SHARE

セブンイレブン 2017年にベトナム初出店

セブン&アイ・ホールディングスは、米子会社7-Eleven,Inc.と、ベトナムの運営会社「セブン・システム・ベトナム」が締結したマスターフランチャイズ契約により、ベトナム国内でコンビニエンスストア「セブン-イレブン」の店舗展開を開始することを発表致しました。
出店時期は、2017年度内の予定となっており、3年後に100店舗、10年後に1000店舗の展開を目指しています。

2015年7月6日に設立された「セブン・システム・ベトナム」は、セブン-イレブン・ジャパン、並びに7-Elevenと連携し、ベトナム国内でセブン-イレブン事業を展開していくとのことです。

セブン-イレブン・ジャパンは、世界のマスターフランチャイザーである7-Elevenと共に、エリア・ライセンシーへの支援を実施しており、ベトナムでも、セブン-イレブン・ジャパンが独自に培ったノウハウを活かし、1号店の開店準備を含めてセブン・システム・ベトナムを支援します。

なお、セブン-イレブンのベトナム出店については、タイ国内でセブン-イレブンを運営するCPオール社の関係筋の情報として2013年にも報じられましたが、その後立ち消えとなっていました。

ベトナムには、ファミリーマートとミニストップが既に出店しています。

参考:セブン&アイ・ホールディングス ニュースリリース(2015年7月30日)
http://www.sej.co.jp/dbps_data/_material_/localhost/pdf/2011/VietNam.pdf

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報