SHARE

2015年第3四半期 ホーチミン市のオフィス稼働率94%と高水準

総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナム(Savills Vietnam)が四半期毎に発表している調査で、2015年第3四半期のホーチミン市のオフィス供給面積が150万m2(225件)、前期比4%増、 前年同期比5%増となりました。
稼働率は94%となり、前期比1%増、前年同期比で3%上昇し、直近6年で最も高水準となっています。
ちなみに稼働率が最も高いのはAクラスで96%、Bクラスは94%、Cクラスは92%でした。

平均賃貸料は、1平米当たり月額56万3000VND(約3110円)と、前期比と前年同期比共に3%上昇しました。

第3四半期中に新たに賃貸契約がされたオフィス面積は6万2000平米余りで、前期比2.43倍となっています。

2018年までにホーチミン市で新たに供給されるオフィス件数は19件で、その面積は34万2000平米が増加すると予測されています。

参考:「Savills World Research 3Q2015」(2015年10月7日)
(Briefing Office sector Ho Chi Minh City)
http://pdf.savills.asia/asia-pacific-research/vietnam-research/hanoi/hanoi-office-briefing-q3-2015-en.pdf

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報

あなたにお読み頂きたい記事

メルマガ登録

このような情報を無料で配信いたします。

・国内外での現地視察で得たリアルな投資情報

・不動産を活用した資産構築、防衛法の具体事例

・海外不動産、現代アート投資、アンティークコインなど新しい投資情報

・お得なイベント情報