宅が必要という信念と一致している。」とし、「今後の不動産市場の見通しについて確かなことは、今後も需要が供給を追い越す状況が継続する。」と報告しています。

なお、戸建住宅に関しては、販売件数は前年同月比6.9%増の324件、販売価格の中央値は同横ばいの70万ドルでした。

1922年に成立されたホノルル不動産協会は、5500人以上の会員が登録するオアフ島で最大の業界団体の1つです。

参考:ホノルル不動産協会 マーケットプレスリリース(2015年7月)
http://www.hicentral.com/pdf/market-press-releases/2015/MPR-June2015.pdf

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報